木製オセロを自作する

 今から30年以上前、仕事も遊びも半端なく忙しかった頃。何かに追われるように日々を過ごし、自分のための自分だけの時間というものに飢えていた。そんなとき没頭したのが「大人のオモチャづくり」。深夜、帰宅してから黙々と木を削り研磨する。それだけで心落ち着く自分だけの時間を過ごし、結果として「コリントゲーム」「対戦型テトリス」「バックギャモン」が出来上がった。次の作品は「オセロ」と決めていたが当時、無敵だった私が小学生の三男にどうしても勝つことができずいつもボロ負け。あまりの悔しさに「オセロ」製作には至らなかった。

 ボードゲームには、まったく運に作用されず実力のみで戦うものと、ある程度の運が勝ち負けに影響するものがある。それまで作ってきたものは、サイコロの出目やルーレットの示す結果に左右されるものばかり。ツキが勝利の女神を連れてくるスタイルなので、スリリングで面白く興奮のルツボにハマる可能性も大なのである。ところが、オセロに関してはツキに左右されない。将棋や囲碁など実力を伴う勝負を好まない私は、どうも運のみで生きてきたようだと最近気がついた。

 5歳の孫とオセロで遊ぶようになった。3歳の孫も参戦するが、途中で盤面がグチャグチャ。案の定、駒を紛失。終盤が戦えない状態なので、丸く切り抜いた紙を黒く塗り代用している。マグネットの駒だけを探したが、バラ売りはないようなので一念発起。30年前を想い出し木工でオセロを製作することにした。丸棒を鋸で輪切りにしサンドペーパーで磨く。駒ができたら盤の製作。穴を開けたベニヤを同じサイズのベニヤに重ね貼り合わせ、細い角棒で縁取り。手作り感満載だが、ニスで塗装するとソレなりに格好よく見える。もし駒を失っても丸棒さえあれば、いつでも補給できる。

 まだ5歳なので教えながらワザと負けたりしているが、いつか敵わなくなる日がくるに違いない。その時、このオセロを作ったことを後悔するのだろうか。負けず嫌いのジイジ。

木製オセロ・木製リバーシ

木製オセロ・木製リバーシ

関連:他の木工作品

Planar T* 50mm F1.4

 30年前に購入したオールドレンズ「カール・ツァイス Planar T* 50mm F1.4」を使うため手に入れたレンズ交換式デジタルカメラ。できるだけ小さなボディを選んだが、レンズをつけるとそれなりに大きく、持ち慣れているSONY TX10のようにポケットには入らない。カメラバッグを持ち歩くのは大げさなので、通勤カバンの片隅に押し込んでいる。

 いつ何処でシャッターチャンスに巡り会うかわからないとはいえ、マニュアルなので準備に時間がかかり突発的なチャンスには対応できない。心惹かれるモノや染みる景色に出逢うと、構図を決め感度と露出とピントを合わせシャッターを切る。モノや景色のメモではなく、漂う空気感まで写し取りたいと思うのだが。

 Planar T* 50mm F1.4 + OLYMPUS E-PL3

(※クリックで現れる画像を再度クリックすると、等倍のオリジナル画像を表示します)
P9260605.JPG P9160459.JPG

自己満足の世界

CONTAX 139Q 初めて自分で買ったカメラが「コンタックス139クォーツ」。仕事で使うことを理由に「リングストロボ付のマクロレンズ」まで用意した。当時、周囲の同業者では「メディカル・ニッコール」が主流。ボディもニコンというパターンが多かったが、私の場合、仕事用というのは口実で本音は「カール・ツァイス Planar T* 50mm F1.4」というレンズが欲しかっただけのこと。このためにコンタックスのボディは必需品。50mmは標準レンズ。当然、広角や望遠も欲しくなるのは人情だが、仕事ではマクロと標準以外必要としないため、高価なレンズを買うのも気が引け結局、標準以外は「カール・ツァイス」でなく「ヤシカ」で揃えた。カメラバッグを持ち歩き、子供たちを撮るのに充分活躍していたが、コンパクトなキャノンIXYのAPS機をポケットに入れて歩くようになってから、しばらくバッグの中に眠っていた。

CONTAX 139Q Planar T* 50mm F1.4

 小振りでシンプルな形の「コンタックス139」は、数ある一眼レフの中でも一番スタイルがイイと思う。欠点は純正の張り皮が脆く、手汗の湿り気程度でもボロボロに剥がれてくること。最近、カメラに詳しい友人がライカのような皮に張り替えてくれたおかげで、まるで新品のように蘇り今は触っているだけで楽しい時間が過ぎてゆく。もう一度フィルムで撮影してみようかなとも思うが、フィルム代・現像代、加えて出来上がるまでの時間などを考えるとデジタルの方が断然便利。人間、楽を覚えると不便な時代に戻りたくないのは性(サガ)。PL3+50mm F1.4というわけで、両方のイイとこ取りを模索。なんとか、銘玉 Planar T* 50mm F1.4をデジカメに利用できないだろうかと思っていたところ、なんと、オールドレンズをデジカメで使うためのマウントアダプターという便利なものがあるではないか。早速手に入れようと思ったが、肝心のレンズ交換式デジカメがない。カメラの重要な要素として写りもさることながら軽快さにも重きを置く私としては、より小さなモノがイイのだが、昔のレンズとの相性もわからず買って後悔もしたくない。ということで、とりあえず捨てても惜しくない程度の中古品を手に入れた。オリンパスPEN Lite E-PL3は、フィルムの役割を担う撮像センサーの大きさが35mmフィルムの半分。ちょうど昔のオリンパスペンがハーフサイズだったのと同じ感覚なので、焦点距離50mmのレンズは、35mm版に換算すると2倍の100mmになる。これは、写る範囲が狭くなり対象物がより大きく写るということ。同様に広角24mmのレンズは標準48mmになり、望遠70mm-210mmのズームレンズは140mm-420mmの超望遠になる。ここまで超望遠になると、いくらカメラに手ぶれ補正が付いているとしても三脚なしでの撮影は無理。もちろん、オールドレンズはオートフォーカスに対応している訳もなく、ピント合わせはマニュアル。露出も自動でなく結果的に、不便で操作性の悪い状況に自分を追い込んでいることになる。結局は自己満足の世界なのだが、カメラまかせのオート撮影では得られないナニかという幻を求めて、自由な心の中で遊んでいるだけなのかも。

PL3+24mm F2.8 PL3+70mm-210mm F4.5-22

想い出のカメラ

フジペット 私のファーストカメラ、今はもう手元にないが子供の頃に買って貰った「フジペット」。子供向け入門カメラ。露出は天気マークで合わせ、シャッタースピードは1/50秒とバルブの2つだけ。レンズ左横の①というボタンを押してシャッターをチャージ、右横の②というボタンでシャッターを開放する。もちろんフィルムは手動で巻き上げ、ボディ背面の赤窓でフイルム番号を合わせる。ピントはパンフォーカスだが、絞りを間違えると距離によってはボケる。ブローニー判白黒フィルムは子供が小遣いで買うには高すぎて、親戚が集まったり墓参りに出掛けるなど特別なときにだけ買って貰えた。だから普段はフィルムを入れずに持ち歩き、ファインダーを覗き①→②とボタンを押しシャッターを切り仮想の写真を撮っていた。それでも嬉しかったなあ。今、ネットで検索するとボディは5色あったらしいが、私のは青色だった。当時の値段で1,950円というから昭和30年代のこと、子供のオモチャにしては結構高い物だったに違いない。

オリンパスペンEE 30代半ばを過ぎて初めて自分でカメラを買うまで、家にあるカメラで間に合っていた。一番記憶に残るのは「オリンパスペンEE」。ハーフサイズなので36枚撮りフィルムで72枚も撮れてしまう。縦横逆になるが「固定焦点」「シャッタースピード1/60秒」「自動露出」で何も考えずボタンを押すだけ。暗いとファインダーに赤マークが現れ、シャッターが落ちない。つまり、すべてカメラまかせ。使いやすいカメラだった。

 長男が生まれて、よく使ったのが「マミヤフレックス2」という二眼レフ。完全マニュアルだが、絞りとシャッタースピードを合わせるのは「フジペット」で慣れているので、お手の物。大きな磨りガラスのファインダーには見やすいピントルーペが付いていて焦点も合わせやすい。操作は簡単で写りも良い。ブローニー6×6版なので正方形のプリント。1950年代製のカメラなので60年は経過しているが、今でも現役。下のバラの写真は、このカメラで撮ったもの。(※クリックすると拡大表示されます)

マミヤフレックス2 マミヤフレックス2

マミヤフレックス2 マミヤフレックス2

 もう一つ古くから家にある「ウェスター・クローム6」。西田光学の6×6判蛇腹カメラ。通称「三角お屋根」と呼ばれる1951年製初代ウエスタークロームのようである。ファインダーはあるがピントに連動していない。距離がフィート表示であり、ピントは目測で合わせるタイプなので難しく使ったことはない。

ウェスター・クローム6 ウェスター・クローム6

ウェスター・クローム6 ウェスター・クローム6

ピッカリコニカ 亡くなった父の晩年のメイン機「ピッカリコニカ」。1968年発売のコニカC35は「ジャーニーコニカ」。1975年発売のコニカC35EFは、世界初のストロボ内蔵コンパクトカメラ「ピッカリコニカ」。1977年発売のコニカC35AFは、世界初のオートフォーカスカメラ「ジャスピンコニカ」。

 世界に誇る高い技術を持つ小西六写真工業は、1987年コニカ株式会社と改め、2003年ミノルタと合併しコニカミノルタとなった。2006年にはカメラ部門をソニーに譲渡しコニカの名前は消えたが、私が今一番憧れている35mmフルサイズセンサー、ローパスフィルターレス仕様「DSC-RX1R」の技術の礎になっている。

JETSTREAM

jetstream 仕事上、パソコンでの入力が増えたが、未だに手書きすることも多く「三菱のジェットストリーム」を愛用している。「クセになる、なめらかな書き味」というキャッチフレーズの油性ボールペン、一度経験すると手放せなくなる。ボールの径は3種類だが、0.7mm の黒がマイ・フェバリット。人生60年も経験していると、様々な筆記用具に出逢ってきたが、これ程なめらかな書き味は他で味わったことがない。使い始めて5~6年になるが、胸ポケットやカバンの中、机の上と手の届く至るところに置いてある。現在、職場や自宅にあるもの全部合わせると20本にはなるかもしれない。私にとって、ボールペンは「もう、これでなきゃダメ!」という存在。

 ボールペン自体、量販店で1本百数十円なので使い捨てても惜しくないが、「1本百円の替え芯」を常備している。「修理するなら、新しいのを買った方がマシ」というレベルの割高な替え芯だが、インクを最後まで使い切ったときに感じる達成感は何物にも代え難い。最後の最後にカスレながらインクの寿命が尽きると、おもわず「ヤッタぁー!」と声が出る。ただの便利な道具であって特別に愛着を持って使っていたわけではないのに、長い時間をかけて、私の手によってボールペンとしての使命が全うされたんだと思うと愛おしくなる。

コーヒーバネット

 「違いがワカル男」風にコジャレタ言い方で、「風に漂う羽毛のように軽やかな酸味が特徴的。サッパリしてるが、どこか懐かしい都会の風景のよう」と、意味不明な表現でコーヒーを嗜む私。仕事の合間に1杯、自宅で1杯「I drink two cups of coffee almost every day.」を楽しんでいるが、この2杯の味が全くの別物。職場で飲むコーヒーは「雑味がなくスッキリした味」で、まさに私好み。自宅でも同じ豆を頂いてるが「濃いめで複雑なアロマ」を感じる。どちらもペーパードリップで落としているが、違いがあるとすれば水?自宅では浄水器を通したアルカリイオン水、職場では水道水。浄水器を通すと水のクラスター値が低くなり(分子が細かい)、より濃く抽出するせいだと思っていた。

 日常の何気ない行為も、別の視点から本質が見えてくることもある。自宅では、カリタの陶器ドリッパーに台形の紙フィルター。職場では、簡便に扱えるということでユニフレームのコーヒーバネットに円錐形の紙フィルター。ここに大きな原因があることに気づいた。アウトドア派でなければ、コーヒーバネットに縁がないかもしれないが、いわゆるキャンプ用のドリッパー。針金をグルグル巻きにしてあり、折りたたむと持ち運びに便利というモノ。こんなみすぼらしい姿のドリッパーだが、何故かスッキリ味のコーヒーを落としてくれる。

コーヒーバネット コーヒーバネット

コーヒーバネット インターネットで調べると、私と同じように感じる人は多いらしい。もっともらしい理由も書いてある。「蒸れない」とか「落ちるスピードが速い」とか etc. 科学的に解き明かすと答えは出るのだろうが「エンジンの構造を知らずとも、クルマは走る」と同じ理屈で私には「そんなの関係ねぇ」。旨ければ、それだけでイイ。

 もともと砂糖やミルクを使う人には、無意味かもしれないが、ブラックで飲むと「穴が3つのカリタ君」や「穴が1つのメリタさん」で淹れたモノと違うことがハッキリ認識できる。「コーノ君」とは円錐フィルターという共通点はあるが、やはり似て非なる味わい。いずれにしても嗜好品なので、個人の好みが分かれるところ。人によっては「薄い」と表現するかもしれないが、スタバや宮越屋のコーヒーを濃すぎると感じる人にはベストマッチかも。

 ちなみに写真のバネットは、昔に買った二脚式。今では、ヴィンテージ物となってしまった。現在は、三脚式になり安定感が増したが針金がやや細めになっている。円錐式フィルターの純正品は高いので「ハリオ」を使用している。紙フィルターで淹れると「紙くさい味がする」と感じる人もいるらしいが、私はフィルターにタップリのお湯を注いで充分に湿らせてから挽いた豆を入れる習慣があるので気になったことがない。機会があれば、バネットのミラクルな味を試してほしいものです。

不注意の代償

 先々週頂いた美味なる野花南産ポルチーニ、食後5時間経っても体調に変化なく、もしやと危ぶんでいたドクヤマドリではなかったらしい。美味しいものを頂いて幸せな気分でベッドに入ったのだが、朝の4時頃、お腹が痛くて目が覚めた。トイレに行くとクダっていたが、用を済ますとスッキリと治まった。キノコの毒のせいかしら?と思ったが、どうも症状が違うようで、ただの食べ過ぎだということに思い当たった。というのも、レシピ通りに作ったクリームペンネは2人前。私を信用してない家内は全く口にしないので、一人で2人前を平らげてしまったのがマズかった。もともと硬めに茹でたペンネを、旨い旨いとあまり噛まずに呑み込んでしまったことに原因があるようだ。結局、毒がなくても食べ過ぎは身体に毒ということ。

sony DSC-TX10 翌々日、暑い日差しの中で山荘の草刈り。あまりの暑さに耐えきれず作業を中止して帰ってきた。作業用のツナギは汗でビッショリ。即、洗濯機に放り込まれた。その夜、カメラを探したが見つからず。ひょっとしてツナギのポケット?と家内に聞いてみると「そういえば、洗濯機でゴトゴト音がしてた」と云う。確かめてみると、1時間近く全自動洗濯機で洗われ脱水されたデジカメが出てきた。幸いに私のデジカメは完全防水。水深5メートルの水中撮影もOKというスグレモノ。耐衝撃性も1.5メートルの高さから落としても大丈夫という「イナバの物置」みたいに頑丈なヤツ。とはいえ、洗濯機の中でガツンガツンとアチコチにぶつかっていたようでレンズカバーがめくれてグンニャリひん曲がっている。しかし、機能的には全く問題なく、撮るのも観るのもOK。さすが、サイバーショットTX10。ただ、レンズカバーを取り替えなければ、レンズはカバーされないわけで、やむなく修理に出した。買って1年にも満たないが、原因が原因なだけに保証の対象外。修理代11,760円、実にもったいない。これだけあれば、何回うな重が食べられたことか。誠に悔しい限りだが、不注意の代償にしては高過ぎね?写真は交換済みレンズカバーの部品。

 1週間が過ぎ、暑い日差しもかげり週末にかけて久々の雨に恵まれた。この季節、雨が降るとキノコが顔を出すんじゃないかと心ここにあらずの心境になってしまう。今日も夕方、山荘へ出かけた。秋の夕暮れは早くあたりはすでに薄暗いせいで、なかなかキノコは見つけにくい。特に、ラクヨウを探しに行ったのだが、まだ時期的に早いようだ。そんな中で本日一番の収穫、ハナビラタケ。「幻のキノコ」「免疫キノコの王者」。ヨーロッパでは「カリフラワーマッシュルーム」、特にフランスでは「モリーユ・デ・パン」と呼ばれる。アガリスク以上に癌に効くというキノコ。最近、栽培可能になったそうだが、やはり天然物の価値は高い。いつもは、バターで炒めたり乾燥してから炊き込みご飯にするのだが、今年は冷凍してみた。なんたって、スゴク身体にイイと云うことなので「ファイト・イッパーツ!」というときに喰ってやる。

ハナビラタケ ハナビラタケ

午後の暇つぶし

 仕事のメインは息子なので、オマケの私は暇してる。それでも午前中は「私でなければ」というリクエストに応えて結構忙しい。人間、必要とされるうちが華。アリガタイことです。いつまでアテにされるかわからないが、あくせくしないで働けるのは幸せなこと。

知恵の輪 仕事中の余暇?は、もっぱら読書。ほとんどが推理小説。最近特に小難しい内容の本は読めなくなってしまった。興味のあることしか頭に入らないのは、歳のせいかも。あとはブログの更新やネットサーフィンで時間をつぶしている。いや、つぶすという言い方は良くない。時間を有効に活用している。

 そんな暇な午後の私にとって、新たな楽しみ。待合室にある「知恵の輪」。息子が解き終えたものを患者さん用に置いてあるのだが、これがなかなかの難物。レベル1からレベル6まであって難易度が低いのは、なんとか解けるが、さすがにレベル6は難しい。指が金属臭くなるまで格闘している。

 最近やっと、レベル6の一つが解けた。こういうのは解けた瞬間の喜びは大きいが、解き方を覚えてしまうと、急に興味を失ってしまう。まるで「オンナをものにするのと同じ」と言ったら怒られそう...

知恵の輪 知恵の輪

カメラ型電動・・

 カメラの調子が悪い。レンズカバーをスライドすると、電源"on"でカメラ本体がブルブル震え出す。それも生半可な振動じゃなく、かなり強力。まるでバイブレーター。言い換えると、カメラ型電動コケシに生まれ変わってしまった。

 内蔵のモーターが原因らしく、接触が悪いと暴れ出す。その頻度が高くなり、今では10回のうち9回はカメラとしての用を為さない。振動する以外は、液晶パネルも生きているのでモニターできるが画像が揺れてナニがナンだかワカラナイ。とりあえず写してみると・・・

 これじゃあカメラとして役に立たず、あとはマッサージ器として生きてゆくしかないようだ。もともと息子のお古を譲り受け、塗装が剥げるほどタフな使い方をしてきたのだからショウガナイ。おシャカになったサイバーショットT9の遺影を携帯のカメラで撮ってみた。

 

 だからといって、携帯電話をカメラ代わりにしようとは思わない。やはり、カメラはカメラ。単なる道具だが、それだけではないコダワリがあってもイイ。長年、連れ添ってきたT9だけに愛着はあるが、ここが替え時。次は、ナニにしようかなあと考えるだけで楽しくなる。

携帯灰皿

 河島英五の「時代おくれ」が、カラオケの十八番。あんなオトコのように生きてみたいと思うが、なかなか難しい。そんな私にも「時代おくれ?」な部分があり、この禁煙社会にあっても今だにタバコを吸っている。

 一応はマナーを守ろうと、携帯灰皿を持って出掛けるのだが薄くてかさばらず、その上容量の大きいモノが理想。そんな中でも「携帯用酒精綿入れ」が使いやすい。往診に来たお医者さんが注射をする前に、肌を拭くときに使うアルコール綿が入ってるヤツ。今こんなモノが使われているかどうかわからないが、昔から我が家にあった錆びて汚れていたのを磨いてキレイにした。なかなか使い勝手がイイ。

 


 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja