赤い蕾と白い花

 遠い昔、中学生の頃。吉永小百合が唄う「寒い朝」という曲が流行っていた。吉永小百合のデビュー曲。♪北風吹きぬくぅ 寒い朝もぉ 心ぉひとつでぇ 暖かくなるぅ♪。マヒナスターズの特徴的なバックコーラスは今でも耳に残っている。私はサユリストではないが「赤胴鈴之助」でデビューした吉永小百合の可憐な姿にトキメキ、「キューポラのある街」で不良にヤバイ薬を盛られ貞操の危機に陥るシーンには子供ながら正義感で憤りドキドキした。

 「♪寒い朝」は「赤い蕾と白い花」という日活青春映画の主題歌。浜田光夫との共演で高校3年生のクラスメート役を演じている。翌年、舟木一夫が「高校三年生」でデビュー。時代背景に高校3年生というのが青春時代の象徴のように扱われている。巣立ちゆく高校生には、進学するにしろ就職するにしろ意気揚々と明るい未来を切り開いてゆくイメージが溢れていたのだろう。高度経済成長を予感する良き時代の日本。

 蕾は赤く、咲くにつれ白くなり満開では真っ白「赤い蕾と白い花」。というのは、まるでエゾノコリンゴ。

エゾノコリンゴ紅いツボミ

ヒメリンゴの花 ヒメリンゴ白い花

投稿の新しい順

  • 晩秋の野花南山荘

     暖かな陽に包まれる晩秋は、一番好きな季節。夏に生い茂った葉が落ち遠くまで景色が見渡せる。陽の暖かさと静寂さが、季節の秋と人生の秋を重ね合わせて心穏やかになる。

  • 今年も幸せのラクヨウの味

     雨が多く平均気温15℃以下、最低気温10℃前後になるとラクヨウキノコが一斉に出始める。それ以前にも単発的に見られるが採れる量はごくわずか。  毎年、秋分の日に行う「抜歯塚供養」と「家族総出のラクヨ...

  • 恐るべしステロイドの効果

     デカい蜂に刺され緊急外来へ。45分ほどの点滴が終わるころには、心持ち腫れが引いてきたような気が。時間とともに効いたらしく就寝時には、手の甲の腫れは完全に治り刺された場所にシコリが残り触ると痛い程度。やったあ!効いたじゃん。さすがステロイド!と感心して眠ったのはいいが...

  • ポップな色のブランコ完成

     朽ちて錆びていた山荘のブランコ、錆を落とし磨いてポップなイメージに塗装した。錆びたチェーンを16mm径のクレモナSロープに交換。自己流の漁師結びで吊るしたが72キロの私が乗っても大丈夫。ロープの長さを調整するため何度も揺られていたら車酔い...

  • 孫が喜ぶブランコの色

         軽トラの荷台に脚立を乗せ、錆びたブランコの鎖を切断。充電式ディスクグラインダーの威力は素晴らしい。シャックルの錆を落としてみたら、まだまだ使用に耐える状態なので、ここにステンレスのリングキャ...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja