暑い夏から突然秋に

ハンマーナイフモア 草刈り後

 8月初旬、山荘にやってきたハンマーナイフモア。酷暑の盆休み以来、炎天下でも時間さえあれば笹を刈っている。行事のない土日はもとより札幌へ出向かない平日の午後は、ほとんど山荘で過ごしている。この機械の本当の実力は草を刈ることにあらず、何がスゴイって背丈ほどに生い茂る笹藪に分け入ってブルドーザーのようにバリバリ刈り進み、笹だけでなく直径2センチくらいの雑木まで粉々にしてしまうところにある。この威力のおかげで、どんどん土地が開け山荘の美林化計画は着々と進んでいる。

笹刈り後 笹刈り後

タマゴタケ お盆を1週間ほど過ぎた頃から急に気温が下がり、夜は涼しいというより肌寒く感じるようになってきた。2日間ほど雨が降ったので草刈りを中止した翌日、もしやと思い探してみると今年はじめてのラクヨウキノコをゲット。8月末に顔を出すハシリのラクヨウは、味は淡泊で濃厚さに欠けアッサリ味。それでも味噌汁を口に含むと「あー、旨い!」と自分がキノコから生まれてきたんじゃないかと思えるほど幸せな溜息をついてしまう。

 気温が下がるこの季節、雨が上がると雨後のタケノコのように秋のキノコが顔を出す。早速、タマゴタケとハナビラタケを見つけた。「幻のキノコ」「免疫キノコの王者」と言われる「ハナビラタケ」が、なんと3株も。β-グルカンがアガリクスの3~4倍もあり、末期ガンの人が食べるとガンが消えたり小さくなったりするらしい。バターで炒めたり、炊き込みご飯が我が家の定番。食べきれない分は、冷凍保存で常備している。

ハナビラタケ ハナビラタケ

 それにしても炎天下の作業で1日5リットルものポカリスェットを必要としていた猛暑のお盆休みから、まだ2週間ちょっとしか経ってないというのにエゾノコリンゴや姫リンゴが色づく秋の気配が漂い始めた。暑さから解放され作業しやすくなったのはイイのだが、アチコチに顔を出すキノコまで刈ってしまいそうで悩ましい。本格的なラクヨウシーズン到来までに作業を急がねばと精を出す今日この頃。

エゾノコリンゴ

投稿の新しい順

  • 平面バッフルの紆余曲折

     松下製16cmフルレンジ用に製作した平面バッフルだが、コーラル8A-70のグラマラスなマグネットに魅了され、「よっぽどイイ音で鳴るんだべなあ」と、バッフルの穴径を20cm用に拡げて取り付けた。ところ...

  • 木製オセロを自作する

     今から30年以上前、仕事も遊びも半端なく忙しかった頃。何かに追われるように日々を過ごし、自分のための自分だけの時間というものに飢えていた。そんなとき没頭したのが「大人のオモチャづくり」。深夜、帰宅し...

  • 山荘に響く鹿撃つ銃声

     例年になく遅い積雪だが、山荘も本格的な冬景色。そろそろ軽トラでの乗り入れができなくなる。大喜びのララは駆け回っているが、ときどき耳をツンザクような銃声にビックリ。山荘裏の国有林で猟友会が鹿を撃って...

  • Imad Fares - Pharaon

     盗賊たちに「鬼の平蔵」と恐れられていた江戸幕府の火付盗賊改方長官長谷川平蔵。中村吉右衛門が主演の「鬼平犯科帳」のエンディングでは毎回、江戸の季節を背景にジプシー・キングスの「インスピレイション」と...

  • 大根干し便利技ゴムホース

     いつもなら2週間ほどで干し上がる大根だが、今年は長引いている。8割ほどはOKだが、硬くて曲がらないのもある。大根の質かもしれないが、このままでは漬けるには早すぎるので、とりあえず干し方を変えて様子...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja