想い出の味、新高梨

 JCの全国大会で高知へ行ったのは、二十何年も前。ご多分に漏れず夜の街へ繰り出し「名物は何?お土産には何がイイ?」と隣に座ったオネエチャンから情報収集。

 この時期は「新高梨」だそうで、赤ん坊のアタマくらい大きいそうだ。早速翌日、観光の前に土産の手配だけ済まそうとデパ地下へ。そこで見つけたのは、棚の上に鎮座ましますスイカのごとく大きな梨。なんと1個1万円!

 いくらなんでも1個1万円もする梨を家に送ったら、家族にヒンシュクを買いそうなので、5個入りで1万円の箱を手配した。それでも1個2千円。

 土産の手配を済ませ、タクシーを飛ばし龍河洞という観光地へ。これがまたエラク長い鍾乳洞。中はヒンヤリしているのだが登ったり降りたりで出口に着く頃には汗だく状態。外へ出て参道を下る途中、道路脇の売店の店先には籠に入った新高梨が山盛りで売られていた。値段を見てビックリ!なんと1個3百円!エーッ...

 何でこんなに安いの?という疑問と、さっき買ったのは何であんなに高いの?という複雑な気持ちが交差している私を尻目に、同行していた友人がニヤニヤと嬉しそうに同情して「おばちゃん、これ1個剥いてくれる?」と、その場で休んで試食してきた。みずみずしくて美味しかったよなあ。

 家に帰っても、土産の梨が1個2千円だなんて言えずに。

 そんな想い出のある高価な果物「新高梨」は、新潟県と高知県の梨を掛け合わせたモノだそうだ。その新潟県から特大の梨が届いた。デカッ!計りに乗せてみると1個1kgもある。それが5個入り1箱の段ボール。あのときと同じだァ。

 甘くてみずみずしくシャリシャリ。秋の味覚の贈り物に感謝!

 

投稿の新しい順

  • 平面バッフルの紆余曲折

     松下製16cmフルレンジ用に製作した平面バッフルだが、コーラル8A-70のグラマラスなマグネットに魅了され、「よっぽどイイ音で鳴るんだべなあ」と、バッフルの穴径を20cm用に拡げて取り付けた。ところ...

  • 木製オセロを自作する

     今から30年以上前、仕事も遊びも半端なく忙しかった頃。何かに追われるように日々を過ごし、自分のための自分だけの時間というものに飢えていた。そんなとき没頭したのが「大人のオモチャづくり」。深夜、帰宅し...

  • 山荘に響く鹿撃つ銃声

     例年になく遅い積雪だが、山荘も本格的な冬景色。そろそろ軽トラでの乗り入れができなくなる。大喜びのララは駆け回っているが、ときどき耳をツンザクような銃声にビックリ。山荘裏の国有林で猟友会が鹿を撃って...

  • Imad Fares - Pharaon

     盗賊たちに「鬼の平蔵」と恐れられていた江戸幕府の火付盗賊改方長官長谷川平蔵。中村吉右衛門が主演の「鬼平犯科帳」のエンディングでは毎回、江戸の季節を背景にジプシー・キングスの「インスピレイション」と...

  • 大根干し便利技ゴムホース

     いつもなら2週間ほどで干し上がる大根だが、今年は長引いている。8割ほどはOKだが、硬くて曲がらないのもある。大根の質かもしれないが、このままでは漬けるには早すぎるので、とりあえず干し方を変えて様子...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja