THE WINNERS

 今年の年末は、いつになくノンビリ。ユッタリと音楽三昧の日々を過ごしている。久しぶりに手に入れたアルバムが「大アタリ」。気に入って、何度も繰り返し聴いている。

THE WINNERS  THE WINNERS /
 Live at the Dolder Grand Hotel Zurich

 1. Autumn Leaves
 2. Invitation
 3. In Your Own Sweet Way
 4. My Foolish Heart
 5. Summertime
 6. The Days Of Wine And Roses
 7. If I Should Loose You

 FRANCO AMBROSETTI(tp flh)
 THIERRY LANG(p)
 HEIRI KANZIG(b)
 PETER ScHMIDLIN(ds)

 スイス、チューリッヒにあるドルダー・グランド・ホテルでのライブ盤。なぜ「THE WINNERS」というタイトルかというと、スイスのジャズ誌「Jazz N'More' magazine」の読者投票でのウィナー達の記念ライブだという。実力・人気ともに最高の連中な訳でハズレのはずがない。ただ、各部門ごとのウィナーが集まっての演奏と云うことは、この日のために結成された一夜限りのバンドと云うことになる。つまり、ぶっつけ本番のライブ。だからといって、適当に合わせてやろう的な雰囲気は全くなく緊張感と熱気、調和と実力と気力が溢れている。曲目は、すべてスタンダード・ナンバーだが、そんじょそこらのヤワな演奏ではない。この白熱した演奏に浸っていると、私も会場の一席に身を置き、興奮に汗してる感覚になる。あまり触れることのないスイス・ジャズだが、このアルバムに巡り会えてヨカッタと云える一枚。

投稿の新しい順

  • 平面バッフルの紆余曲折

     松下製16cmフルレンジ用に製作した平面バッフルだが、コーラル8A-70のグラマラスなマグネットに魅了され、「よっぽどイイ音で鳴るんだべなあ」と、バッフルの穴径を20cm用に拡げて取り付けた。ところ...

  • 木製オセロを自作する

     今から30年以上前、仕事も遊びも半端なく忙しかった頃。何かに追われるように日々を過ごし、自分のための自分だけの時間というものに飢えていた。そんなとき没頭したのが「大人のオモチャづくり」。深夜、帰宅し...

  • 山荘に響く鹿撃つ銃声

     例年になく遅い積雪だが、山荘も本格的な冬景色。そろそろ軽トラでの乗り入れができなくなる。大喜びのララは駆け回っているが、ときどき耳をツンザクような銃声にビックリ。山荘裏の国有林で猟友会が鹿を撃って...

  • Imad Fares - Pharaon

     盗賊たちに「鬼の平蔵」と恐れられていた江戸幕府の火付盗賊改方長官長谷川平蔵。中村吉右衛門が主演の「鬼平犯科帳」のエンディングでは毎回、江戸の季節を背景にジプシー・キングスの「インスピレイション」と...

  • 大根干し便利技ゴムホース

     いつもなら2週間ほどで干し上がる大根だが、今年は長引いている。8割ほどはOKだが、硬くて曲がらないのもある。大根の質かもしれないが、このままでは漬けるには早すぎるので、とりあえず干し方を変えて様子...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja