ウナギンの効用

 地元で5本の指に入るという名店「いさみ」。昨夜、業界の集まりに期待を膨らませて出かけた。というのも、焼き鳥、鰻の旨い店として愛され続けて、ん十年。地元の鰻好きには垂涎の憧れの店。特にこの時期、タケノコを皮ごと炭火で焼いて、熱々の皮を剥きながら味噌マヨネーズをつけて頂く。今が旬の最高の美味。タケノコと云っても根曲がりタケという細いものだが、新鮮なものはトウキビのように甘い。

 我が業界のシキタリどおり予算が決まっていて、それに合わせて料理が運ばれてくる。刺身に始まり、殻付き生ウニ、タモギの卵とじ、焼き鳥、焼き牡蠣、焼き魚、タケノコの炭火炙りなどなど豪勢に食卓を飾る。ビールも焼酎も進み、残すはシメの鰻のみになった。お腹と相談すると小さな茶碗の「まぶし」が、ちょうどイイな。と、酔ったアタマで考えている宴もタケナワ。運ばれてきたのは、蒲焼き色の小さな物体。よく見ると焼きオニギリ。「まぶし」を小さく握ったのかしらと頂いてみると、正真正銘の焼きオニギリ蒲焼きタレ味...

 「うーん、敵もさる者。少ない予算と鰻高騰の狭間を埋める秘策、アッパレじゃ!」とは、ならんて。ウソでもカケラでも鰻を入れんかい。と、旨いものをタラフク食べて呑んできたにもかかわらず、ほんのちょっとの欲求不満を抱えたまま一夜が明けた。

 いつものように午前の仕事を終え、昼食に戻ると「わあ、ビックリ!」。浜松から浜名湖産の鰻の蒲焼きが冷蔵便で届いてるという。なんたって国産だぜぇ。ワイルドだぜぇ。早速、お昼に頂いた。焼き網に乗せ、尻尾の先に焦げ目がつくくらい魚焼き器で炙る。こうして頂くと、まさにお店の味。はあ、幸せだなあ!平日の昼間に、こんな贅沢してるのは我が家くらいなんじゃないのとリッチな気分で頂くと余計に美味しい。

 結局、昼食に「鰻蒲焼きご飯」、夕食には「うな重」を頂いた。1日に2度も鰻を頂ける日が来るなんて人生初の出来事、生きててヨカッタあ。まるで盆と正月とクリスマスと誕生日が一辺に来たみたい。もともと、鰻を頂くと精神的に落ち着く私。鰻に含まれるウナギンZの効果だと思い込んでいるのだが、今日はダブルで頂いたので、より効果の高いウナギンW が私の身体の中を駆け巡っている。

蒲焼き うな重

 でも、この展開はナゼ?とハタと気づいた。そういえば、浜松の親戚もときどきこのブログを読むらしい。こないだから「ウナギ、ウナギ」と書き続けてきたもんなあ。「アナタが、ウナギウナギって騒ぐからよ」と、家内にタシナメられた。そうか、そういうことか。ここで騒ぐと全国から旨いものが届くらしい。シメシメ、今度は何を騒ごうかしら...

投稿の新しい順

  • 孫の自由な発想に脱帽

     ベニヤをカットすると、当然のことだが切れ端が出る。小さくても形あるものは、いつか何かの役に立つだろうと思い捨てずに保存してある。四角や三角、大きいモノや小さいモノ。  孫を子守で預かった日、干支を作...

  • ベニヤ・クラフト

     きっかけは、「ゴム鉄砲の的(マト)ゾンビ」から始まったベニヤクラフト。今では的としての機能は二の次で、いかにベニヤの断面模様を作品に生かせるかが課題になっている。アイディアを練りデッサンしてベニヤを...

  • ゴム銃の的・ゾンビ型

     相変わらず作業場にこもって木工に勤しんでいる。最近は、孫のオモチャの延長で「ゴム銃の的」作りにはまっている。輪ゴムを飛ばすゴム鉄砲の的である。イメージはテレビゲーム「The Crossing Dea...

  • iPone6をiPodにして使う

     iPhoneSE(第2世代)はLightningケーブルのみでイヤフォンジャックがなくアンプにつなぐにも変換ケーブルが必要。ということで、以前使っていた[iPhone6]を[iPod化]して使うことにした。なんたって、iPhone6にはイヤフォンジャックがありアンプに直接...

  • 宇宙のパンの賞味期限

     2009年にはスペースシャトル「ディスカバリー号」に積まれて宇宙食として活躍したとある。ということは、この賞味期限[2012.05]と記載の商品は、その3年前に製造されたものとして12年前に焼かれたパン。さすがに食べるのはためらわれるが...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤

Powered by Movable Type 5.14-ja