夢の共演に感激!

 ザ・バンドの1976年解散コンサート「ラスト・ワルツ」には、数多くの豪華なゲスト・ミュージシャンが参加し共演。ゲストは全員ノーギャラでの出演だったらしい。エンディングでは、参加者全員が「I Shall Be Released」のコーラスでフィナーレを飾るが、ボブ・ディラン、ニール・ヤング、エリック・クラプトン、マディ・ウォーターズ、ヴァン・モリソン、ドクター・ジョン、ジョニ・ミッチェル、ボビー・チャールズ、ロン・ウッド、リンゴ・スター、ロニー・ホーキンズ、ニール・ダイアモンドなど世界のビッグネームが唄う姿を映画で観て「かつて洋楽少年」だった私は、興奮・感動したことを覚えている。現在、CDでも手に入るが、できれば映像で観る方が楽しい。

 普通には有り得ない、有名アーティストが一堂に集まって大勢で唄うという企画に「チャリティ・ソング」が挙げられる。1984年12月3日、イギリスで「バンド・エイド」という名のプロジェクトが結成され、エチオピア飢餓救済のため「Do They Know It's Christmas?」がリリースされた。フィル・コリンズ、ジョディ・ワトリー、スティング、デヴィッド・ボウイ、ポール・マッカートニーら多数のアーティストが参加。バンド・エイドは1989年、2004年にも開催される。これに触発される形でアメリカでは「USA for Africa」が結成され、ライブエイドなどへとつながるチャリティー・ブームを巻き起こした。

 1985年「USA for Africa」は、アフリカの飢餓救済のためチャリティー・ソング「We Are The World」をリリース。「USA」はアメリカのことではなく「United Support of Artists」の略である。アメリカでスーパースターと呼ばれる多くの人達が参加した。

 クインシー・ジョーンズが指揮を執り、ソロを唄うのは、ライオネル・リッチー、スティーヴィーワンダー、ポール・サイモン、ケニー・ロジャース、ジェームス・イングラム、ティナ・ターナー、ビリー・ジョエル、マイケル・ジャクソン、ダイアナ・ロス、ディオンヌ・ワーウィック、ウイリー・ネルソン、アル・ジャロウ、ブルース・スプリングスティーン、ケニー・ロギンス、スティーヴ・ペリー、ダリル・ホール、ヒューイ・ルイス、シンディ・ローパー、キム・カーンズ、ボブ・ディラン、レイ・チャールズ 。

 コーラスには、ダン・エイクロイド、ハリー・ベラフォンテ、リンジー・バッキンガム、マリオ・シポリナ、ジョニー・コーラ、シーラ・E、ボブ・ゲルドフ、ビル・ギブソン、クリス・ヘイズ、ショーン・ホッパー、ジャクソン・ファミリー、ウェイロン・ジェニングス、ベット・ミドラー、ジョン・オーツ、ジェフリー・オズボーン、ポインター・シスターズ、スモーキー・ロビンソンらが参加。こんな豪華なショウは前代未聞。チャリティじゃなく、マトモにギャラを払ったら、このPV制作にイッタイいくら掛かるのだろう。

 25年経過して2010年、ハイチ地震被災者支援のためのプロジェクト「We Are The World 25 Years for Haiti」をレコーディング。 1985年のオリジナル以上に多数のメンバーが参加。マイケル・ジャクソン亡きあとだが、過去の映像が使われジャネット・ジャクソンとデュエットするシーンもある。この年代になると私にわかるアーティストも限られてくる。顔と名前が一致するのは、クインシー・ジョーンズ、トニー・ベネット、マイケル・ジャクソン、ジャネット・ジャクソン、バーブラ・ストライサンド、セリーヌ・ディオン、パティ・オースティン、ナタリー・コール、ハリー・コニック・ジュニア、グラディス・ナイト、ブライアン・ウィルソン、ナンシー・ウィルソンくらいだが、これだけでもスゴイこと。

 大勢のアーティストが一堂に会するパフォーマンスに感激する私だが、AKBとSKEとSDNとNMBとHKTとSPRが束になって、48×6=総勢288人でかかってきても嬉しくもナンともないなあ。

投稿の新しい順

  • 幻の薄焼き玉子の春巻き

     あれは現実だったのか、幻だったのかと疑うほど遠い昔の想い出。50年以上も前の学生の頃。東京か名古屋か京都か場所は定かでないが、一人で入った街の小さな中華料理店。入り口を入ってすぐ左手の席。道路に面し...

  • お爺さんは山へ薪を拾いに

     間伐作業の切り落としを拾いに山に入った。ホンダの運搬車で山に分け入り切り落とし材を積んでは長い坂道を降りてくる。キャタピラーが付いてるとはいえ、ヌカるんだ凸凹道に車体が傾き倒れそうになる。何よりも間伐材の根元を切り落とした部分、太くて重い。運搬車や軽トラへの積み下ろしは重労働。重量挙げの選手になったみたい...

  • 林齢60年のカラマツ間伐

     林齢60年のカラマツを間伐。日曜のせいか作業している様子はなく、重機と切り出された間伐材が積んであるだけ。作業道に沿って登っていくと、長さを切りそろえるためにカットされたのか薪にちょうどいい長さの玉がたくさん転がっている...

  • 改めて食育の大切さを知る

     ご飯にナニかを乗せて食べるのが嫌い。ご飯とオカズは別々に食べたい。ご飯はご飯、オカズはオカズ。例えば納豆。納豆は好きだが、ご飯と納豆は別に盛って食べる。ちなみに好きな納豆の薬味は、オカカと刻みネギ。...

  • アスカソ・エスプレッソ

     酸味のあるコーヒーが苦手。のはずが最近、劇的に嗜好が変化してきた。コンビニのカフェラテに慣らされた味覚は、モカエキスプレス(直火式エスプレッソ)で濃く淹れたコーヒーにミルクと砂糖という甘苦い味に満足...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja