ポパイの腕

夏グミ グミが色づき始めた真夏日の日曜日、草刈りに出かけた。あまりの暑さに作業用オーバーオールの上半身を脱ぎ、腰の部分で袖を結び半袖Tシャツ姿。むき出しの腕に草払い機に跳ね飛ばされた土や草が絡みつく。汗をかきかき重労働。無心になって快調に草を刈っていると突然、左腕に針で刺されたような激痛が走った。

 「イッテェー!」

 5センチもあるアブ、手で払うと小さな刺し傷。「ヤバイ!腫れる」と草刈り中止で帰宅した。

 「キンカン塗って、また塗ってぇ♪ウワアォー、シミ、シミ、シィ・ミィ・ルゥー、ふぅーふぅー」

 絶叫の雄叫びをこらえきれないほどのシミル快感にのたうち回っていると、右肩にも刺され跡を発見。キンカン臭漂う虫さされパッチだらけの上半身。「半袖Tシャツでの草刈りは危険なのだ」と今更ながら、文字通り「身にシミテ」わかる学習能力のない私。日を追う毎にひどくなる腫れは、刺された右肩だけでなく上腕から肘の下へとどんどん広がってゆく。今や私の右腕は、かなり太くなりポパイの腕そのもの。左腕はアブだが、右肩を刺したのは誰なのかわからない。黒い大きな蜂も飛び回っていたからなあ。

 そんな太い腕をしたムキムキマッチョな私は、月曜火曜とアノくそ暑い東京へ出かけた。電車に乗ったり会議に出るときは、人目をはばかり腫れた腕を隠すためにジャケットを着る。ただでさえ暑いというのに汗ダラダラで、アセモのせいか刺されたところが余計痒くなる。ちなみに家を出た月曜午後の気温は20℃、帰宅した火曜夜は17℃という北海道とは別世界。よくもこんなところに人が住んでられるもんだと呆れて帰って来た。あれで節電のため冷房無しなんて云われたら生きていけそうにないわ。

 今日水曜日の腫れ具合。今なら誰にも腕相撲で負ける気がしない。

腫れた腕

投稿の新しい順

  • 幻の薄焼き玉子の春巻き

     あれは現実だったのか、幻だったのかと疑うほど遠い昔の想い出。50年以上も前の学生の頃。東京か名古屋か京都か場所は定かでないが、一人で入った街の小さな中華料理店。入り口を入ってすぐ左手の席。道路に面し...

  • お爺さんは山へ薪を拾いに

     間伐作業の切り落としを拾いに山に入った。ホンダの運搬車で山に分け入り切り落とし材を積んでは長い坂道を降りてくる。キャタピラーが付いてるとはいえ、ヌカるんだ凸凹道に車体が傾き倒れそうになる。何よりも間伐材の根元を切り落とした部分、太くて重い。運搬車や軽トラへの積み下ろしは重労働。重量挙げの選手になったみたい...

  • 林齢60年のカラマツ間伐

     林齢60年のカラマツを間伐。日曜のせいか作業している様子はなく、重機と切り出された間伐材が積んであるだけ。作業道に沿って登っていくと、長さを切りそろえるためにカットされたのか薪にちょうどいい長さの玉がたくさん転がっている...

  • 改めて食育の大切さを知る

     ご飯にナニかを乗せて食べるのが嫌い。ご飯とオカズは別々に食べたい。ご飯はご飯、オカズはオカズ。例えば納豆。納豆は好きだが、ご飯と納豆は別に盛って食べる。ちなみに好きな納豆の薬味は、オカカと刻みネギ。...

  • アスカソ・エスプレッソ

     酸味のあるコーヒーが苦手。のはずが最近、劇的に嗜好が変化してきた。コンビニのカフェラテに慣らされた味覚は、モカエキスプレス(直火式エスプレッソ)で濃く淹れたコーヒーにミルクと砂糖という甘苦い味に満足...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja