鹿、喰うべからず

 ほとんど毎週末、笹を刈って過ごしているが刈る作業は楽しい。一心不乱に草刈り機を振り回していると世間の煩わしさや迷いごとから解放され無心になれる。ただ、刈ることよりも大変なのが寄せて集めて捨てること。こんな大きな袋に詰め込んで力まかせに引っ張っていき1カ所に捨てる。これがなかなか重労働。引っ張りながら、ときどき思う「オレはバンバの馬か?」。はじめは一輪車でこまめに運んでいたが、それよりこちらの方が大量に運べるので効率的。いわゆるアレだ。エントロピーの法則という奴。結局、要するエネルギーは一緒。回数が少ない分、いっぺんに疲れがたまる。今日もアチコチ身体が痛い。

 満開になった姫リンゴの花が散り始め、樹の下にある蕗の葉は雪が積もったように見える。

 姫リンゴの花が終わると、エゾノコリンゴの蕾が開き始める。この実は小さく堅くて食べられない。野花南には相当な数の本数があり、これから白い花が盛りの季節。まるでリンゴ園に居るような感覚になる。

 グミの花も満開。秋には甘酸っぱい実をつける。グミの樹も沢山あり、秋には大量の実が採れる。グミの実は熊も大好物。季節になると熊が出没し、樹を揺する姿が目撃され猟友会が出動したこともある。

 樹が古くなったせいか、今年は恵山ツツジの花付きが悪い。大幅に剪定しなければならない。先を考えて余分なものを切り捨てる。スクラップアンドビルト。どんなことにも大切なようだ・・・

 鹿に踏み荒らされたジャガイモ畑だが、芽が出始めた。喰うなよ!鹿。大事な自給自足の糧なんだから

 桜桃(サクランボ)の苗を定植。大石早生・高砂・水門・佐藤錦の4種類。丈夫に育ってほしいところだが、鹿の被害が心配だ。来年、花が咲いたらミツバチの出番。タノミますよ。ハッチにマーヤ・・・

大石早生 高砂

水門 佐藤錦

投稿の新しい順

  • 幻の薄焼き玉子の春巻き

     あれは現実だったのか、幻だったのかと疑うほど遠い昔の想い出。50年以上も前の学生の頃。東京か名古屋か京都か場所は定かでないが、一人で入った街の小さな中華料理店。入り口を入ってすぐ左手の席。道路に面し...

  • お爺さんは山へ薪を拾いに

     間伐作業の切り落としを拾いに山に入った。ホンダの運搬車で山に分け入り切り落とし材を積んでは長い坂道を降りてくる。キャタピラーが付いてるとはいえ、ヌカるんだ凸凹道に車体が傾き倒れそうになる。何よりも間伐材の根元を切り落とした部分、太くて重い。運搬車や軽トラへの積み下ろしは重労働。重量挙げの選手になったみたい...

  • 林齢60年のカラマツ間伐

     林齢60年のカラマツを間伐。日曜のせいか作業している様子はなく、重機と切り出された間伐材が積んであるだけ。作業道に沿って登っていくと、長さを切りそろえるためにカットされたのか薪にちょうどいい長さの玉がたくさん転がっている...

  • 改めて食育の大切さを知る

     ご飯にナニかを乗せて食べるのが嫌い。ご飯とオカズは別々に食べたい。ご飯はご飯、オカズはオカズ。例えば納豆。納豆は好きだが、ご飯と納豆は別に盛って食べる。ちなみに好きな納豆の薬味は、オカカと刻みネギ。...

  • アスカソ・エスプレッソ

     酸味のあるコーヒーが苦手。のはずが最近、劇的に嗜好が変化してきた。コンビニのカフェラテに慣らされた味覚は、モカエキスプレス(直火式エスプレッソ)で濃く淹れたコーヒーにミルクと砂糖という甘苦い味に満足...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja