熊出没注意で足止め

 パッとしない連休の空模様。「どこかへ連れて行け」と、まとわりつく2匹の娘達。重い腰を上げ、晴れ間をぬって滝里ダム下流公園へ出掛けた。誰もいない広大な広場は、貸し切りドッグラン状態。どれだけ走り回っても怒られないので娘達の大好きな場所。

 のはずが、国道を逸れて入り口に差し掛かる手前で道路封鎖。「熊出没注意」の看板に足止めされ、やむなくダム上流のキャンプ場公園に目的地を変更。こちらはチラホラ人が居るため、ノーリードでは歩けない。結局、少しの散歩で戻ってきた。

 帰る途中、ヤマブドウを摘むため寄り道したが、ハシゴなしでは手が届かず出直すことに。

熊出没注意 ヤマブドウ

正体不明の謎の石像

 山荘に雪虫が飛びはじめた。「雪虫を見つけると1週間か10日で初雪が降る」と云われ、子供の頃はワクワクしながら初雪を待ったもの。株式会社ウェザーニューズの発表によると、道内では雪虫大量発生から初雪までの日数を過去5年間で平均すると22日、1週間か10日という俗説より倍以上も遅い傾向にあるらしい。温暖化の影響なのだろうか。いずれにしても今日から22日後というと、10月末か遅くとも11月初めには初雪が降る。

ニセアセタケ 昨日、テレビで「札幌の家族がキノコ中毒」というニュースを観た。自宅近くの林野でニセアセタケを採り、一家4人で朝食の味噌汁の具にして食べたところ、約2時間後、2人に発汗や手のしびれの症状が出たらしい。「種類はわからなかったが、食べられるキノコだと思った」と云うコメントがあったが、何のキノコかわからないのに食べられると判断した根拠が理解できない。私も似たようなもので、他人のことは云えないが少なくても種類を同定し大丈夫という結論が出なければ食べてはいけないのがキノコ採りの鉄則。写真は山荘で見つけたニセアセタケと思われるキノコ、そこら中に生えている。美味しそうに見えるが、見た目で判断してはいけない。「自分は大丈夫」と過信している私だが、ニュースに出るのは恥ずかしいので気をつけなくっちゃ。

 ラクヨウの季節もそろそろ終わる頃だが、名残を惜しむかのように顔を出す可憐な姿を見つけた。食べちゃいたいくらい可愛いので、別に採ったアミタケと一緒に味噌汁の具にすることに。

ラクヨウ

 天気の良い日は、キノコが見つからなくても、ただ森の中を歩くだけで楽しく気分がイイ。デイパックにキノコ図鑑と温かい番茶の魔法瓶を入れ、ポケットにカメラ、手にキノコカゴというスタイルでブラブラ歩く。林の中では開けたところを選んで進むが、ときには笹藪を掻き分けることもある。そんな時、偶然見つけたのが不思議な石碑?「抜歯塚」に並ぶ「鎮犬碑」のすぐ脇に立っていた。子供の頃から山荘に行ってるが「こんな所に、こんなものがあったなんて」まったく気づかなかった。

謎の石碑 謎の石碑

 早速、草刈り機で周囲の笹を刈る。露わになった姿を見ても、何なのかわからない。触ってみると完全に石、押しても引いてもまったく動かない。まるで地面から生えている様子から樹木の化石のようにも見えるが、どこか人工物の気配もする。だからといって仏像であるとかモニュメントであるとも思えない。いったい誰が何のためにここに置いたのか、まったくの謎。こんなミステリーに出逢えるのも森の散歩の楽しみの一つ。

謎の石碑 謎の石碑

姫りんごジャム

 山荘は秋のキノコのオンパレードだが、今日は不作の午後。食べられないか食べても不味いモノしか見当たらず。帰りがけに熟した姫りんごを摘んで噛んでみる。渋みが消え酸っぱさだけが口に残り、ジャムにするには今でしょ状態。売るほど作るわけじゃないので、脚立に登らず手の届く範囲のリンゴ狩り。

 家に帰り、水で洗ってアタマとお尻をカット。そのまま鍋に入れ水と砂糖を加え弱火で煮る。トロトロに溶けたら、ザルにあけ種を漉して再度煮詰める。かなり酸味が強いのでハチミツを足してみた。♪りんごとはちみつとろーりとけてる♪ヒデキ感激!みたいな感じの真っ赤な甘ーいジャムが完成。トーストにヨーグルトに最高の姫りんごジャム。ああ、また体重が増えてしまうぅ。

ヒメリンゴ 姫りんごジャム

人生最高のウェスト更新中

防風チノ  秋が深まり、最高気温が20度を下回ると肌寒くなる。ユニクロやドッカーズの綿パンを愛用してるが、冬物に衣替えしようと裏地が起毛の暖かい綿パンを出してみた。

 お腹がキツクて、まったく入らない。去年は余裕で履いてたウエスト85cmだが、キツクてチャックも上がらない。たしかに太ってきたなという自覚はあったが、まさかここまでヒドイとは。

 大きいサイズを仕入れるため、ユニクロへ出掛けた。「暖パン防風チノ」、風を通さない暖かいパンツ。裏地が分厚くいかにも暖かそう。サイズ88cmを持って試着室へ。

 うーん、なんとか履けるには履けるんだが、チョオーっとキツイかなあ。この上になるとウエスト91cm。余裕のユッタリサイズなのはわかっているが、自分的に許せないメタボの診断基準90cmオーバー。まあ、痩せればイイんだしと自分に言い聞かせ、88cmの色違い3本をお買い上げ。合わせて約1万2千円、履けなければタダの布ッ切れ。なんとか痩せなければと思いつつ体重計に乗ってみるが、もっか人生最高の体重を更新中。


 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja