やっぱり私は田舎モン

 今年の忘年会は「神楽坂幸本」だというので、どんなところかとネットで調べてみた。うーん、雰囲気あるなあ。これぞ「離れで1億円」という臭いがする。なんたって今年の4月に期待を裏切られた田舎モンの私としては、今度こそはと想いがつのるばかり。ついにホンマモンの神楽坂の料亭やで。

 ホームページによると(料亭にホームページなんてのは似つかわしくないような気もするが)、女将もさることながら仲居さんもなかなかの美人。外観も路地に佇む門構えに見越しの松。そのうえ芸者さんも呼べるらしい。ウソかホントか総務省HPの政治資金収支報告書には麻生さんが一晩で176万円も使ったというお店らしい。これは、かなり期待度大だ。

 ホントなら、個室でシッポリとやりたいところだが、なんといっても大人数なので迷路のような廊下を渡り大広間に通された。部屋は新しく小綺麗で内緒で1億円をやりとりするには明るすぎる。期待した芸者さんは一人もおらず、期待した料理はそれなりに美味しかったが口の肥えた?私としてはフツー。札幌で口にすると1万円くらい、私の田舎では5千円くらいの宴会料理。

 というより、昼間にオモシロクナイことがあった私としては、ぐいぐい酒が進み呑んだくれるばかり。ビールに始まり焼酎、日本酒といつになく浴びるほど呑み続けているのだが、酔いがこない悪い酒。こんな気分では、せっかくの神楽坂の料亭も期待ほどではなかったなあ。

 総勢30名ほどは居ただろうか。一人3万円の料理らしく呑んだお酒の量もわからないが、まさか飲み放題ではないと思うので一人4万円くらい?そうすると一晩で120万。別に麻生さんの176万円も驚くにあたらないということがわかった。それだけでも勉強になった。

 そのあと銀座に流れ、胸元を大きく開けたサンタさんの衣装でムンムンのお店で憂さを晴らし機嫌よく帰ってきた。やはり東京の高級店の良さが理解できないのは、私がホンマモンの田舎モンだということ。

投稿の新しい順

  • 幻の薄焼き玉子の春巻き

     あれは現実だったのか、幻だったのかと疑うほど遠い昔の想い出。50年以上も前の学生の頃。東京か名古屋か京都か場所は定かでないが、一人で入った街の小さな中華料理店。入り口を入ってすぐ左手の席。道路に面し...

  • お爺さんは山へ薪を拾いに

     間伐作業の切り落としを拾いに山に入った。ホンダの運搬車で山に分け入り切り落とし材を積んでは長い坂道を降りてくる。キャタピラーが付いてるとはいえ、ヌカるんだ凸凹道に車体が傾き倒れそうになる。何よりも間伐材の根元を切り落とした部分、太くて重い。運搬車や軽トラへの積み下ろしは重労働。重量挙げの選手になったみたい...

  • 林齢60年のカラマツ間伐

     林齢60年のカラマツを間伐。日曜のせいか作業している様子はなく、重機と切り出された間伐材が積んであるだけ。作業道に沿って登っていくと、長さを切りそろえるためにカットされたのか薪にちょうどいい長さの玉がたくさん転がっている...

  • 改めて食育の大切さを知る

     ご飯にナニかを乗せて食べるのが嫌い。ご飯とオカズは別々に食べたい。ご飯はご飯、オカズはオカズ。例えば納豆。納豆は好きだが、ご飯と納豆は別に盛って食べる。ちなみに好きな納豆の薬味は、オカカと刻みネギ。...

  • アスカソ・エスプレッソ

     酸味のあるコーヒーが苦手。のはずが最近、劇的に嗜好が変化してきた。コンビニのカフェラテに慣らされた味覚は、モカエキスプレス(直火式エスプレッソ)で濃く淹れたコーヒーにミルクと砂糖という甘苦い味に満足...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja