許せる勘違い

 忘年会で呑んだ夜、遅くに帰宅すると「○○さんが見えて、ウナギパイ頂いたよ」と家内。「ウナギパイ?お土産かな?」「今年一年、お世話になりましたって言ってたよ」「ふーん、で、どこにあるの?」「箱のまま、仏さんに上げてある」という何気ない会話。仏さんに上げるというのは、もちろん仏壇に供えると云うこと。

「なんで、ウナギパイなんだろ?旅行にでも行ったんかな?」
「年末の忙しいときに、旅行なんか行くかなあ?」
「夜のお菓子で精をつけて、頑張れってか?バカだねぇ、アイツ」
「ウナギが好きだという私に、シャレでウナギパイ?」。次々に浮かぶ疑問!

川口水産うなぎ蒲焼  どう考えても解せなくて、しばらくしてから「ホントにウナギパイか?」と聞くと「たぶん」

 仏壇から下ろしてみると、たしかにお菓子の箱に見えなくもないが「春華堂」ではなく「うなぎ蒲焼・川口水産」と書かれた包装紙。「エーッ、違うやん!」。開けてみると、なんと立派な国産ウナギの蒲焼きが3枚。「要冷凍」と書いてある。触ってみると、まだ半解凍状態なので即冷凍庫へ。早く?気づいたからイイようなもの、そのまま一晩仏壇に置いてたら、せっかくの高級ウナギ様が台無しになるところだった。

 世の中には、許せる勘違いと許せない勘違いがある。ウナギの蒲焼きとウナギパイを間違えるなんて、とてもじゃないが許せるはずもないが、そこはそれ、ウナギンの効能でヤサしくなれる私なので腹も立たずに一件落着。それにしても今年はウナギの当たり年。幸せな気分で年の瀬を迎えることができ、有り難たいことです。

投稿の新しい順

  • 平面バッフルの紆余曲折

     松下製16cmフルレンジ用に製作した平面バッフルだが、コーラル8A-70のグラマラスなマグネットに魅了され、「よっぽどイイ音で鳴るんだべなあ」と、バッフルの穴径を20cm用に拡げて取り付けた。ところ...

  • 木製オセロを自作する

     今から30年以上前、仕事も遊びも半端なく忙しかった頃。何かに追われるように日々を過ごし、自分のための自分だけの時間というものに飢えていた。そんなとき没頭したのが「大人のオモチャづくり」。深夜、帰宅し...

  • 山荘に響く鹿撃つ銃声

     例年になく遅い積雪だが、山荘も本格的な冬景色。そろそろ軽トラでの乗り入れができなくなる。大喜びのララは駆け回っているが、ときどき耳をツンザクような銃声にビックリ。山荘裏の国有林で猟友会が鹿を撃って...

  • Imad Fares - Pharaon

     盗賊たちに「鬼の平蔵」と恐れられていた江戸幕府の火付盗賊改方長官長谷川平蔵。中村吉右衛門が主演の「鬼平犯科帳」のエンディングでは毎回、江戸の季節を背景にジプシー・キングスの「インスピレイション」と...

  • 大根干し便利技ゴムホース

     いつもなら2週間ほどで干し上がる大根だが、今年は長引いている。8割ほどはOKだが、硬くて曲がらないのもある。大根の質かもしれないが、このままでは漬けるには早すぎるので、とりあえず干し方を変えて様子...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja