秋の風物詩

野花南山荘の効用 雪虫

 暑い暑いと云っていた今年の夏だが、一気に秋が来て、もうすでに山荘では雪虫が飛ぶ季節。水彩絵の具を薄めるような季節の移り変わりというボカシ効果もなくストンと秋になり、いきなり冬を迎えるという慌ただしさを感じている。62才になると、時間は時速62キロという早いスピードで流れる。歳を重ねる度に時間の流れが速くなり、季節の微妙な変化を感じる間もなく歩き続けているのかもしれない。

大根干し 久々に晴れ渡り、気持ちの良い青空が広がる。ベランダに干した大根も雨よけのブルーシートを外し、おもいきり陽に当てる。このまま干し上がると、来週には漬けられそうな気配。今年も旨い玄米漬けが食べられる。毎年繰り返される秋の慣わしだが、こうして今年も続けられることに感謝。

 感謝と云えば、毎年、長野から送られてくるカリン。今年も信州の香りを乗せて我が家へやってきた。1年に1度味わう贅沢な秋の香り。玄関を開けるとウットリする芳香が私を迎えてくれる。香りを言葉で表現するのは難しいが、優しく甘く爽やかな桃のようなマンゴーのような。この季節にだけ届く花梨は、天高く澄み渡る秋の空のイメージと重なり、清々しい気持ちにさせてくれる自然のアロマテラピー。これから2~3ヶ月は、この贅沢な香りが我が家の家族を幸せにしてくれる。今夜から、枕元に置いて甘い香りの夢を見ようと思う。

 落葉松林でも冬が近いのを肌で感じるのか、焦るがごとくシメジ類が所狭しと群生している。アイシメジが終わりシモフリシメジの出番。これを採り始めるとカゴがイッパイで持ちきれなくなるので、次に持ち越し。今日の成果は、アイシメジとアカモミタケ、ラクヨウとムラサキシメジ、ジナメコ。今夜は早速、炊き込みご飯とキノコの味噌汁を頂いた。 香りで幸せを感じ、味で幸せを噛みしめる。北国の短い秋を満喫している。

カリン アイシメジ、アカモミタケ、ラクヨウ、ジナメコ、ムラサキシメジ

投稿の新しい順

  • 平面バッフルの紆余曲折

     松下製16cmフルレンジ用に製作した平面バッフルだが、コーラル8A-70のグラマラスなマグネットに魅了され、「よっぽどイイ音で鳴るんだべなあ」と、バッフルの穴径を20cm用に拡げて取り付けた。ところ...

  • 木製オセロを自作する

     今から30年以上前、仕事も遊びも半端なく忙しかった頃。何かに追われるように日々を過ごし、自分のための自分だけの時間というものに飢えていた。そんなとき没頭したのが「大人のオモチャづくり」。深夜、帰宅し...

  • 山荘に響く鹿撃つ銃声

     例年になく遅い積雪だが、山荘も本格的な冬景色。そろそろ軽トラでの乗り入れができなくなる。大喜びのララは駆け回っているが、ときどき耳をツンザクような銃声にビックリ。山荘裏の国有林で猟友会が鹿を撃って...

  • Imad Fares - Pharaon

     盗賊たちに「鬼の平蔵」と恐れられていた江戸幕府の火付盗賊改方長官長谷川平蔵。中村吉右衛門が主演の「鬼平犯科帳」のエンディングでは毎回、江戸の季節を背景にジプシー・キングスの「インスピレイション」と...

  • 大根干し便利技ゴムホース

     いつもなら2週間ほどで干し上がる大根だが、今年は長引いている。8割ほどはOKだが、硬くて曲がらないのもある。大根の質かもしれないが、このままでは漬けるには早すぎるので、とりあえず干し方を変えて様子...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja