農道のポルシェ

 ついに念願の「ハンマーナイフモア」を購入。刈っても刈っても尽きることのない広大な山荘では、刈払機での作業に体力的な限界を感じてきた。特に炎天下に草刈り機を振り回していると、熱中症寸前という状態に陥ることしばし。自走式のハンマーナイフモアは、当たり前だが勝手に自走する。背の高い草や笹を刈りながら、粉々に砕いてしまうので後片付けも必要ないというスグレモノ。平地だけでなく斜面の笹も刈るため、車輪じゃなくクローラ(キャタピラ)タイプのモノにした。

 来週、モノが届くのだがトラック便で我が家に下ろされても、重さが150kgもあり自宅から野花南山荘まで運ぶ手段がないので運送会社の営業所留めにして貰った。知り合いに軽トラを借りるかレンターカーで都合をつけて山荘まで運ぼうと思ったが、これから度々移動しなければならないので結局、軽トラを買うことに。中古屋さんで見つけたのは、年式の割には走行距離が少ない掘り出し物。外見はそれなりに年代物だが、見た目はまあまあキレイ。値段も折り合いがついたので即決購入。

農道のポルシェ 「農道のポルシェ」と呼ばれるスバルサンバー。現在、スバルは軽自動車事業から撤退しているため現行のスバル軽トラはダイハツがOEM生産しているが、2012年以前はスバルの自社生産。日本で唯一のリアエンジン・リアドライブRR車サンバーを作っていた。RRといえばポルシェ911やフォルクスワーゲン・ビートルを思い浮かべるが、富士重工ではスバル360以降脈々とRR車を作り続けてきた。そんなスバルサンバーの中でも、特に農協専売車として「JAサンバートラック(営農サンバー)」が販売されていた。今回購入したのが約20年前のソレ。RRとはいえ、切り替えで4WDにもなるので冬道も安心。カタチから入る傾向にある私だが、これで晴れて農林業従事者の仲間入り。

 運ぶ手段の軽トラも用意できたし、あとはハンマーナイフモアの到着を待つばかり。さあ刈るぞぉー!

投稿の新しい順

  • 幻の薄焼き玉子の春巻き

     あれは現実だったのか、幻だったのかと疑うほど遠い昔の想い出。50年以上も前の学生の頃。東京か名古屋か京都か場所は定かでないが、一人で入った街の小さな中華料理店。入り口を入ってすぐ左手の席。道路に面し...

  • お爺さんは山へ薪を拾いに

     間伐作業の切り落としを拾いに山に入った。ホンダの運搬車で山に分け入り切り落とし材を積んでは長い坂道を降りてくる。キャタピラーが付いてるとはいえ、ヌカるんだ凸凹道に車体が傾き倒れそうになる。何よりも間伐材の根元を切り落とした部分、太くて重い。運搬車や軽トラへの積み下ろしは重労働。重量挙げの選手になったみたい...

  • 林齢60年のカラマツ間伐

     林齢60年のカラマツを間伐。日曜のせいか作業している様子はなく、重機と切り出された間伐材が積んであるだけ。作業道に沿って登っていくと、長さを切りそろえるためにカットされたのか薪にちょうどいい長さの玉がたくさん転がっている...

  • 改めて食育の大切さを知る

     ご飯にナニかを乗せて食べるのが嫌い。ご飯とオカズは別々に食べたい。ご飯はご飯、オカズはオカズ。例えば納豆。納豆は好きだが、ご飯と納豆は別に盛って食べる。ちなみに好きな納豆の薬味は、オカカと刻みネギ。...

  • アスカソ・エスプレッソ

     酸味のあるコーヒーが苦手。のはずが最近、劇的に嗜好が変化してきた。コンビニのカフェラテに慣らされた味覚は、モカエキスプレス(直火式エスプレッソ)で濃く淹れたコーヒーにミルクと砂糖という甘苦い味に満足...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja