鹿、喰うべからず

 ほとんど毎週末、笹を刈って過ごしているが刈る作業は楽しい。一心不乱に草刈り機を振り回していると世間の煩わしさや迷いごとから解放され無心になれる。ただ、刈ることよりも大変なのが寄せて集めて捨てること。こんな大きな袋に詰め込んで力まかせに引っ張っていき1カ所に捨てる。これがなかなか重労働。引っ張りながら、ときどき思う「オレはバンバの馬か?」。はじめは一輪車でこまめに運んでいたが、それよりこちらの方が大量に運べるので効率的。いわゆるアレだ。エントロピーの法則という奴。結局、要するエネルギーは一緒。回数が少ない分、いっぺんに疲れがたまる。今日もアチコチ身体が痛い。



 満開になった姫リンゴの花が散り始め、樹の下にある蕗の葉は雪が積もったように見える。



 姫リンゴの花が終わると、エゾノコリンゴの蕾が開き始める。この実は小さく堅くて食べられない。野花南には相当な数の本数があり、これから白い花が盛りの季節。まるでリンゴ園に居るような感覚になる。



 グミの花も満開。秋には甘酸っぱい実をつける。グミの樹も沢山あり、秋には大量の実が採れる。グミの実は熊も大好物。季節になると熊が出没し、樹を揺する姿が目撃され猟友会が出動したこともある。



 樹が古くなったせいか、今年は恵山ツツジの花付きが悪い。大幅に剪定しなければならない。先を考えて余分なものを切り捨てる。スクラップアンドビルト。どんなことにも大切なようだ・・・



 鹿に踏み荒らされたジャガイモ畑だが、芽が出始めた。喰うなよ!鹿。大事な自給自足の糧なんだから



 桜桃(サクランボ)の苗を定植。大石早生・高砂・水門・佐藤錦の4種類。丈夫に育ってほしいところだが、鹿の被害が心配だ。来年、花が咲いたらミツバチの出番。タノミますよ。ハッチにマーヤ・・・

大石早生 高砂

水門 佐藤錦

投稿の新しい順

  • 平面バッフルの紆余曲折

     松下製16cmフルレンジ用に製作した平面バッフルだが、コーラル8A-70のグラマラスなマグネットに魅了され、「よっぽどイイ音で鳴るんだべなあ」と、バッフルの穴径を20cm用に拡げて取り付けた。ところ...

  • 木製オセロを自作する

     今から30年以上前、仕事も遊びも半端なく忙しかった頃。何かに追われるように日々を過ごし、自分のための自分だけの時間というものに飢えていた。そんなとき没頭したのが「大人のオモチャづくり」。深夜、帰宅し...

  • 山荘に響く鹿撃つ銃声

     例年になく遅い積雪だが、山荘も本格的な冬景色。そろそろ軽トラでの乗り入れができなくなる。大喜びのララは駆け回っているが、ときどき耳をツンザクような銃声にビックリ。山荘裏の国有林で猟友会が鹿を撃って...

  • Imad Fares - Pharaon

     盗賊たちに「鬼の平蔵」と恐れられていた江戸幕府の火付盗賊改方長官長谷川平蔵。中村吉右衛門が主演の「鬼平犯科帳」のエンディングでは毎回、江戸の季節を背景にジプシー・キングスの「インスピレイション」と...

  • 大根干し便利技ゴムホース

     いつもなら2週間ほどで干し上がる大根だが、今年は長引いている。8割ほどはOKだが、硬くて曲がらないのもある。大根の質かもしれないが、このままでは漬けるには早すぎるので、とりあえず干し方を変えて様子...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja