2度目の木製オセロに挑戦

 まるばつゲームに続き、リバーシ製作。2年半前にも木製オセロを自作しているが、2度目なので色違いに木を染め張り合わせて石を作ることに。直径30㎜の丸棒を均等な厚さにスライスするのだが、押し出した分の厚さだけ丸ノコで切断できる治具を作った。ひたすら切り続けサンドペーパーで磨き、黒石をブライワックス(ジャコビアン)で染める。白石は染めずに両方を張り合わせ石が完成。

木製オセロ・リバーシ自作 木製オセロ・リバーシ自作

木製オセロ・リバーシ自作

 盤は前回同様、ベニヤに32mmの穴をあけ下地のベニヤに張り合わせ縁取りをして完成。

木製オセロ・リバーシ自作

 素麺の箱をばらし均等な幅にカットして組み合わせ石のケースにしたが、設計ミスで高さが足りず石を入れると蓋ができない。やむなく蓋を開放型にして何とか治まるように。

木製オセロ・リバーシ自作 木製オセロ・リバーシ自作

木製オセロ・リバーシ自作

 2度目ともなればコツがつかめてくるが、まだまだ改善すべき点が多い。次に作るときは、もっといいものができそうな気がするが、今度は誰のために作ろうか。

 下の写真は、前回の第1作目。石には、片面に黒いシールを張っている。

木製オセロ・木製リバーシ

投稿の新しい順

  • 孫の自由な発想に脱帽

     ベニヤをカットすると、当然のことだが切れ端が出る。小さくても形あるものは、いつか何かの役に立つだろうと思い捨てずに保存してある。四角や三角、大きいモノや小さいモノ。  孫を子守で預かった日、干支を作...

  • ベニヤ・クラフト

     きっかけは、「ゴム鉄砲の的(マト)ゾンビ」から始まったベニヤクラフト。今では的としての機能は二の次で、いかにベニヤの断面模様を作品に生かせるかが課題になっている。アイディアを練りデッサンしてベニヤを...

  • ゴム銃の的・ゾンビ型

     相変わらず作業場にこもって木工に勤しんでいる。最近は、孫のオモチャの延長で「ゴム銃の的」作りにはまっている。輪ゴムを飛ばすゴム鉄砲の的である。イメージはテレビゲーム「The Crossing Dea...

  • iPone6をiPodにして使う

     iPhoneSE(第2世代)はLightningケーブルのみでイヤフォンジャックがなくアンプにつなぐにも変換ケーブルが必要。ということで、以前使っていた[iPhone6]を[iPod化]して使うことにした。なんたって、iPhone6にはイヤフォンジャックがありアンプに直接...

  • 宇宙のパンの賞味期限

     2009年にはスペースシャトル「ディスカバリー号」に積まれて宇宙食として活躍したとある。ということは、この賞味期限[2012.05]と記載の商品は、その3年前に製造されたものとして12年前に焼かれたパン。さすがに食べるのはためらわれるが...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤

Powered by Movable Type 5.14-ja