ポルチーニ茸の仲間

アカヤマドリタケ アカヤマドリタケ。直径30センチ、厚み10センチの巨大キノコ。

 以前記事にした「カラカサタケ」も大きかったが分厚さでは、こちらの方が断然スゴイ。傘の表面はヒビ割れ、見た目はグロテスク。比較のために横に置いた腕時計と比べると、その巨大さは一目瞭然。ただし大きくなりすぎると虫食いが多いので、食用にするには傘の開かない固くしまったものを採る。幼菌は半球形のまんじゅう形で表面がビロード状、濃いオレンジ色でシワシワ。のちにほぼ平らに開いてヒビ割れる。この特徴はアカヤマドリタケだけなので、他のキノコと間違えることはない。

 アカヤマドリという名前だが、イグチ属のキノコで、ヤマドリタケ属のヤマドリタケやヤマドリタケモドキとは種類が違う。ヤマドリタケやヤマドリタケモドキは、イタリアではポルチーニ、フランスではセップと呼ばれるが、アカヤマドリはヨーロッパには生えていないらしい。和食にもイタリアンにも合う。天ぷらや茹でてポン酢でも旨いがパスタにも合う。一番のお勧めは分厚くスライスしてバター焼き。

アカヤマドリタケ アカヤマドリタケ

ヤマドリタケモドキ、アカヤマドリタケ 今日の収穫は、アカヤマドリタケとヤマドリタケモドキ。これでも小ぶりのアカヤマドリだが、大きさをわかりやすくするため、ハガキと一緒に写している。大きな傘の直径は15センチくらい。黒っぽいのはヤマドリタケモドキ。ヤマドリタケは針葉樹林、ヤマドリタケモドキは広葉樹林に生えるらしいが、山荘は混合林なので、どこにでも出てくる。外見がよく似ているドクヤマドリタケとの違いは、柄にある網状の模様。柄の途中まで網目があるのはヤマドリタケ。全体に網目があるのがヤマドリタケモドキ。ドクヤマドリタケには網目がないので区別できる。

 以前、「野花南産ポルチーニの食レポ」を書いたが、とにかく旨い。ヨーロッパのマツタケと呼ばれ、まさに「キノコの王様」「香りの女王様」。あまりに美味しくて2人前を平らげてしまった私の身に起こった出来事は「こちら」

投稿の新しい順

  • 幻の薄焼き玉子の春巻き

     あれは現実だったのか、幻だったのかと疑うほど遠い昔の想い出。50年以上も前の学生の頃。東京か名古屋か京都か場所は定かでないが、一人で入った街の小さな中華料理店。入り口を入ってすぐ左手の席。道路に面し...

  • お爺さんは山へ薪を拾いに

     間伐作業の切り落としを拾いに山に入った。ホンダの運搬車で山に分け入り切り落とし材を積んでは長い坂道を降りてくる。キャタピラーが付いてるとはいえ、ヌカるんだ凸凹道に車体が傾き倒れそうになる。何よりも間伐材の根元を切り落とした部分、太くて重い。運搬車や軽トラへの積み下ろしは重労働。重量挙げの選手になったみたい...

  • 林齢60年のカラマツ間伐

     林齢60年のカラマツを間伐。日曜のせいか作業している様子はなく、重機と切り出された間伐材が積んであるだけ。作業道に沿って登っていくと、長さを切りそろえるためにカットされたのか薪にちょうどいい長さの玉がたくさん転がっている...

  • 改めて食育の大切さを知る

     ご飯にナニかを乗せて食べるのが嫌い。ご飯とオカズは別々に食べたい。ご飯はご飯、オカズはオカズ。例えば納豆。納豆は好きだが、ご飯と納豆は別に盛って食べる。ちなみに好きな納豆の薬味は、オカカと刻みネギ。...

  • アスカソ・エスプレッソ

     酸味のあるコーヒーが苦手。のはずが最近、劇的に嗜好が変化してきた。コンビニのカフェラテに慣らされた味覚は、モカエキスプレス(直火式エスプレッソ)で濃く淹れたコーヒーにミルクと砂糖という甘苦い味に満足...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja