ビートルズ赤盤レコード

 本日(9/9)午前零時、ビートルズのデジタル・リマスター盤が世界同時発売。銀座のレコード屋さんでは、夜中に行列ができたとか。違うか、今はレコード屋さんじゃなくCDショップと言うんだっけ。デジタルというくらいだから、もちろんCDでリリース。初期のアルバム4作はステレオ音源にリマスターされたらしい。

 今だに根強いファンがいるビートルズだが、それぞれの年代によって受け止め方はイロイロなんだろうなあ。すでに人生の下り坂を歩いている私が、今の若い人たちに唯一自慢できることといえば、ビートルズとリアルタイムで過ごしてきたということくらいだ。中学2年の時、「プリーズ・プリーズ・ミー」を、それに続く「抱きしめたい」を聴いたときの心の高ぶりは、それまで聴いていたクリフ・リチャードやポール・アンカやプレスリーでは到底感じられなかったモノ。ナニかが違う。理性で感じるのではなく肌で感じるナニかが違う。曲のテンポにカラダが反応する。そこからヤツラとのツキアイは始まった。

 音楽的な変遷は目まぐるしく変わり、ロックン・ロール時代からラバー・ソウルあたりの美し過ぎるメロディを経てサージェント・ペッパーからアビーロードへと移りゆく。私にとって最高傑作と思われたラバーソウルを凌ぐアルバムを次々と出してゆく。一時私は、ヤツラはきっと宇宙人に魂を売った代わりにメロディを与えてもらってるんじゃないかと真剣に考えたことがある。それほどに美しく、かって誰もが創り上げることができなかったメロディが次々と発表された。結局、それが今スタンダードナンバーとして私たちの周りに満ちあふれている。

ビートルズ赤盤レコード これまでヤツラと長くツキアッテきた私だが、夜中に並んでまでリマスターCDを買おうとは思わない。デジタルだとかモノラル盤がステレオになったとか、そんなことはどうでもイイことだ。どうせ高域なんか聴こえない年齢になってきたということも理由の一つだが、私は昔、音を聴いていたのではない。音楽を聴いていたのだ。お小遣いを貯めて、やっと手に入れたスピーカーが1個しかついていない卓上レコードプレーヤーで、サファイア針が擦り切れるまで、ビートルズと一緒に幸せな時間を過ごしてきた。

 そんな想い出をデジタルだとかイイ音だとかで聴きなおしたとしても、あの頃の感動を手に入れることはできないだろう。だから今だに赤盤のレコードでヤツラと一緒に時を過ごしている。

 当時、東芝からでていたビートルズは、赤い透明なレコードだった。レコード界の技術革命、静電気が起きず永久にチリホコリがつかないといわれた「EverClean」という赤いレコードは今だに健在で、今でも充分私に温もりを与えてくれている。

投稿の新しい順

  • 晩秋の野花南山荘

     暖かな陽に包まれる晩秋は、一番好きな季節。夏に生い茂った葉が落ち遠くまで景色が見渡せる。陽の暖かさと静寂さが、季節の秋と人生の秋を重ね合わせて心穏やかになる。

  • 今年も幸せのラクヨウの味

     雨が多く平均気温15℃以下、最低気温10℃前後になるとラクヨウキノコが一斉に出始める。それ以前にも単発的に見られるが採れる量はごくわずか。  毎年、秋分の日に行う「抜歯塚供養」と「家族総出のラクヨ...

  • 恐るべしステロイドの効果

     デカい蜂に刺され緊急外来へ。45分ほどの点滴が終わるころには、心持ち腫れが引いてきたような気が。時間とともに効いたらしく就寝時には、手の甲の腫れは完全に治り刺された場所にシコリが残り触ると痛い程度。やったあ!効いたじゃん。さすがステロイド!と感心して眠ったのはいいが...

  • ポップな色のブランコ完成

     朽ちて錆びていた山荘のブランコ、錆を落とし磨いてポップなイメージに塗装した。錆びたチェーンを16mm径のクレモナSロープに交換。自己流の漁師結びで吊るしたが72キロの私が乗っても大丈夫。ロープの長さを調整するため何度も揺られていたら車酔い...

  • 孫が喜ぶブランコの色

         軽トラの荷台に脚立を乗せ、錆びたブランコの鎖を切断。充電式ディスクグラインダーの威力は素晴らしい。シャックルの錆を落としてみたら、まだまだ使用に耐える状態なので、ここにステンレスのリングキャ...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja