I Want You - The Beatles

Abbey Road I Want You / The Beatles

 ビートルズ11枚目のアルバム"ABBEY ROAD" A面最後の曲。このアルバムは"Come Together"や"Something""Oh! Darling"など名曲揃いだが、中でも最も好きなのが"I Want You"。ジョン・レノンの声とギターメロが重なる唄い出し♪ I Want Youというフレーズにマイッてしまう。ゾクゾクしてしまう。ビートルズの曲で一番セクシーかもしれない。完璧の極みに達した天才達であるがゆえに、紆余曲折を経なければ世に出なかった曲。

 これが吹きこまれた1969年当時、彼らは各々に独立して活動していた。バラバラになりかけていたグループを再度まとめようとポール・マッカートニーが「原点に帰ろう」と提案。ポールがいう原点とは、デビュー当時のシンプルな演奏のレコーディング。オーバー・ダブ、つまり重ね録りによる多重録音を行わないことやコンサートツアーの再開なのだが、他のメンバーが反対。結果的にリハーサルを含めたドキュメンタリー番組を放送するすることで妥協。これが「Get Back(原点に帰る)Session」の始まり。しかし、内輪もめでテレビ放映はキャンセル、この企画は流れてしまった。後に撮影テープは映画「Let It Be」、録音テープはラストアルバム「Let It Be」としてリリースされた。

 ゲット・バック・セッションの中で吹きこまれた"I Wan You"がマスターテープとなり、後にジョンやジョージのギター、ビリー・プレストンのハモンド・オルガン・オーバーダブなど幾多の編集を経て完成。ポールが提案した原点には帰れなかったが、このセクシーさはオーバー・ダビングの賜だと思う。単純な歌詞がひたすら繰り返され、ビートルズで一番長い曲。"Hey Jude"よりも長い7分44秒。エンディングが突然プッツリ切れるのも特徴的。

 ジョンがオノ・ヨーコに捧げた究極のラブソングといわれているが、こんなセクシーな曲で愛を囁かれたらマイッてしまいそう。

関連:ビートルズ赤盤レコード

投稿の新しい順

  • 幻の薄焼き玉子の春巻き

     あれは現実だったのか、幻だったのかと疑うほど遠い昔の想い出。50年以上も前の学生の頃。東京か名古屋か京都か場所は定かでないが、一人で入った街の小さな中華料理店。入り口を入ってすぐ左手の席。道路に面し...

  • お爺さんは山へ薪を拾いに

     間伐作業の切り落としを拾いに山に入った。ホンダの運搬車で山に分け入り切り落とし材を積んでは長い坂道を降りてくる。キャタピラーが付いてるとはいえ、ヌカるんだ凸凹道に車体が傾き倒れそうになる。何よりも間伐材の根元を切り落とした部分、太くて重い。運搬車や軽トラへの積み下ろしは重労働。重量挙げの選手になったみたい...

  • 林齢60年のカラマツ間伐

     林齢60年のカラマツを間伐。日曜のせいか作業している様子はなく、重機と切り出された間伐材が積んであるだけ。作業道に沿って登っていくと、長さを切りそろえるためにカットされたのか薪にちょうどいい長さの玉がたくさん転がっている...

  • 改めて食育の大切さを知る

     ご飯にナニかを乗せて食べるのが嫌い。ご飯とオカズは別々に食べたい。ご飯はご飯、オカズはオカズ。例えば納豆。納豆は好きだが、ご飯と納豆は別に盛って食べる。ちなみに好きな納豆の薬味は、オカカと刻みネギ。...

  • アスカソ・エスプレッソ

     酸味のあるコーヒーが苦手。のはずが最近、劇的に嗜好が変化してきた。コンビニのカフェラテに慣らされた味覚は、モカエキスプレス(直火式エスプレッソ)で濃く淹れたコーヒーにミルクと砂糖という甘苦い味に満足...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja