許せる勘違い

 忘年会で呑んだ夜、遅くに帰宅すると「○○さんが見えて、ウナギパイ頂いたよ」と家内。「ウナギパイ?お土産かな?」「今年一年、お世話になりましたって言ってたよ」「ふーん、で、どこにあるの?」「箱のまま、仏さんに上げてある」という何気ない会話。仏さんに上げるというのは、もちろん仏壇に供えると云うこと。

「なんで、ウナギパイなんだろ?旅行にでも行ったんかな?」
「年末の忙しいときに、旅行なんか行くかなあ?」
「夜のお菓子で精をつけて、頑張れってか?バカだねぇ、アイツ」
「ウナギが好きだという私に、シャレでウナギパイ?」。次々に浮かぶ疑問!

川口水産うなぎ蒲焼 どう考えても解せなくて、しばらくしてから「ホントにウナギパイか?」と聞くと「たぶん」

 仏壇から下ろしてみると、たしかにお菓子の箱に見えなくもないが「春華堂」ではなく「うなぎ蒲焼・川口水産」と書かれた包装紙。「エーッ、違うやん!」。開けてみると、なんと立派な国産ウナギの蒲焼きが3枚。「要冷凍」と書いてある。触ってみると、まだ半解凍状態なので即冷凍庫へ。早く?気づいたからイイようなもの、そのまま一晩仏壇に置いてたら、せっかくの高級ウナギ様が台無しになるところだった。

 世の中には、許せる勘違いと許せない勘違いがある。ウナギの蒲焼きとウナギパイを間違えるなんて、とてもじゃないが許せるはずもないが、そこはそれ、ウナギンの効能でヤサしくなれる私なので腹も立たずに一件落着。それにしても今年はウナギの当たり年。幸せな気分で年の瀬を迎えることができ、有り難たいことです。

投稿の新しい順

  • 幻の薄焼き玉子の春巻き

     あれは現実だったのか、幻だったのかと疑うほど遠い昔の想い出。50年以上も前の学生の頃。東京か名古屋か京都か場所は定かでないが、一人で入った街の小さな中華料理店。入り口を入ってすぐ左手の席。道路に面し...

  • お爺さんは山へ薪を拾いに

     間伐作業の切り落としを拾いに山に入った。ホンダの運搬車で山に分け入り切り落とし材を積んでは長い坂道を降りてくる。キャタピラーが付いてるとはいえ、ヌカるんだ凸凹道に車体が傾き倒れそうになる。何よりも間伐材の根元を切り落とした部分、太くて重い。運搬車や軽トラへの積み下ろしは重労働。重量挙げの選手になったみたい...

  • 林齢60年のカラマツ間伐

     林齢60年のカラマツを間伐。日曜のせいか作業している様子はなく、重機と切り出された間伐材が積んであるだけ。作業道に沿って登っていくと、長さを切りそろえるためにカットされたのか薪にちょうどいい長さの玉がたくさん転がっている...

  • 改めて食育の大切さを知る

     ご飯にナニかを乗せて食べるのが嫌い。ご飯とオカズは別々に食べたい。ご飯はご飯、オカズはオカズ。例えば納豆。納豆は好きだが、ご飯と納豆は別に盛って食べる。ちなみに好きな納豆の薬味は、オカカと刻みネギ。...

  • アスカソ・エスプレッソ

     酸味のあるコーヒーが苦手。のはずが最近、劇的に嗜好が変化してきた。コンビニのカフェラテに慣らされた味覚は、モカエキスプレス(直火式エスプレッソ)で濃く淹れたコーヒーにミルクと砂糖という甘苦い味に満足...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja