おいこら鹿、シカられるぞ

 小雨に煙る昼下がり、今日も木こりに出かけた。多少の雨は暑さを和らげ涼しく作業がはかどる。高さ20メートルはあるトドマツを伐り倒すのだが、最近やっとチェンソーワークに慣れてきて思い通りの方向に倒すことができるようになった。伐倒方向を定め、受け口を調整し反対側から追い口を入れると地響きを立てて巨木が倒れる。まさに圧巻。寸分違わず狙い通りにいけば、まさに快感。

 伐倒後、太い枝はチェンソーで切り落とし細い枝は鉈で払い落す。払った枝を片付けてから、丸太を35センチで玉に切る。エンジン運搬機で何度も運んで軽トラに積みこむと一段落。

 ポツポツ降ったりやんだり、ずぶ濡れにならず作業を終えるころ陽が差してきた。雨上がりの日差しは空気が澄み切っているせいか、木々が輝き美しく見える。

雨上がりの日差し

田んぼの中のエゾシカ 帰り支度を済ませ山荘出口に向かうと、目の前の田んぼにエゾシカの姿。えー、それってマズイじゃん。「おーいこら、シカられるぞ!早く出れや」。ウチの山の周りには、延々と防獣電気柵が張り巡らされているというのに。カメラを向けていると、田んぼを抜け道路を横切り矢野沢林道入り口のほうへ。

 矢野沢林道に向かう道は、山荘に面しているが唯一電気柵が施設されていない一画。そこからなら鹿だろうと狐だろうと熊だろうと、キノコ泥棒やコイ泥棒でさえ誰でも自由に出入りできる。地主の私はといえば厚手の手袋で感電を恐れながら入り口の電気柵を外さなければ、クルマを乗り入れられないというのに。こんなに自由に鹿が行き来できるのなら、いったい何のための電気柵なのさ。過去に何度か誤って触れたことがある。「電気が走る痛み」なんて表現は優しすぎ、「鋭利な鈍器で思いっきりブン殴られたような痛み」にビックリして身体が固まってしまう。たぶんシカも何度か経験して学習したんだろう。秘密の通路から出入りしてもシカらないから、田んぼにだけは入らないで。そのうち撃たれたらカワイソウだべさ。

 結局、脱獄したエゾシカは山荘内に舞い戻り林の中を散策後、私に挨拶をして去っていった。

田んぼのエゾシカ 林の中のエゾシカ

投稿の新しい順

  • おいこら鹿、シカられるぞ

     目の前の田んぼにエゾシカの姿。えー、それってマズイじゃん。「おーいこら、シカられるぞ!早く出れや」。ウチの山の周りには、延々と防獣電気柵が張り巡らされているというのに。こんなに自由に鹿が行き来できるのなら、いったい何のための電気柵なのさ。

  • 京ブキと秋田ブキの比較

     京ブキは根本が紅く、秋田ブキは紅くない。見た目で違いはわかるが、同じ太さのものを並べアップで比べてみると一目瞭然。茎の表面がツルッとしているのが京ブキ、毛羽だって筋が走っているのが秋田ブキ。

  • カエルが鳴くと雨が降る

     北海道のカエルは、エゾアカガエルとニホンアマガエルの2種。繁殖期、夜の田んぼにカエルの大合唱がこだまするのは、オスがメスに自分をアピールするため。カエルは一般的に繁殖期の夜にしか鳴かないが、ニホンアマガエルは「雨蛙」の名のごとく雨が降りそうになると繁殖に関係なく昼でも鳴く。「雨鳴き(あまなき)」「レインコール」という。

  • 哀愁のキタキツネ

     気温23度。日陰にいると涼しい風が渡り過ごしやすいが、陽に晒されて山仕事をしていると汗が吹き出してくる。木を伐り倒し、枝を払い玉切りにして運び出す。払った枝を一箇所に集め片付ける。単純な作業だが、結...

  • トドマツノキバチ

     キバチは産卵管を使って木の内部に産卵し、孵化した幼虫は木の内部をエサにして育つ。キバチ科は針葉樹をエサにする「キバチ亜科」と、広葉樹をエサにする「ヒラアシキバチ亜科」に分類される。複眼と複眼の間が黒くなっているのはトドマツノキバチ。



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja