野生化したコンフリー

 私が仕事をしているブースの隣で、患者さんが「アレ食べたことあるかい?」と、窓の外を指さし歯科衛生士に聞いてる様子。「どれですか?」「あのピンクの花の、あの葉っぱ」「いえ、ないです」の答えに「天ぷらにすると美味しいよ」という会話が耳に届いた。「ん? 天ぷら? 美味しい?」。そんな旨い話は、聞き捨てならないと即、隣へ行き「どれどれ? アレ? アレ食べれるの?」

 

 そうして教えてもらったのがコンフリー。そういえば昔、身体にイイと健康ブームになってたような気が。そのピンクの花の雑草は、裏の空き地にイッパイ生えている。そんなに身体に良くて旨いモノがこんなに沢山あるなんてと、早速、裏口から採りに出た。自分の分だけじゃ悪いなと、衛生士の分も袋イッパイ採ってきた。聞いた話では天ぷらだったが、他に旨い食べ方はないかしら。インターネットで調べてみると、

コンフリー 「葉にはビタミンB12やタンパク質を多く含み、1970年代には健康食品として扱われていた時期もあるが、肝障害をおこす健康被害のため、2004年厚労省が食品としての販売を禁止した」と書いてある。ピロリチジンアルカロイドが含まれていて、長期間、過剰に摂ると肝障害をおこすらしい。健康食品として一時期、大ブームになり家庭で栽培されたモノが野生化して増えているらしく、今では毒物扱いで見向きもされない。

 ということは、長期間でなくて過剰でなくて、少しだけなら食べてもイイってことね?このアルカロイドはフキノトウにも含まれてるというから、別に気にしなくてもイイんじゃないのと持って帰ってきた。

 ところが、今夜の献立は餃子だと云う。皮を包むのに忙しそうで天ぷらが割り込む隙間はないらしい。ということで、コンフリーの天ぷらはオアズケ。結果的に私の肝臓の寿命が少しだけ延びたみたい。

投稿の新しい順

  • 幻の薄焼き玉子の春巻き

     あれは現実だったのか、幻だったのかと疑うほど遠い昔の想い出。50年以上も前の学生の頃。東京か名古屋か京都か場所は定かでないが、一人で入った街の小さな中華料理店。入り口を入ってすぐ左手の席。道路に面し...

  • お爺さんは山へ薪を拾いに

     間伐作業の切り落としを拾いに山に入った。ホンダの運搬車で山に分け入り切り落とし材を積んでは長い坂道を降りてくる。キャタピラーが付いてるとはいえ、ヌカるんだ凸凹道に車体が傾き倒れそうになる。何よりも間伐材の根元を切り落とした部分、太くて重い。運搬車や軽トラへの積み下ろしは重労働。重量挙げの選手になったみたい...

  • 林齢60年のカラマツ間伐

     林齢60年のカラマツを間伐。日曜のせいか作業している様子はなく、重機と切り出された間伐材が積んであるだけ。作業道に沿って登っていくと、長さを切りそろえるためにカットされたのか薪にちょうどいい長さの玉がたくさん転がっている...

  • 改めて食育の大切さを知る

     ご飯にナニかを乗せて食べるのが嫌い。ご飯とオカズは別々に食べたい。ご飯はご飯、オカズはオカズ。例えば納豆。納豆は好きだが、ご飯と納豆は別に盛って食べる。ちなみに好きな納豆の薬味は、オカカと刻みネギ。...

  • アスカソ・エスプレッソ

     酸味のあるコーヒーが苦手。のはずが最近、劇的に嗜好が変化してきた。コンビニのカフェラテに慣らされた味覚は、モカエキスプレス(直火式エスプレッソ)で濃く淹れたコーヒーにミルクと砂糖という甘苦い味に満足...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja