JETSTREAM

jetstream 仕事上、パソコンでの入力が増えたが、未だに手書きすることも多く「三菱のジェットストリーム」を愛用している。「クセになる、なめらかな書き味」というキャッチフレーズの油性ボールペン、一度経験すると手放せなくなる。ボールの径は3種類だが、0.7mm の黒がマイ・フェバリット。人生60年も経験していると、様々な筆記用具に出逢ってきたが、これ程なめらかな書き味は他で味わったことがない。使い始めて5~6年になるが、胸ポケットやカバンの中、机の上と手の届く至るところに置いてある。現在、職場や自宅にあるもの全部合わせると20本にはなるかもしれない。私にとって、ボールペンは「もう、これでなきゃダメ!」という存在。

 ボールペン自体、量販店で1本百数十円なので使い捨てても惜しくないが、「1本百円の替え芯」を常備している。「修理するなら、新しいのを買った方がマシ」というレベルの割高な替え芯だが、インクを最後まで使い切ったときに感じる達成感は何物にも代え難い。最後の最後にカスレながらインクの寿命が尽きると、おもわず「ヤッタぁー!」と声が出る。ただの便利な道具であって特別に愛着を持って使っていたわけではないのに、長い時間をかけて、私の手によってボールペンとしての使命が全うされたんだと思うと愛おしくなる。

投稿の新しい順

  • 平面バッフルの紆余曲折

     松下製16cmフルレンジ用に製作した平面バッフルだが、コーラル8A-70のグラマラスなマグネットに魅了され、「よっぽどイイ音で鳴るんだべなあ」と、バッフルの穴径を20cm用に拡げて取り付けた。ところ...

  • 木製オセロを自作する

     今から30年以上前、仕事も遊びも半端なく忙しかった頃。何かに追われるように日々を過ごし、自分のための自分だけの時間というものに飢えていた。そんなとき没頭したのが「大人のオモチャづくり」。深夜、帰宅し...

  • 山荘に響く鹿撃つ銃声

     例年になく遅い積雪だが、山荘も本格的な冬景色。そろそろ軽トラでの乗り入れができなくなる。大喜びのララは駆け回っているが、ときどき耳をツンザクような銃声にビックリ。山荘裏の国有林で猟友会が鹿を撃って...

  • Imad Fares - Pharaon

     盗賊たちに「鬼の平蔵」と恐れられていた江戸幕府の火付盗賊改方長官長谷川平蔵。中村吉右衛門が主演の「鬼平犯科帳」のエンディングでは毎回、江戸の季節を背景にジプシー・キングスの「インスピレイション」と...

  • 大根干し便利技ゴムホース

     いつもなら2週間ほどで干し上がる大根だが、今年は長引いている。8割ほどはOKだが、硬くて曲がらないのもある。大根の質かもしれないが、このままでは漬けるには早すぎるので、とりあえず干し方を変えて様子...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja