失業率9%

 アメリカ人のトムは、現在失業中の身である。朝7時に時計(日本製)のアラームが鳴る。コーヒーメーカー(台湾製)がゴボゴボいっているあいだに、顔を洗いタオル(中国製)で拭く。電気カミソリ(香港製)できれいに髭も剃る。朝食をフライパン(中国製)で作ったあと、電卓(日本製)で今日はいくら使えるかを計算する。腕時計(台湾製)をラジオ(韓国製)の時報に合わせ、クルマ(ドイツ製)に乗り込み仕事を探しに行く。

 しかし、今日もいい仕事が見つからず、失意と共に帰宅する。彼はサンダル(ブラジル製)に履き替え、ワイン(フランス製)をグラスに注ぎ、豆料理(メキシコ製)をつまみながら、テレビ(インドネシア製)をつけて考える。

 「どうしてアメリカにはこうも仕事がないのだろうか・・・」

冬の野花南

 

 天気がイイので、野花南山荘へ出掛けた。除雪された農道を走り近くまで乗り入れたが入り口へ通じる道は雪深く、まったく進めない。誰も寄せ付けない冬の山荘には、たいちの樹をはじめ多くの命が静かに眠っている。雪に埋もれることによって厳しい寒さから身を守り、じっと身を潜めているに違いない。

民族ジョーク

 タイタニック沈没から100年目、豪華客船「コスタ・コンコルディア」が地中海で座礁し沈没。不謹慎だが、このニュースを観てすぐに頭をよぎったのは、あの有名な民族ジョーク・・・

▼タイタニック号がいよいよ沈没することになりました。救命ボートの数は女性と子供の分しかありません。男性は冷たい海の中に飛び込むしか方法はなく、それはつまり死を意味すること。そこで乗組員は、なんと言って男性乗客を説得したか?

 イギリス人には、「あなたはジェントルマンです」と言うと、プライド高いイギリス人は、我れ先にと海に飛び込み、アメリカ人には、「これであなたもヒーローです」と言い、ドイツ人には、「これはルールです」と言うと皆、海に飛び込んだ。さて日本人には何と言ったのか? 「皆さん、そうなさってますよ」

 今回の報道では、船長が我先に逃げ出したらしい。これも民族性によるものなのだろうか。ギリシャの経済危機やイタリアのベルルスコーニの報道を見てると、やはり民族性というのはあるように思う。そんな中、残念ながら日本人は主体性のない人種というのが世界の常識らしい。次の無人島ネタにも現れている。

▼無人島に男2人と女1人が流れ着いた。さあどうする?

フランス人:女は片方の男と結婚し、もう一人と不倫する。
アメリカ人:女は片方の男と結婚し、離婚して次の男と再婚する。
イタリア人:男同士が決闘し、勝った方が女と結ばれる。
ドイツ人:女と男一人が結婚し、残りの男が立会人を務める。
ロシア人:女には目もくれずウォッカを飲み始める。
スウェーデン人:男二人は愛し合い、女は自分を愛する。
日本人:男は、どちらが女と結婚したらいいか本社に問い合わせる。

 地域ヴァージョンで、おまけに名古屋ネタ

▼東京人・大阪人・名古屋人が会食後、会計のとき
 東京人は、「・・・予算足りるかなあ」と考える。
 大阪人は、「割り勘、なんぼになるやろ」と考える。
 名古屋人は、「お礼の言葉」を考える。
 Q. 名古屋にいる美人を総称してなんと呼びますか?
 A. 旅行者

ネタ元:Joke avemnue

すき焼きおから炒り

すき焼きおから炒り 以前に書いたが、我が家一番のご馳走は「釣りキンキの蒸し物」。二番目はと聞かれたら、迷わず「すき焼き」と応える。ご馳走ゆえにどちらも滅多に口にできないが、何か大事なときには「すき焼き」で接待する。だから、ウチに呼ばれて食卓にすき焼きが用意されていたら、アナタは相当の賓客としてモテなされていると考えてイイ。

 家ですき焼きを頂いた翌日は、必ず、おから炒りと決まっている。鍋に食べ残ったタレと肉や野菜の残骸、これにチクワや椎茸、人参などを細かく刻んで加え火を通し、おからを入れて炒める。最後に刻みネギをたっぷり混ぜて出来上がり。こんな旨いおから炒りは他所では食べたことがない。子供の頃、すき焼きといえば豚肉だったが、それでもおから炒りは旨かった。

 だから我が家では、すき焼きの〆にウドンは入れない。ウドンにからまり、せっかくのタレが無くなってしまう。たしかに〆のウドンは旨いけれど、一時の快楽のために後々の楽しみを放棄するのは愚かしいことだと、すき焼きから人生の哲学を学んでいる・・・

何だこりゃ、凍るヒゲ

 喰っちゃ寝、呑んじゃ寝の正月休み。今年も不摂生から始まり、オーバーフローの脂肪を持てあまし気味。愛犬との散歩だけが唯一の運動。ナントカしなきゃと想うのが毎年同じ年の初め。

ボーダーコリー ボーダーコリー

 この時期、ノーリードで歩けるのはダムの下公園くらい。除雪された道路が散歩コースで往復すると結構長いが、メイとララは大喜び。カメラを向けると寄ってきて鼻の頭を大接写。ヒゲも凍る寒さだが、雪の中にアタマを突っ込んで何かを探してる模様。

ボーダーコリー


 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja