GODIVA

 ヴァレンタインデーに生まれたからという訳ではないが、チョコレートには目がない。甘いのもビターなのもどちらも好きだが、ココアバターにミルクと砂糖を混ぜただけのカカオマスを含んでいないホワイトチョコは頂けない。

 チョコの健康の源は、ポリフェノール。なんといっても抗酸化作用が強い。活性酸素をやっつけて、カラダが錆びるのを防いでくれる。結果、動脈硬化・がん・糖尿病・老化の予防になる。その上、食物繊維が多く善玉コレステロールを増やしてくれる。脳を活性化したり、ピロリ菌までやっつけるなんて、言うことなしの優等生だ。

 そんな講釈はさておいて、オイシク感じるのだからしょうがない。地元の仲間が集まって還暦を祝ってくれた。記念に何が欲しいと聞かれたので、迷わずチョコレートと答えた。それも普段買えないような高ーイのがイイというリクエストに応えて、GODIVAのグランプラスを頂いた。なんたって2段重ねだぜ。

 

 昔、贈り物に使ったことはあるが、自分のためには買ったことがない。デパートの売り場でも横目で眺めながら素通りするほど、私にとっては超高級品。そんな高価な贈り物を頂いて家に帰ってきたが、包装紙を見るなり家内の目がキラッと光ったのを見逃さなかった。確実に狙われているようだ。明日あさってと上京するのだが、帰宅したときどれだけ残っているのか心配だ。

ダイドードリンコの思惑

 先日見つけた「仮面サイダー」。ダイドードリンコの復刻シリーズというものらしい。企業のサイトで確認したところ「ウルトラコーラ」「ウルトラ大怪獣レモネード」の3種類があり、それぞれに9パターンのデザインがある。

 まさに大人の子供心をそそるような企画。全部揃えてみたいと思うが、一箱24缶入りのセットには、「1ケースに全デザインが入っていることはお約束できません。予めご了承ください」と書いてある。ということは全種類を揃えるには何箱買わなければならないのだろう。

 「そんな企業の思惑にはダマされないぞ」と買う気にはならないが、「ショッカー」にだけは、なぜか惹かれてしまう。

第二の人生を踏み出す日に

 昭和25年、五黄の虎として生まれた私は、バレンタインデーに60回目の誕生日を迎え、第二の人生を出発することになった。特に深い感慨もなく、自分が60代になった実感がわかない。それでも世間からみると正真正銘のジジイになってしまったらしい。

 今日の日を祝い、息子がフレンチをご馳走してくれた。日頃縁のない高級店でのひとときは夢のように過ぎ、本物の味を堪能した。ところが、締めくくりのデザートを口にした瞬間、あまりの旨さにそれまでに食べていた全ての味が記憶から消えてしまった。人を感動させる仕事に羨ましさを感じ「こうありたいものだ」と自分を戒めて帰ってきた。

 帰り道、息子に導かれるままヨ○バ○カメラに寄り、時計をプレゼントされた。というのも私が身につけている腕時計は、自分が高校3年生の時、お年玉を貯めて買った「セイコースポーツ5」。当時8500円だったが、一度壊れて修理に1万3千円もかかった代物。今から42年も前の時計を気に入って大事に使っていたのだが、あまりにもみすぼらしく思ったのか、ソーラー電波時計の高級品を買ってくれた。

 

 これからは、自動巻のように揺らすことも時刻を合わせる必要もなくなった。というより息子に贈り物をされたという事実が、なによりも息子の成長を実感し、自分の役割も半ば終えたんだなあという想いに嬉しさと幸せを味わった。

 そんな素敵な一日を札幌で過ごし、帰宅途中、高速道路のサービスエリアで面白いモノを見つけた。もちろん、食に満足している今日の私は、見るだけで買いはしなかったが、第二の人生を踏み出し大人になったというのに、なんとなくソソられる。

真冬の野花南山荘

 野花南山荘は、冬期間閉鎖である。というのも山奥まで除雪車が入らないからだ。途中の農道まではクルマで行けるが、その先は雪をかいて歩かなければならない。

 それでも久々の休日に娘達を思いっきり走らせようと連れて行ったが、案の定、雪が深く途中でクルマを置いて1キロほど歩いた。雪面に残るのはキツネの足跡だけ。誰かがスキーで歩いた跡も残っていた。自然の中でのクロスカントリーには最適の場所だ。

 

 山荘の入り口までなんとか歩いたが、その先を行くのは自殺行為。

 

 遭難するのはイヤなので、秋に手入れをした林からの進入を試みたが、膝まで埋まる雪の深さに退散。体重20キロほどの娘達には、雪の多さは関係ないらしい。アチコチ元気に走り回リ雪まみれになって帰ってきた。

 

健康的な生活

 最近は、健康的な生活を送っている。少し前には夜中の2時3時まで起きてダラダラしていたが、ここんところ12時前にはベッドに入る。なによりも朝は通勤のため10分は歩き、昼は昼食のため徒歩で往復。その上、新しい職場は全面禁煙なので、日中ほとんどタバコを吸わずにいる。いっそのことヤメたらと言われるが、ガマンしたあとの一服が旨いので、そういう訳にもいかない。

 「こんなに旨いモノが身体に悪いわけがない」と言いつつ、タバコを吸い、酒を飲み、甘いものを喰う。結局、健康的になったのは睡眠時間だけのようだ。

いち花歯科は花盛り

 いよいよ、本日オープン。今までは、自宅の玄関を出て階段を下りると1階が仕事場。通勤に要する時間は数十秒なので、白衣のまま通勤していた。これからは、歩くと10分程の距離。雪が多くクルマでと思ったが、健康のために初出勤は徒歩。30数年ぶりに「職場へ通う」という新鮮な気分を味わった。

 土日の引っ越し片付けで、仕事ができるだけのスペースは確保したが、院長室・スタッフルームは物置状態。落ち着くには、まだしばらく掛かりそうだ。というか、息子が院長で私は勤務医。ということは私は、これからどちらの部屋に居たらいいのかしら。

 オープンを祝って頂き、沢山の豪華なお花が届いた。こんなにも沢山のお花に囲まれたのは生まれて初めてのこと。アッチに飾りコッチに飾り、収まりきらずキッズスペースに並べてみた。なんという豪華な雰囲気だろう。まるで、お花屋さんか温室にいるみたい。

 多くの人に支えられ、これからも頑張ろうという気運が盛り上がってくる。世界に一つだけの花という意味で「いちか」と名付けたらしいが、「一か八か」の「いちか」にならぬよう願うばかりです。オープンにあたり、支えて下さった多くの方々に感謝です。


 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja