日本三大ブス地帯

 「日本海飛び飛び伝説」というのがあるそうだ。日本海側は「秋田美人」「越後美人」「加賀美人」「京美人」、ちょっと飛んで「出雲美人」「博多美人」というように一県ずつ飛び飛びに美人の県があるという。つまり、この伝説を裏返すと山形、富山、福井、兵庫、鳥取、山口には美人がいないということ。

 一方で「日本三大ブス地帯」というのもある。よく言われるのが、仙台・水戸・名古屋である。宮城県・茨城県・愛知県といわず都市名で言うところに曖昧な信憑性を感じてしまう。<

 私の経験からすると、ある地方都市でタクシーに乗り、車窓から眺めていたが本当に街を歩く女性には美人が見当たらないというところがあった。今でも強く印象に残っている。何処とは言わないが「○オ○ヤ○」。まっ、こればかりは主観の問題だから。

 このような悪評が流された原因は、仙台・水戸・名古屋は、江戸幕府の潜在的敵対勢力の藩だったせいらしい。

 地域間格差が叫ばれている現在、すべての地域が平均化されることが良いことだと思われているが、果たしてそうなのだろうか。それぞれの地域ごとに特色があってこそ独自性を主張できるというものではないだろうか。実際には地域によって美人が多かったり、ブスばかりという訳である筈はなく、絶対多数のブスに囲まれているからこその美人であって、比較の問題なんじゃないの。しょせん美人の定義だって時代によって変わりゆくものだし。

 昔あこがれていた美少女でさえ、40年も経って同窓会で再会すれば「どこのオバサン?」っていうことだってあるもんな。まっ、そういう私自身も「どこのオジサン?」になっているんですが。(オトコは顔じゃねぇよ)

 だからいいの、三大ブス地帯に住むアナタ、美は永遠の価値ではないんだから。

 ところで、札幌は「日本海飛び飛び伝説」にも「日本三大ブス地帯」にも名前が出てこないけど、どうなのよ。

投稿の新しい順

  • 幻の薄焼き玉子の春巻き

     あれは現実だったのか、幻だったのかと疑うほど遠い昔の想い出。50年以上も前の学生の頃。東京か名古屋か京都か場所は定かでないが、一人で入った街の小さな中華料理店。入り口を入ってすぐ左手の席。道路に面し...

  • お爺さんは山へ薪を拾いに

     間伐作業の切り落としを拾いに山に入った。ホンダの運搬車で山に分け入り切り落とし材を積んでは長い坂道を降りてくる。キャタピラーが付いてるとはいえ、ヌカるんだ凸凹道に車体が傾き倒れそうになる。何よりも間伐材の根元を切り落とした部分、太くて重い。運搬車や軽トラへの積み下ろしは重労働。重量挙げの選手になったみたい...

  • 林齢60年のカラマツ間伐

     林齢60年のカラマツを間伐。日曜のせいか作業している様子はなく、重機と切り出された間伐材が積んであるだけ。作業道に沿って登っていくと、長さを切りそろえるためにカットされたのか薪にちょうどいい長さの玉がたくさん転がっている...

  • 改めて食育の大切さを知る

     ご飯にナニかを乗せて食べるのが嫌い。ご飯とオカズは別々に食べたい。ご飯はご飯、オカズはオカズ。例えば納豆。納豆は好きだが、ご飯と納豆は別に盛って食べる。ちなみに好きな納豆の薬味は、オカカと刻みネギ。...

  • アスカソ・エスプレッソ

     酸味のあるコーヒーが苦手。のはずが最近、劇的に嗜好が変化してきた。コンビニのカフェラテに慣らされた味覚は、モカエキスプレス(直火式エスプレッソ)で濃く淹れたコーヒーにミルクと砂糖という甘苦い味に満足...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja