想い出のカメラ

フジペット 私のファーストカメラ、今はもう手元にないが子供の頃に買って貰った「フジペット」。子供向け入門カメラ。露出は天気マークで合わせ、シャッタースピードは1/50秒とバルブの2つだけ。レンズ左横の①というボタンを押してシャッターをチャージ、右横の②というボタンでシャッターを開放する。もちろんフィルムは手動で巻き上げ、ボディ背面の赤窓でフイルム番号を合わせる。ピントはパンフォーカスだが、絞りを間違えると距離によってはボケる。ブローニー判白黒フィルムは子供が小遣いで買うには高すぎて、親戚が集まったり墓参りに出掛けるなど特別なときにだけ買って貰えた。だから普段はフィルムを入れずに持ち歩き、ファインダーを覗き①→②とボタンを押しシャッターを切り仮想の写真を撮っていた。それでも嬉しかったなあ。今、ネットで検索するとボディは5色あったらしいが、私のは青色だった。当時の値段で1,950円というから昭和30年代のこと、子供のオモチャにしては結構高い物だったに違いない。

オリンパスペンEE 30代半ばを過ぎて初めて自分でカメラを買うまで、家にあるカメラで間に合っていた。一番記憶に残るのは「オリンパスペンEE」。ハーフサイズなので36枚撮りフィルムで72枚も撮れてしまう。縦横逆になるが「固定焦点」「シャッタースピード1/60秒」「自動露出」で何も考えずボタンを押すだけ。暗いとファインダーに赤マークが現れ、シャッターが落ちない。つまり、すべてカメラまかせ。使いやすいカメラだった。

 長男が生まれて、よく使ったのが「マミヤフレックス2」という二眼レフ。完全マニュアルだが、絞りとシャッタースピードを合わせるのは「フジペット」で慣れているので、お手の物。大きな磨りガラスのファインダーには見やすいピントルーペが付いていて焦点も合わせやすい。操作は簡単で写りも良い。ブローニー6×6版なので正方形のプリント。1950年代製のカメラなので60年は経過しているが、今でも現役。下のバラの写真は、このカメラで撮ったもの。(※クリックすると拡大表示されます)

マミヤフレックス2 マミヤフレックス2

マミヤフレックス2 マミヤフレックス2

 もう一つ古くから家にある「ウェスター・クローム6」。西田光学の6×6判蛇腹カメラ。通称「三角お屋根」と呼ばれる1951年製初代ウエスタークロームのようである。ファインダーはあるがピントに連動していない。距離がフィート表示であり、ピントは目測で合わせるタイプなので難しく使ったことはない。

ウェスター・クローム6 ウェスター・クローム6

ウェスター・クローム6 ウェスター・クローム6

ピッカリコニカ 亡くなった父の晩年のメイン機「ピッカリコニカ」。1968年発売のコニカC35は「ジャーニーコニカ」。1975年発売のコニカC35EFは、世界初のストロボ内蔵コンパクトカメラ「ピッカリコニカ」。1977年発売のコニカC35AFは、世界初のオートフォーカスカメラ「ジャスピンコニカ」。

 世界に誇る高い技術を持つ小西六写真工業は、1987年コニカ株式会社と改め、2003年ミノルタと合併しコニカミノルタとなった。2006年にはカメラ部門をソニーに譲渡しコニカの名前は消えたが、私が今一番憧れている35mmフルサイズセンサー、ローパスフィルターレス仕様「DSC-RX1R」の技術の礎になっている。

投稿の新しい順

  • 幻の薄焼き玉子の春巻き

     あれは現実だったのか、幻だったのかと疑うほど遠い昔の想い出。50年以上も前の学生の頃。東京か名古屋か京都か場所は定かでないが、一人で入った街の小さな中華料理店。入り口を入ってすぐ左手の席。道路に面し...

  • お爺さんは山へ薪を拾いに

     間伐作業の切り落としを拾いに山に入った。ホンダの運搬車で山に分け入り切り落とし材を積んでは長い坂道を降りてくる。キャタピラーが付いてるとはいえ、ヌカるんだ凸凹道に車体が傾き倒れそうになる。何よりも間伐材の根元を切り落とした部分、太くて重い。運搬車や軽トラへの積み下ろしは重労働。重量挙げの選手になったみたい...

  • 林齢60年のカラマツ間伐

     林齢60年のカラマツを間伐。日曜のせいか作業している様子はなく、重機と切り出された間伐材が積んであるだけ。作業道に沿って登っていくと、長さを切りそろえるためにカットされたのか薪にちょうどいい長さの玉がたくさん転がっている...

  • 改めて食育の大切さを知る

     ご飯にナニかを乗せて食べるのが嫌い。ご飯とオカズは別々に食べたい。ご飯はご飯、オカズはオカズ。例えば納豆。納豆は好きだが、ご飯と納豆は別に盛って食べる。ちなみに好きな納豆の薬味は、オカカと刻みネギ。...

  • アスカソ・エスプレッソ

     酸味のあるコーヒーが苦手。のはずが最近、劇的に嗜好が変化してきた。コンビニのカフェラテに慣らされた味覚は、モカエキスプレス(直火式エスプレッソ)で濃く淹れたコーヒーにミルクと砂糖という甘苦い味に満足...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja