Reptile - Eric Clapton

 ヤードバーズ、クリーム、ブラインド・フェイスと変遷を重ね、ザ・ドミノスで名盤「レイラ」をレコーディング。実質的ソロ活動開始となる「461 オーシャン・ブールヴァード」で、ボブ・マーリィの「アイ・ショット・ザ・シェリフ」をカバー。「ノー・リーズン・トゥ・クライ」「スローハンド」などのアルバムを出し続けたエリック・クラプトン。その時々によって、アルバムのコンセプトや曲想に変化があったが、特に息子を失った悲しみや麻薬から立ち直り、映画「ラッシュ」のサウンドトラックとして発表した「ティアーズ・イン・ヘヴン」や「MTVアンプラグド」のアルバムでの変化は印象的だった。

 ブルースが堪能できる「フロム・ザ・クレイドル」、高みに昇った「ピルグリム」、B.B.キングとの「ライディング・ウィズ・ザ・キング」などなど数えあげるとキリがないが、私が一番好きなクラプトンのアルバムと云えば「レプタイル」。

Reptile Reptile / Eric Clapton

1. Reptile
2. Got You On My Mind
3. Travelin' Light
4. Believe In Life
5. Come Back Baby
6. Broken Down
7. Find Myself
8. I Ain't Gonna Stand For It
9. I Want A Little Girl
10. Second Nature
11. Don't Let Me Be Lonely Tonight
12. Modern Girl
13. Superman Inside
14. Son & Sylvia

 キーボードにビリー・プレストン、ドラムにスティーヴ・ガッドを迎えてナマ音サウンド。素朴で柔らかく、クラプトンらしいブルース・フィーリング溢れた出来になっている。なによりも曲順を含めて構成がイカしてる。レコードの時代、アルバムはA面B面を途中で針を上げることなく通して聴くものだったが、CDになってからツマラナイ曲は簡単に飛ばせるようになり聴き方が変わった。特にレコードの片面は、せいぜい20分くらいで一気に聴くにはちょうどいい長さだが、これがCDになると1枚聴くのに60分はかかってしまう。だいたい途中で飽きてしまうのが常だが、この「レプタイル」は私を飽きさせることがない。

 穏やかなガットギターの音色で1曲目が始まり、クラプトンの唄心満載のブルース・ナンバーが続く。ときにはブルージーに、ときにはジャージーに心躍らされ、10曲目の「Second Nature」にいたる頃には、心だけじゃなく身体まで大きく揺れはじめ、椅子から立ち上がりその辺を踊りまわる自分がいる。盛り上がりとともに迎えるエンディング「Son & Sylvia」では、高ぶった心をクールダウンさせるようにストリングスとプレストンのハーモニカが美しく、静かに幕を閉じていく。

 私は、値段の関係で「輸入盤」しか買わないと決めている。ときには輸入盤と日本盤では、入っている曲の数に違いがある。これは、日本盤にはサービスとしてボーナス・トラックが追加される場合があるからだ。このアルバムの日本盤にも、トラック15に「Losing Hand」という曲が追加収録されている。これを「得した」と捉えるか、せっかくのアルバム構成が台無しで「余計なコトしやがって」と考えるかは、人それぞれ。輸入盤しか持ってない私にはコメントする資格はないが、このアルバムのコンセプトにノックアウトされた身としては、余計なことはしないで欲しいと思う。

(日本盤ですが、こちらで試聴できます。)
(安い輸入盤は、こちらで購入できます。)

投稿の新しい順

  • 幻の薄焼き玉子の春巻き

     あれは現実だったのか、幻だったのかと疑うほど遠い昔の想い出。50年以上も前の学生の頃。東京か名古屋か京都か場所は定かでないが、一人で入った街の小さな中華料理店。入り口を入ってすぐ左手の席。道路に面し...

  • お爺さんは山へ薪を拾いに

     間伐作業の切り落としを拾いに山に入った。ホンダの運搬車で山に分け入り切り落とし材を積んでは長い坂道を降りてくる。キャタピラーが付いてるとはいえ、ヌカるんだ凸凹道に車体が傾き倒れそうになる。何よりも間伐材の根元を切り落とした部分、太くて重い。運搬車や軽トラへの積み下ろしは重労働。重量挙げの選手になったみたい...

  • 林齢60年のカラマツ間伐

     林齢60年のカラマツを間伐。日曜のせいか作業している様子はなく、重機と切り出された間伐材が積んであるだけ。作業道に沿って登っていくと、長さを切りそろえるためにカットされたのか薪にちょうどいい長さの玉がたくさん転がっている...

  • 改めて食育の大切さを知る

     ご飯にナニかを乗せて食べるのが嫌い。ご飯とオカズは別々に食べたい。ご飯はご飯、オカズはオカズ。例えば納豆。納豆は好きだが、ご飯と納豆は別に盛って食べる。ちなみに好きな納豆の薬味は、オカカと刻みネギ。...

  • アスカソ・エスプレッソ

     酸味のあるコーヒーが苦手。のはずが最近、劇的に嗜好が変化してきた。コンビニのカフェラテに慣らされた味覚は、モカエキスプレス(直火式エスプレッソ)で濃く淹れたコーヒーにミルクと砂糖という甘苦い味に満足...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja