キノコから生まれた私

 例年であれば、野花南山荘ではラクヨウが終わってから秋のシメジ類が出はじめるのだが、今年はラクヨウの姿を一度も見ることもなく、ニセアブラシメジやアイシメジが顔を出し始めた。異常な気候は、夏グミの不作だけにとどまらずキノコ界にも影響を及ぼしているようだ。キノコフリークの私は、そういう自然をありのままに受け入れるしかなく、与えられた恵みに感謝しつつ昼休みにイソイソとキノコ狩りに出掛ける。

ニセアブラシメジ もうすでに気温が下がり始めた影響で、そこら中にキノコが生えている。私の数少ない知識と経験では、名前がわかるのは100分の1にも満たない。食べられるのか食べられないのか不明のキノコを横目で眺めながら、愛しのラクヨウを探しまわるが、結局、途中で出逢った顔見知りのキノコ達だけを連れて帰ってくる。それでも、キノコ狩りは楽しい。街中で落ちてるお金を探して下を向いて歩くと変な人だが、山の中で地面を見つめて歩いても誰も何とも思わない。お金を拾うよりも価値のあるキノコに巡り会う可能性だってある。これから雪が積もるまでの2ヶ月半は、毎日ワクワクの楽しい日々。本日の収穫、ニセアブラシメジとアイシメジ。

 先日、友人と「今年は、ラクヨウ出ないねぇ。ラクヨウの味噌汁呑んだとき、"はあー"と、思わず声が出るほど幸せな気持ちになるよな」と話していたら、「やっぱり、ウナギ食べたときのように幸せですか?」と聞かれた。うーん、同じ幸せなんだが、これは、ちょっと違うんだよな。ラクヨウの時は、「私は、キノコから生まれたんじゃないかしら」と思えるが、ウナギの時は「ウナギから生まれた」なんて思いたくもないもの。

投稿の新しい順

  • ウンコ臭いのは俺なのか?

     池の淵に立つ柳の大木が倒れた。根元を見ると大きく裂けているので、余程の強風が吹き荒れたようだ。そのままにしておく訳にもいかず、チェンソーで伐り倒し玉切りにして運び出すことに。池の上に張り出した部分は...

  • 2度目の木製オセロに挑戦

     まるばつゲームに続き、リバーシ製作。2年半前にも木製オセロを自作しているが、2度目なので色違いに木を染め張り合わせて石を作ることに。直径30㎜の丸棒を均等な厚さにスライスするのだが、押し出した分の厚...

  • 木製まるばつゲーム盤自作

     作業台完成後、ほぼ毎日何かしらの製作に精を出している。玄関用腰掛けやスリッパ収納ラック、茶の間のコーナーラックなど大物リノベーションが続いたが、120cm×70cmの作業台では長尺物を扱えないので三...

  • 使い勝手がいい木工作業台

    「何かを作る前に」「何かを作るための作業をする場所」、つまり作業台を作ることに。自分なりに使い勝手良く設計し自作。構想を練り始めて約1か月、試行錯誤しながら遂に完成...

  • 幻の薄焼き玉子の春巻き

     あれは現実だったのか、幻だったのかと疑うほど遠い昔の想い出。50年以上も前の学生の頃。東京か名古屋か京都か場所は定かでないが、一人で入った街の小さな中華料理店。入り口を入ってすぐ左手の席。道路に面し...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤

Powered by Movable Type 5.14-ja