タマゴタケいろいろ

タマゴタケ タマゴタケには、いくつかの種類がある。幼菌時代、鮮やかな朱色の本家本元タマゴタケ、黄色のキタマゴタケ、ゆでたまごのようなシロタマゴタケ、燻製たまごのようなミヤマタマゴタケ。他にもタマゴタケモドキ、タマゴテングタケ、タマゴテングタケモドキ、ハマクサギタマゴタケ、シロタマゴテングタケ、シロタマゴテングタケモドキ、ミヤマタマゴテングタケなど種類は豊富。

 これらは、スーパーマリオブラザーズのベニテングダケ同様、テングタケの仲間であり、ほとんどが毒キノコ。唯一食べられるのがタマゴタケ。美味であり、ヨーロッパでは高級食材として扱われているという。それ以外は毒を持つが、特にタマゴテングタケ、シロタマゴテングタケはドクツルタケとともに「猛毒キノコ御三家」といわれ、キノコで死ぬ人の9割がこれらが原因。食べてから発症するまで24時間もかかるため、ほとんどの毒が体内に取り込まれてしまい1本でも致死量になる。解毒剤はない。最初に激しい嘔吐、下痢、腹痛、痙攣が起こり、一時的に回復するが、その後数日で内臓が破壊され5割の人が死亡するという。助かっても後遺症が残るらしい。

 恐るべし毒キノコ。そんな怖いキノコは珍しくない。散策していると、その辺に普通に生えている。写真は、ミヤマタマゴタケ。まるで燻製たまご。成長すると、かなり大きくなり遠くからでも目立つ凛々しい姿になる。

ミヤマタマゴタケ

ミヤマタマゴタケ ミヤマタマゴタケ

 紅葉した落ち葉や枯れ葉が少ないこの季節、土色や緑色の景色の中で派手なオレンジ色のカサはよく目立つ。本家本元タマゴタケは、今一番の目立ちたがりや。今日も何本かゲットしたが、タイミングがずれると朽ちてしまう。まさに一期一会の間柄。そんな貴重な縁で結ばれた愛しいキノコを、頂きものの最高級「カルピスバター」で炒めた。いつものバター炒めより数段旨かったなあ。

タマゴタケ タマゴタケバター炒め

投稿の新しい順

  • 幻の薄焼き玉子の春巻き

     あれは現実だったのか、幻だったのかと疑うほど遠い昔の想い出。50年以上も前の学生の頃。東京か名古屋か京都か場所は定かでないが、一人で入った街の小さな中華料理店。入り口を入ってすぐ左手の席。道路に面し...

  • お爺さんは山へ薪を拾いに

     間伐作業の切り落としを拾いに山に入った。ホンダの運搬車で山に分け入り切り落とし材を積んでは長い坂道を降りてくる。キャタピラーが付いてるとはいえ、ヌカるんだ凸凹道に車体が傾き倒れそうになる。何よりも間伐材の根元を切り落とした部分、太くて重い。運搬車や軽トラへの積み下ろしは重労働。重量挙げの選手になったみたい...

  • 林齢60年のカラマツ間伐

     林齢60年のカラマツを間伐。日曜のせいか作業している様子はなく、重機と切り出された間伐材が積んであるだけ。作業道に沿って登っていくと、長さを切りそろえるためにカットされたのか薪にちょうどいい長さの玉がたくさん転がっている...

  • 改めて食育の大切さを知る

     ご飯にナニかを乗せて食べるのが嫌い。ご飯とオカズは別々に食べたい。ご飯はご飯、オカズはオカズ。例えば納豆。納豆は好きだが、ご飯と納豆は別に盛って食べる。ちなみに好きな納豆の薬味は、オカカと刻みネギ。...

  • アスカソ・エスプレッソ

     酸味のあるコーヒーが苦手。のはずが最近、劇的に嗜好が変化してきた。コンビニのカフェラテに慣らされた味覚は、モカエキスプレス(直火式エスプレッソ)で濃く淹れたコーヒーにミルクと砂糖という甘苦い味に満足...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja