鹿、入るべからず

 野花南山荘では、姫リンゴの花が満開。蕾はピンクだが真っ白な花が咲く。秋には小粒の実が大量になる。いちおう野趣あふれるリンゴの味と表現してみるが、酸っぱくて渋く旨くない。ジャムや果実酒にするとイイのだろうがやってみたことはない。花言葉は誘惑。「ユーワク」。エエ響きやなあ。誰かイイオンナに誘惑されてみたい・・・

 小雨の中、2番池と3番池の周りを笹刈りした。ここにサクランボを植える予定で苗木を用意してある。どうせ鹿に芽を摘まれるのはわかっているが、何本かのうち1本でも大きく育って実をつけてほしいもの。

 雨なので、いつものツナギの作業服ではなく完全防水の上下を着た。笹を刈りながら後ろ向きに進んでいたら、左足から池に落ちてしまった。完全防水のつもりが長靴の中までグッショグショ。落ちた瞬間「アブナイ!」と思い、草刈り機のスイッチを止めたのはイイが、とっさに頭をよぎったのは「早く上がらないとワニがくる」。こんな所にワニなんか居るはずもないのに、パニックに陥ると人間は何を考えるのかわからんもんだ。池から這い上がって可笑しくなり一人苦笑い。

 

 長靴の中まで水浸しで作業続行不能となり、帰り始めたところで不思議なキノコを発見。カメラに納めた。胸ポケットに入れていたカメラは水には浸からず不幸中の幸い。家に帰り「キノコ図鑑」で調べたが特定できず、たぶんクロサルノコシカケらしい。図鑑によると煎じても苦いだけで効果はないとのこと。それにしても不気味な様相・・・

 帰り際、ジャガイモ畑をのぞくと何やら動物の足跡が。近づいて確認すると畑に鹿が入ったらしい。いくつか種芋を掘ってみると無事のようだが・・・。やはり「鹿、入るべからず」の看板を立てときゃよかったなあ。でもウチの鹿は字が読めないしなあ・・・

投稿の新しい順

  • 愛犬ララのパピー時代

     アイディアが停滞気味。十二支の犬が、なかなか決まらない。そこで、我が家の愛犬ララをモデルに。14歳の老犬ボーダーコリー。最近、足腰が弱くなり自力で階段を上がることも難しいほど。やはり元気ハツラツなほ...

  • 毎日が試行錯誤の連続

     3回目のワクチン接種が終わり、大きな副反応もなくとりあえず一安心。もともと出歩く方ではないので、まん防対象地域になっても影響なく暮らしている。  午後からは工房にこもって、ベニヤ板を切ったり張ったり...

  • シンプル=必要最小限?

       孫の作品に触発され、いかに無駄を省きシンプルに表現できるかイメージを膨らませている。結局、ネズミの最終形はこうなったが、牛はまだ煮詰めている段階。十二支の最初の二つでつまづいているので、いつにな...

  • 孫の自由な発想に脱帽

     ベニヤをカットすると、当然のことだが切れ端が出る。小さくても形あるものは、いつか何かの役に立つだろうと捨てずに取ってある。四角や三角、大きいモノや小さいモノ。  孫を子守で預かった日、干支を作って欲...

  • ベニヤ・クラフト

     きっかけは、「ゴム鉄砲の的(マト)ゾンビ」から始まったベニヤクラフト。今では的としての機能は二の次で、いかにベニヤの断面模様を作品に生かせるかが課題になっている。アイディアを練りデッサンしてベニヤを...


  |  全記事一覧

  ラジオ録音盤

  すべての記事概要

  リンク

CLUB ZENA

Powered by Movable Type 5.14-ja

  SSL証明書



  |  全記事一覧