ビートルズ赤盤レコード

 本日(9/9)午前零時、ビートルズのデジタル・リマスター盤が世界同時発売。銀座のレコード屋さんでは、夜中に行列ができたとか。違うか、今はレコード屋さんじゃなくCDショップと言うんだっけ。デジタルというくらいだから、もちろんCDでリリース。初期のアルバム4作はステレオ音源にリマスターされたらしい。

 今だに根強いファンがいるビートルズだが、それぞれの年代によって受け止め方はイロイロなんだろうなあ。すでに人生の下り坂を歩いている私が、今の若い人たちに唯一自慢できることといえば、ビートルズとリアルタイムで過ごしてきたということくらいだ。中学2年の時、「プリーズ・プリーズ・ミー」を、それに続く「抱きしめたい」を聴いたときの心の高ぶりは、それまで聴いていたクリフ・リチャードやポール・アンカやプレスリーでは到底感じられなかったモノ。ナニかが違う。理性で感じるのではなく肌で感じるナニかが違う。曲のテンポにカラダが反応する。そこからヤツラとのツキアイは始まった。

 音楽的な変遷は目まぐるしく変わり、ロックン・ロール時代からラバー・ソウルあたりの美し過ぎるメロディを経てサージェント・ペッパーからアビーロードへと移りゆく。私にとって最高傑作と思われたラバーソウルを凌ぐアルバムを次々と出してゆく。一時私は、ヤツラはきっと宇宙人に魂を売った代わりにメロディを与えてもらってるんじゃないかと真剣に考えたことがある。それほどに美しく、かって誰もが創り上げることができなかったメロディが次々と発表された。結局、それが今スタンダードナンバーとして私たちの周りに満ちあふれている。

ビートルズ赤盤レコード これまでヤツラと長くツキアッテきた私だが、夜中に並んでまでリマスターCDを買おうとは思わない。デジタルだとかモノラル盤がステレオになったとか、そんなことはどうでもイイことだ。どうせ高域なんか聴こえない年齢になってきたということも理由の一つだが、私は昔、音を聴いていたのではない。音楽を聴いていたのだ。お小遣いを貯めて、やっと手に入れたスピーカーが1個しかついていない卓上レコードプレーヤーで、サファイア針が擦り切れるまで、ビートルズと一緒に幸せな時間を過ごしてきた。

 そんな想い出をデジタルだとかイイ音だとかで聴きなおしたとしても、あの頃の感動を手に入れることはできないだろう。だから今だに赤盤のレコードでヤツラと一緒に時を過ごしている。

 当時、東芝からでていたビートルズは、赤い透明なレコードだった。レコード界の技術革命、静電気が起きず永久にチリホコリがつかないといわれた「EverClean」という赤いレコードは今だに健在で、今でも充分私に温もりを与えてくれている。

投稿の新しい順

  • 幻の薄焼き玉子の春巻き

     あれは現実だったのか、幻だったのかと疑うほど遠い昔の想い出。50年以上も前の学生の頃。東京か名古屋か京都か場所は定かでないが、一人で入った街の小さな中華料理店。入り口を入ってすぐ左手の席。道路に面し...

  • お爺さんは山へ薪を拾いに

     間伐作業の切り落としを拾いに山に入った。ホンダの運搬車で山に分け入り切り落とし材を積んでは長い坂道を降りてくる。キャタピラーが付いてるとはいえ、ヌカるんだ凸凹道に車体が傾き倒れそうになる。何よりも間伐材の根元を切り落とした部分、太くて重い。運搬車や軽トラへの積み下ろしは重労働。重量挙げの選手になったみたい...

  • 林齢60年のカラマツ間伐

     林齢60年のカラマツを間伐。日曜のせいか作業している様子はなく、重機と切り出された間伐材が積んであるだけ。作業道に沿って登っていくと、長さを切りそろえるためにカットされたのか薪にちょうどいい長さの玉がたくさん転がっている...

  • 改めて食育の大切さを知る

     ご飯にナニかを乗せて食べるのが嫌い。ご飯とオカズは別々に食べたい。ご飯はご飯、オカズはオカズ。例えば納豆。納豆は好きだが、ご飯と納豆は別に盛って食べる。ちなみに好きな納豆の薬味は、オカカと刻みネギ。...

  • アスカソ・エスプレッソ

     酸味のあるコーヒーが苦手。のはずが最近、劇的に嗜好が変化してきた。コンビニのカフェラテに慣らされた味覚は、モカエキスプレス(直火式エスプレッソ)で濃く淹れたコーヒーにミルクと砂糖という甘苦い味に満足...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja