欲ふかき私は悪ろき者

よき友、三つあり
一つには、物くるる人
二つには、くすし(医師)
三つには、知恵ある友
(徒然草第百十七段)

 兼好法師が言うように、鎌倉の世から「物をくれる人はイイ人」なんです。

 よくわかりません。定額給付金が話題になっていますが、くれるというのだから貰えばいいのにと思うのだが、世間ではこの制度に批判的な人々の声がマスメディアから流れてくる。そんなに文句を言うなら貰わなきゃいいのに、文句を言っても結局は貰うんじゃないの?と思えてしまう。経済効果があるとかないとか、わかったような口を聞く人もいるけど「貰ったらどこかでいつか必ず使うんだろ」。貯蓄にまわすという人だって、一生貯金しているわけじゃないだろうし、どうせ「消費税が上がる前にあれもこれも買ってしまおう」っていう時には使っちまおうってことになるんじゃないかしら。

 まっ、世間には莫大な資産があって「はした金」なんて必要ないという人もいるだろうけど、ほとんどの人は貰えば嬉しいに決まってると思うんだけどな。でも、徒然草第百十七段の前段には、

友とするにわろき者、七つあり
一つには、高くやん事なき人
二つには、若き人
三つには、病なく身強き人
四つには、酒を好む人
五つには、たけく勇める兵(つわもの)
六つには、虚言する人
七つには、欲ふかき人

 とあるから、欲ふかき私は悪い人なのかも。

投稿の新しい順

  • おいこら鹿、シカられるぞ

     目の前の田んぼにエゾシカの姿。えー、それってマズイじゃん。「おーいこら、シカられるぞ!早く出れや」。ウチの山の周りには、延々と防獣電気柵が張り巡らされているというのに。こんなに自由に鹿が行き来できるのなら、いったい何のための電気柵なのさ。

  • 京ブキと秋田ブキの比較

     京ブキは根本が紅く、秋田ブキは紅くない。見た目で違いはわかるが、同じ太さのものを並べアップで比べてみると一目瞭然。茎の表面がツルッとしているのが京ブキ、毛羽だって筋が走っているのが秋田ブキ。

  • カエルが鳴くと雨が降る

     北海道のカエルは、エゾアカガエルとニホンアマガエルの2種。繁殖期、夜の田んぼにカエルの大合唱がこだまするのは、オスがメスに自分をアピールするため。カエルは一般的に繁殖期の夜にしか鳴かないが、ニホンアマガエルは「雨蛙」の名のごとく雨が降りそうになると繁殖に関係なく昼でも鳴く。「雨鳴き(あまなき)」「レインコール」という。

  • 哀愁のキタキツネ

     気温23度。日陰にいると涼しい風が渡り過ごしやすいが、陽に晒されて山仕事をしていると汗が吹き出してくる。木を伐り倒し、枝を払い玉切りにして運び出す。払った枝を一箇所に集め片付ける。単純な作業だが、結...

  • トドマツノキバチ

     キバチは産卵管を使って木の内部に産卵し、孵化した幼虫は木の内部をエサにして育つ。キバチ科は針葉樹をエサにする「キバチ亜科」と、広葉樹をエサにする「ヒラアシキバチ亜科」に分類される。複眼と複眼の間が黒くなっているのはトドマツノキバチ。



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja