野生化したコンフリー

 私が仕事をしているブースの隣で、患者さんが「アレ食べたことあるかい?」と、窓の外を指さし歯科衛生士に聞いてる様子。「どれですか?」「あのピンクの花の、あの葉っぱ」「いえ、ないです」の答えに「天ぷらにすると美味しいよ」という会話が耳に届いた。「ん? 天ぷら? 美味しい?」。そんな旨い話は、聞き捨てならないと即、隣へ行き「どれどれ? アレ? アレ食べれるの?」

 

 そうして教えてもらったのがコンフリー。そういえば昔、身体にイイと健康ブームになってたような気が。そのピンクの花の雑草は、裏の空き地にイッパイ生えている。そんなに身体に良くて旨いモノがこんなに沢山あるなんてと、早速、裏口から採りに出た。自分の分だけじゃ悪いなと、衛生士の分も袋イッパイ採ってきた。聞いた話では天ぷらだったが、他に旨い食べ方はないかしら。インターネットで調べてみると、

コンフリー 「葉にはビタミンB12やタンパク質を多く含み、1970年代には健康食品として扱われていた時期もあるが、肝障害をおこす健康被害のため、2004年厚労省が食品としての販売を禁止した」と書いてある。ピロリチジンアルカロイドが含まれていて、長期間、過剰に摂ると肝障害をおこすらしい。健康食品として一時期、大ブームになり家庭で栽培されたモノが野生化して増えているらしく、今では毒物扱いで見向きもされない。

 ということは、長期間でなくて過剰でなくて、少しだけなら食べてもイイってことね?このアルカロイドはフキノトウにも含まれてるというから、別に気にしなくてもイイんじゃないのと持って帰ってきた。

 ところが、今夜の献立は餃子だと云う。皮を包むのに忙しそうで天ぷらが割り込む隙間はないらしい。ということで、コンフリーの天ぷらはオアズケ。結果的に私の肝臓の寿命が少しだけ延びたみたい。

投稿の新しい順

  • 平面バッフルの紆余曲折

     松下製16cmフルレンジ用に製作した平面バッフルだが、コーラル8A-70のグラマラスなマグネットに魅了され、「よっぽどイイ音で鳴るんだべなあ」と、バッフルの穴径を20cm用に拡げて取り付けた。ところ...

  • 木製オセロを自作する

     今から30年以上前、仕事も遊びも半端なく忙しかった頃。何かに追われるように日々を過ごし、自分のための自分だけの時間というものに飢えていた。そんなとき没頭したのが「大人のオモチャづくり」。深夜、帰宅し...

  • 山荘に響く鹿撃つ銃声

     例年になく遅い積雪だが、山荘も本格的な冬景色。そろそろ軽トラでの乗り入れができなくなる。大喜びのララは駆け回っているが、ときどき耳をツンザクような銃声にビックリ。山荘裏の国有林で猟友会が鹿を撃って...

  • Imad Fares - Pharaon

     盗賊たちに「鬼の平蔵」と恐れられていた江戸幕府の火付盗賊改方長官長谷川平蔵。中村吉右衛門が主演の「鬼平犯科帳」のエンディングでは毎回、江戸の季節を背景にジプシー・キングスの「インスピレイション」と...

  • 大根干し便利技ゴムホース

     いつもなら2週間ほどで干し上がる大根だが、今年は長引いている。8割ほどはOKだが、硬くて曲がらないのもある。大根の質かもしれないが、このままでは漬けるには早すぎるので、とりあえず干し方を変えて様子...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja