ウナギンの効用

 地元で5本の指に入るという名店「いさみ」。昨夜、業界の集まりに期待を膨らませて出かけた。というのも、焼き鳥、鰻の旨い店として愛され続けて、ん十年。地元の鰻好きには垂涎の憧れの店。特にこの時期、タケノコを皮ごと炭火で焼いて、熱々の皮を剥きながら味噌マヨネーズをつけて頂く。今が旬の最高の美味。タケノコと云っても根曲がりタケという細いものだが、新鮮なものはトウキビのように甘い。

 我が業界のシキタリどおり予算が決まっていて、それに合わせて料理が運ばれてくる。刺身に始まり、殻付き生ウニ、タモギの卵とじ、焼き鳥、焼き牡蠣、焼き魚、タケノコの炭火炙りなどなど豪勢に食卓を飾る。ビールも焼酎も進み、残すはシメの鰻のみになった。お腹と相談すると小さな茶碗の「まぶし」が、ちょうどイイな。と、酔ったアタマで考えている宴もタケナワ。運ばれてきたのは、蒲焼き色の小さな物体。よく見ると焼きオニギリ。「まぶし」を小さく握ったのかしらと頂いてみると、正真正銘の焼きオニギリ蒲焼きタレ味...

 「うーん、敵もさる者。少ない予算と鰻高騰の狭間を埋める秘策、アッパレじゃ!」とは、ならんて。ウソでもカケラでも鰻を入れんかい。と、旨いものをタラフク食べて呑んできたにもかかわらず、ほんのちょっとの欲求不満を抱えたまま一夜が明けた。

 いつものように午前の仕事を終え、昼食に戻ると「わあ、ビックリ!」。浜松から浜名湖産の鰻の蒲焼きが冷蔵便で届いてるという。なんたって国産だぜぇ。ワイルドだぜぇ。早速、お昼に頂いた。焼き網に乗せ、尻尾の先に焦げ目がつくくらい魚焼き器で炙る。こうして頂くと、まさにお店の味。はあ、幸せだなあ!平日の昼間に、こんな贅沢してるのは我が家くらいなんじゃないのとリッチな気分で頂くと余計に美味しい。

 結局、昼食に「鰻蒲焼きご飯」、夕食には「うな重」を頂いた。1日に2度も鰻を頂ける日が来るなんて人生初の出来事、生きててヨカッタあ。まるで盆と正月とクリスマスと誕生日が一辺に来たみたい。もともと、鰻を頂くと精神的に落ち着く私。鰻に含まれるウナギンZの効果だと思い込んでいるのだが、今日はダブルで頂いたので、より効果の高いウナギンW が私の身体の中を駆け巡っている。

蒲焼き うな重

 でも、この展開はナゼ?とハタと気づいた。そういえば、浜松の親戚もときどきこのブログを読むらしい。こないだから「ウナギ、ウナギ」と書き続けてきたもんなあ。「アナタが、ウナギウナギって騒ぐからよ」と、家内にタシナメられた。そうか、そういうことか。ここで騒ぐと全国から旨いものが届くらしい。シメシメ、今度は何を騒ごうかしら...

投稿の新しい順

  • 幻の薄焼き玉子の春巻き

     あれは現実だったのか、幻だったのかと疑うほど遠い昔の想い出。50年以上も前の学生の頃。東京か名古屋か京都か場所は定かでないが、一人で入った街の小さな中華料理店。入り口を入ってすぐ左手の席。道路に面し...

  • お爺さんは山へ薪を拾いに

     間伐作業の切り落としを拾いに山に入った。ホンダの運搬車で山に分け入り切り落とし材を積んでは長い坂道を降りてくる。キャタピラーが付いてるとはいえ、ヌカるんだ凸凹道に車体が傾き倒れそうになる。何よりも間伐材の根元を切り落とした部分、太くて重い。運搬車や軽トラへの積み下ろしは重労働。重量挙げの選手になったみたい...

  • 林齢60年のカラマツ間伐

     林齢60年のカラマツを間伐。日曜のせいか作業している様子はなく、重機と切り出された間伐材が積んであるだけ。作業道に沿って登っていくと、長さを切りそろえるためにカットされたのか薪にちょうどいい長さの玉がたくさん転がっている...

  • 改めて食育の大切さを知る

     ご飯にナニかを乗せて食べるのが嫌い。ご飯とオカズは別々に食べたい。ご飯はご飯、オカズはオカズ。例えば納豆。納豆は好きだが、ご飯と納豆は別に盛って食べる。ちなみに好きな納豆の薬味は、オカカと刻みネギ。...

  • アスカソ・エスプレッソ

     酸味のあるコーヒーが苦手。のはずが最近、劇的に嗜好が変化してきた。コンビニのカフェラテに慣らされた味覚は、モカエキスプレス(直火式エスプレッソ)で濃く淹れたコーヒーにミルクと砂糖という甘苦い味に満足...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja