引っ越し前

 周りにナンにもない1400坪の空き地にポツンと建つまん丸い外観。



 アプローチには、階段とスロープ。



 受付内部は一段低くなっている。



 3つあるトイレの一つ、婦人用。



 診療室内部。



 ユニットは5台。



 まだ片付いていない消毒コーナー。

感傷に浸って

 あと1日半働くと、住み慣れた診療所ともお別れです。先代から私に代が変わるとき、私の思いのままに建て直してから30年間。雨の日も風の日も景気のイイときも悪いときも、ずーっとここで頑張ってきました。予約制でない時代は、一日百人なんてこともザラで先代と私と弟で目の回るように仕事に追われていたことも。

 私一人になってからも、一日70人くらいの患者さんを診て自分の城を守ってきました。今から思うと隔世の感があり、自分の年とともに患者さんも高齢化し減少し、今でこそちょうどよい診療システムに落ち着いた頃、息子が自分の思いのままに自分の城を建て、これから守っていきます。

 こうして時代は流れ、親から子へと受け継がれていくのが自然の摂理なのでしょう。私は人生の下り坂を歩んでいくことになりますが、寂しさはありません。肩の荷が下りた気楽さといえば隠居じみていますが、どこかフッと気が抜けた安寧な気分を楽しんでいます。

 とはいえ、まだまだオマケで働かなければならず、感傷に浸る暇はなさそうです。この週末は引っ越しに追いまくられ新しい環境に慣れるための訓練もしなければならず、ただただ息子の言われるままについて行くだけです。

 そうは言っても、この病院での最後の患者さんを見終わったとき、どんな想いが私の胸によぎるのだろう。

書き初め

 クリスマス以来の更新です。新年明けましておめでとうございます。昨年中はご愛読頂きありがとうございました。今年もヨロシクということで書き初めです。

 12月の半ばから掛かりっきりだった新しい職場のホームページづくり。凝り始めるとハマってしまう私なので、年末年始は「喰っちゃ寝。喰っちゃ寝。それ以外はパソコンの前。たまに雪かき」という生活を過ごしていた。おかげでブログの更新もままならず、ご無沙汰でした。

 なんとかカタチになってきたが、一つ仕上げては気に入らず。別の雰囲気に作り直しては気にいらずをを繰り返し、5種類も創ってしまった。仕上げたものを息子に見せたら結局、一番最初のヤツがイイということになり、今までの苦労はナンだった状態。

 ま、こんなことばかりに拘わってはいられないので、この辺で妥協しようと思うが、いよいよ今年も雑務に時間をとられ始め、創作活動をアキラメざるを得ないというのが正直なところ。まだ細部の修正が必要なのでアップしてないが、アドレスは、http://ichika.me/ 近日オープン予定。

 最初のパターンがこれ。すべてのページが色違いで楽しい雰囲気。



 次に仕上げたのが、黒を基調にした大人の雰囲気。



 その後、無機質な清潔感を表現してみたりして・・・



 もちろん、中身もすべて仕上げているのでウチで不用になったモノを引き取ってもらえませんかねぇ。ウェブ制作発注お待ちしています。

 期待されたほど政権交代下での景気も上向きにならず、二番底も見え始めた中で新しい職場づくりに冒険をしてしまった年の初め。まだドン底になる前にやれてヨカッタと思えるように頑張りたいなと一年の計をたてました。いろんな意味で今年もご愛顧のほどヨロシクお願いいたします。といいながら、今夜を含めて札幌三連チャン。今年も仕事に腰を落ち着けられそうにありません。


 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja