想い出の味、新高梨

 JCの全国大会で高知へ行ったのは、二十何年も前。ご多分に漏れず夜の街へ繰り出し「名物は何?お土産には何がイイ?」と隣に座ったオネエチャンから情報収集。

 この時期は「新高梨」だそうで、赤ん坊のアタマくらい大きいそうだ。早速翌日、観光の前に土産の手配だけ済まそうとデパ地下へ。そこで見つけたのは、棚の上に鎮座ましますスイカのごとく大きな梨。なんと1個1万円!

 いくらなんでも1個1万円もする梨を家に送ったら、家族にヒンシュクを買いそうなので、5個入りで1万円の箱を手配した。それでも1個2千円。

 土産の手配を済ませ、タクシーを飛ばし龍河洞という観光地へ。これがまたエラク長い鍾乳洞。中はヒンヤリしているのだが登ったり降りたりで出口に着く頃には汗だく状態。外へ出て参道を下る途中、道路脇の売店の店先には籠に入った新高梨が山盛りで売られていた。値段を見てビックリ!なんと1個3百円!エーッ...

 何でこんなに安いの?という疑問と、さっき買ったのは何であんなに高いの?という複雑な気持ちが交差している私を尻目に、同行していた友人がニヤニヤと嬉しそうに同情して「おばちゃん、これ1個剥いてくれる?」と、その場で休んで試食してきた。みずみずしくて美味しかったよなあ。

 家に帰っても、土産の梨が1個2千円だなんて言えずに。

 そんな想い出のある高価な果物「新高梨」は、新潟県と高知県の梨を掛け合わせたモノだそうだ。その新潟県から特大の梨が届いた。デカッ!計りに乗せてみると1個1kgもある。それが5個入り1箱の段ボール。あのときと同じだァ。

 甘くてみずみずしくシャリシャリ。秋の味覚の贈り物に感謝!

 

投稿の新しい順

  • ポップな色のブランコ完成

     朽ちて錆びていた山荘のブランコ、錆を落とし磨いてポップなイメージに塗装した。錆びたチェーンを16mm径のクレモナSロープに交換。自己流の漁師結びで吊るしたが72キロの私が乗っても大丈夫。ロープの長さを調整するため何度も揺られていたら車酔い...

  • 孫が喜ぶブランコの色

         軽トラの荷台に脚立を乗せ、錆びたブランコの鎖を切断。充電式ディスクグラインダーの威力は素晴らしい。シャックルの錆を落としてみたら、まだまだ使用に耐える状態なので、ここにステンレスのリングキャ...

  • 暇な午後にコーヒーを淹れる

     コンビニのカフェラテに慣らされたせいか、モカエキスプレスで淹れるエスプレッソに... 濃く淹れて甘くして牛乳を。スペシャルティな豆はモッタイないので、市販のエスプレッソ粉を使っている。illy、Lavazza、Pellini いろいろ試してみたが...

  • 翅を広げるドラゴンフライ

     翅を閉じるトンボ、開いて止まるトンボ。閉じるのは前後の翅の形が同じ「イトトンボ」や「カワトンボ」などの均翅亜目。飛ぶ能力を高めるため前後の翅の形が異なり、重ねて立てることができず広げて止まる不均翅亜目には「シオカラトンボ」や「アカトンボ」「ヤンマ」などがいる...

  • 壊れたブランコ修理

     夏グミが赤く熟した。山荘のアチコチにグミの木があるが、どの木も今年は実なりが悪い。いつもなら摘んでジャムにするのだが、今年は鳥のエサ用にそのまま放置。昔、熊がグミの木を揺すっている姿が目撃され、猟友...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja