幻の利久堂かりん糖

 旅の始まりは金曜の夜、千歳空港温泉でノンビリ。サウナやジャクージで汗を流し蕎麦屋で夕食。板わさで生のジョッキをグビグビ。イカめしで熱燗をチビチビ。仕上げにセイロ1枚頂いて、空港内のホテルでグッスリ。

 翌早朝、千歳発仙台経由山形へ。夏とは思えぬ涼しい気候に一安心。会議の前に蕎麦屋で昼食を済ませ、デパ地下を目指す。温泉で有名な上山市にある小さな和菓子屋さん「利久堂」のかりん糖をゲットするのが、今回の旅の目的の一つ。というか、それこそが目的と云ったら会議の主催者に申し訳ないが。

利久堂かりん糖 10年ほど前、知人からの頂き物で口にしたことがある。「かりんとうの概念」が変わった。「今まで食べていたモノは、いったい何だったんだろう」という驚きがあった。ぜひまた、いつか食べてみたいと思っていたが、今回がそのチャンス。出発前にどこで買えるのかネットで調べておいた。

 手作りのため数に限りがあり、ほとんど地元で消費されるとのこと。もちろんネットでの販売もない。上山市のお店に行くか山形市内では大沼デパートでしか手に入らないらしい。向かったデパ地下で、目を皿にして探したが見つからず、店員さんに尋ねると毎週土曜日の午後2時に品物が到着し、売り切れたらゴメンナサイなのだそうだ。ちょうどこの時、土曜日午後1時過ぎ。まだ商品は到着しておらず、会議は1時半からのため2時の販売開始には間に合わない。そこで、予約取り置きをお願いした。10袋というリクエストに「お一人様3袋までです」。

利久堂かりん糖 何はともあれ、山形市内では毎週土曜日午後2時限定発売。お一人様3個まで!という幻の?「利久堂のかりん糖」をゲットすることができた。

 1袋630円で15本入り。長さ10cmくらいで生地の中央に切れ目があり捩ってある。カリカリサクサクの食感で生地に風味があり、黒糖の深い甘さとコクが上品ぶらず駄菓子の懐かしさを感じさせる。なによりも表面の光沢感というか艶がイイ。久しぶりに頂いたが、やはり、味もカタチも他のかりんとうとは一線を画している。

 ちなみに同じ上山市にある「大國屋」さんというお店でも「かみのやまかりんとう」を作っていて、こちらはネット販売しているみたい。

白クマ塩ラーメン

旭山動物園限定・白クマ塩ラーメン どんな世界にも卓越した人間というのは居るらしい。「TVチャンピオン・第1回インスタント麺通選手権」の優勝者、大山即席斎という人物がインスタントラーメン界の神様だという。この人一押しの「旭山動物園限定・白クマ塩ラーメン」を食べてみた。たしかにインスタントの域は超えている。上品な味のスープ、シコシコでノドゴシの良い麺。お店で頂くラーメンと大差なく旨い。その上、スープ用にお湯を用意しなくても、茹でたお湯をそのまま使えるので手軽で面倒ない。ただし、私にはスープが濃いめなのでお湯を少し足して頂いた。

 子供の頃から、お世話になったインスタントラーメン。カップ麺は食べないが、袋入りで今でも好きなのは「出前一丁」。仕上げのゴマ油の香りがたまらない。最近、「マルちゃん正麺」が旨いというので試してみた。たしかに少し違うが、麺がすぐに伸びてしまう。しょせん、インスタント麺はインスタントであるが故の個性を追求すべきと思うが「白クマ塩ラーメン」は、如何に生ラーメンに近づけるかという道を選んだのだろう。

 たまたま、インターネットで見つけた「日本一旨いインスタントラーメン」という記事を読まなければ、決して手に取ることもないだろうデザインのパッケージ。一昔前の北海道土産店に並んでいた「トド肉の缶詰」や「アザラシの缶詰」「熊肉の缶詰」のように奇をてらったモノにしか見えないが、実際に食すると旨い。と云うことは、トドやアザラシも、ひょっとすると旨いのかしら。

通販サイト:旭山動物園限定・白クマ塩ラーメン

ポパイの腕

夏グミ グミが色づき始めた真夏日の日曜日、草刈りに出かけた。あまりの暑さに作業用オーバーオールの上半身を脱ぎ、腰の部分で袖を結び半袖Tシャツ姿。むき出しの腕に草払い機に跳ね飛ばされた土や草が絡みつく。汗をかきかき重労働。無心になって快調に草を刈っていると突然、左腕に針で刺されたような激痛が走った。

 「イッテェー!」

 5センチもあるアブ、手で払うと小さな刺し傷。「ヤバイ!腫れる」と草刈り中止で帰宅した。

 「キンカン塗って、また塗ってぇ♪ウワアォー、シミ、シミ、シィ・ミィ・ルゥー、ふぅーふぅー」

 絶叫の雄叫びをこらえきれないほどのシミル快感にのたうち回っていると、右肩にも刺され跡を発見。キンカン臭漂う虫さされパッチだらけの上半身。「半袖Tシャツでの草刈りは危険なのだ」と今更ながら、文字通り「身にシミテ」わかる学習能力のない私。日を追う毎にひどくなる腫れは、刺された右肩だけでなく上腕から肘の下へとどんどん広がってゆく。今や私の右腕は、かなり太くなりポパイの腕そのもの。左腕はアブだが、右肩を刺したのは誰なのかわからない。黒い大きな蜂も飛び回っていたからなあ。

 そんな太い腕をしたムキムキマッチョな私は、月曜火曜とアノくそ暑い東京へ出かけた。電車に乗ったり会議に出るときは、人目をはばかり腫れた腕を隠すためにジャケットを着る。ただでさえ暑いというのに汗ダラダラで、アセモのせいか刺されたところが余計痒くなる。ちなみに家を出た月曜午後の気温は20℃、帰宅した火曜夜は17℃という北海道とは別世界。よくもこんなところに人が住んでられるもんだと呆れて帰って来た。あれで節電のため冷房無しなんて云われたら生きていけそうにないわ。

 今日水曜日の腫れ具合。今なら誰にも腕相撲で負ける気がしない。

腫れた腕

待ちうたは色っぽく

 会議など人の集まる場所で、突然携帯電話の着信音が鳴り響き、一瞬、誰もが自分かしら?と訝ってしまう。まわりから迷惑そうな視線を浴び、気まずい思いをしながら着信音を消すという風景。普通に電子音であれば、それで済む話だが、たまに居るんだよな「ド演歌を着メロにしてる奴」。突然、大音量で三味線の音が鳴り渡り「何だ?何が始まったんだ?」と、驚くこともある。

 どんなジャンルの曲であれ、他人の趣味をとやかくいう気はないが、せめて自分に聞こえる程度の音量で充分。これ見よがしに人に聴かせようと音量レベルをMaxにするのは止めてほしいもの。という私自身もスマホに着メロを設定している。iphoneの場合、iTuneを使うと簡単に着メロを作ることができる。曲のどの部分でも40秒以内にカットすると着メロになる。

Wynton Kelly "Make the Man Love Me"

 ユッタリと美しいこの曲が、私の着メロ。流れるメロディの美しさに、おもわず聞き惚れてしまい電話に出たくなくなる。その上、音量を低く設定しているため、少しでも騒がしい環境では着信があったことすらわからない。何のための着メロ?と云われてもしょうがないが、結果的に電話に出ないで済むようになっている。そんな自分勝手な私だが、相手にも気持ちよくなってほしいと「待ちうた」を設定している。

 Beegie Adair の "Fly Me To The Moon" と"Sweet Memories"、Chris Botti の "First Noel" の3曲がランダムで呼び出し音になる。本当は、"I'm A Fool To Want You" か "When I Fall In Love" あたりを、ぜひ聴いてほしいのだが、残念ながら「待ちうた」は自分で作ることができない。

 以前の携帯では、Lee Morgan の "I Remember Clifford" が流れていた。電話をかけてきた人に「クラブに居るみたい」と云われたことがある。まさに夜の雰囲気を醸し出していたようだ。気持ちよくなりたい暇な人は、私の携帯にかけてみ...


 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja