最後に愛は勝つ

 盃よりグイ呑みが好きだ。長い間にたくさん集まった。普段使いにいくつか飾ってあり、そのときの気分で選んで使うのだが、しまい込んだものは、いつまでも陽の目を見ることがない。



 磁器より陶器が好きだ。無骨な肌触り、脆さ、暖かさ、口当たり、なにより素朴な美しさを感じる。気に入るといつまでも使い続ける。使い込めば使うほど愛着がわいてくるがカタチあるものだから、いつかは割れる。そのときは、これも寿命といさぎよく諦める。

 しかし、どうしても諦めきれないものもあり、多少の傷なら修復してでも使いたい。長く使っていた湯呑みの呑み口がが欠けた。全体的にはどうということもないが、どうにも口当りが悪い。そこで、得意の技工で修復した。金蝋で欠けた部分を溶着し研磨して出来上がり。こうしてみると、素人仕事ながらなかなか味わい深いものがあり、この状態で20年は使っている。

 

 一度、粉引きの湯呑みが欠けたときコンポジットレジンで修復してみた。テクニック的には簡単だったし仕上がりもそれなりに良かったが、しばらくすると変色して見栄えが悪くなった。やはり、金のほうが味わいが長続きするようだ。

 こうしてみると、私はモノに対する愛着心が強いようだ。人に対してはどうだろう。特に女性に関しては、「しつこい」と言われるくらい執着するらしい・・・

 「往生際が悪い、負けぎわが汚い」要は諦めない。だから、必ず最後に愛は勝つぅ♪ なんてね。

投稿の新しい順

  • 平面バッフルの紆余曲折

     松下製16cmフルレンジ用に製作した平面バッフルだが、コーラル8A-70のグラマラスなマグネットに魅了され、「よっぽどイイ音で鳴るんだべなあ」と、バッフルの穴径を20cm用に拡げて取り付けた。ところ...

  • 木製オセロを自作する

     今から30年以上前、仕事も遊びも半端なく忙しかった頃。何かに追われるように日々を過ごし、自分のための自分だけの時間というものに飢えていた。そんなとき没頭したのが「大人のオモチャづくり」。深夜、帰宅し...

  • 山荘に響く鹿撃つ銃声

     例年になく遅い積雪だが、山荘も本格的な冬景色。そろそろ軽トラでの乗り入れができなくなる。大喜びのララは駆け回っているが、ときどき耳をツンザクような銃声にビックリ。山荘裏の国有林で猟友会が鹿を撃って...

  • Imad Fares - Pharaon

     盗賊たちに「鬼の平蔵」と恐れられていた江戸幕府の火付盗賊改方長官長谷川平蔵。中村吉右衛門が主演の「鬼平犯科帳」のエンディングでは毎回、江戸の季節を背景にジプシー・キングスの「インスピレイション」と...

  • 大根干し便利技ゴムホース

     いつもなら2週間ほどで干し上がる大根だが、今年は長引いている。8割ほどはOKだが、硬くて曲がらないのもある。大根の質かもしれないが、このままでは漬けるには早すぎるので、とりあえず干し方を変えて様子...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja