安定した暮らし

 はたらけど はたらけど猶わが生活(くらし)楽にならざり ぢっと手を見る

 石川啄木の「一握の砂」の中の短歌です。現代でいえば、ワーキングプア。一生懸命働いても低賃金で生活保護以下の生活すらままならない人たちは650万世帯も数えるそうです。聖域なき規制緩和の名の下に格差社会が広がり、経済アナリストたちは色々と意見を云うけれど有効な手段もなく絵に描いた餅ばかり。「痛みに耐える」というのは、富める者はより多くの富を得て、貧しき者はますます貧しくなるという意味なんでしょうか。

 博報堂生活総合研究所は今年、首都圏・阪神圏で生活者意識調査を実施しました。「欲しいものを3つ選ぶ質問」では、1位「お金」、2位「健康」、3位「安定した暮らし」。これからの日本は低成長社会。そうであれば、誰でもが安定した生活を願うのは当たり前のことなのかもしれません。650万世帯の中には、どれだけの歯科医師がいるのでしょうか。

 私の場合、贅沢は言いません。欲しいもの3つは「次期参院選で勝てる候補」「患者」「ブログのネタ」かな。いや、やっぱり「1等賞の宝くじ」「1等賞のロト6」「年賀はがきのお年玉1等賞」だな。

投稿の新しい順

  • 愛犬ララのパピー時代

     アイディアが停滞気味。十二支の犬が、なかなか決まらない。そこで、我が家の愛犬ララをモデルに。14歳の老犬ボーダーコリー。最近、足腰が弱くなり自力で階段を上がることも難しいほど。やはり元気ハツラツなほ...

  • 毎日が試行錯誤の連続

     3回目のワクチン接種が終わり、大きな副反応もなくとりあえず一安心。もともと出歩く方ではないので、まん防対象地域になっても影響なく暮らしている。  午後からは工房にこもって、ベニヤ板を切ったり張ったり...

  • シンプル=必要最小限?

       孫の作品に触発され、いかに無駄を省きシンプルに表現できるかイメージを膨らませている。結局、ネズミの最終形はこうなったが、牛はまだ煮詰めている段階。十二支の最初の二つでつまづいているので、いつにな...

  • 孫の自由な発想に脱帽

     ベニヤをカットすると、当然のことだが切れ端が出る。小さくても形あるものは、いつか何かの役に立つだろうと捨てずに取ってある。四角や三角、大きいモノや小さいモノ。  孫を子守で預かった日、干支を作って欲...

  • ベニヤ・クラフト

     きっかけは、「ゴム鉄砲の的(マト)ゾンビ」から始まったベニヤクラフト。今では的としての機能は二の次で、いかにベニヤの断面模様を作品に生かせるかが課題になっている。アイディアを練りデッサンしてベニヤを...


  |  全記事一覧

  ラジオ録音盤

  すべての記事概要

  リンク

CLUB ZENA

Powered by Movable Type 5.14-ja

  SSL証明書



  |  全記事一覧