音色の違いを聴きわける

 Wes Montgomery がピックを使わず親指1本で奏でる「Gibson L5」。私の一番好きなジャズ・ギタリスト「ウェス・モンゴメリー」の愛器。あの音色に憧れて、いつの日か手にしてみたいと夢見てる。お気に入りのアルバムは、なんといっても「フルハウス」。何度聴いても血湧き肉躍る興奮のルツボ。レコードに針を落とした瞬間、もうそこはクラブ・ツボ。そこには熱気溢れるライブハウスの聴衆と化した自分が居る。マイレコードコレクション中、10本の指に数えられる名盤。同じウェスでもA&M移籍後の「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」のようなイージーリスニングも嫌いではないが、やはりウェスはハードバップが輝いている。

 「フルハウス」では、ギブソンの「L5」を弾いているが、もう1枚の名盤「インクレディブル・ジャズ・ギター」では「ES-175」が使われたらしい。柔らかくサスティーンがあり丸い音色がする。L5とES-175、どちらの音が好みか。というより「インクレディブル」のピアノはトミー・フラナガンで、「フルハウス」のピアノがウィントン・ケリー。ウィントン・フリークの私としては、フルハウスのほうに思い入れが強い。

 時代とともに素材が変わり、同じ型番でも音色が違うので比較は難しいが「L5」と「ES-175」を比較できるビデオを見つけた。左がL5で、右がES-175。どちらの音色が好みですか?曲は、Blue Bossa.

投稿の新しい順

  • 平面バッフルの紆余曲折

     松下製16cmフルレンジ用に製作した平面バッフルだが、コーラル8A-70のグラマラスなマグネットに魅了され、「よっぽどイイ音で鳴るんだべなあ」と、バッフルの穴径を20cm用に拡げて取り付けた。ところ...

  • 木製オセロを自作する

     今から30年以上前、仕事も遊びも半端なく忙しかった頃。何かに追われるように日々を過ごし、自分のための自分だけの時間というものに飢えていた。そんなとき没頭したのが「大人のオモチャづくり」。深夜、帰宅し...

  • 山荘に響く鹿撃つ銃声

     例年になく遅い積雪だが、山荘も本格的な冬景色。そろそろ軽トラでの乗り入れができなくなる。大喜びのララは駆け回っているが、ときどき耳をツンザクような銃声にビックリ。山荘裏の国有林で猟友会が鹿を撃って...

  • Imad Fares - Pharaon

     盗賊たちに「鬼の平蔵」と恐れられていた江戸幕府の火付盗賊改方長官長谷川平蔵。中村吉右衛門が主演の「鬼平犯科帳」のエンディングでは毎回、江戸の季節を背景にジプシー・キングスの「インスピレイション」と...

  • 大根干し便利技ゴムホース

     いつもなら2週間ほどで干し上がる大根だが、今年は長引いている。8割ほどはOKだが、硬くて曲がらないのもある。大根の質かもしれないが、このままでは漬けるには早すぎるので、とりあえず干し方を変えて様子...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja