紅い花 - ちあき なおみ

 長年連れ添ってきたマイジャガーのエアサスペンションが壊れ、車高短(シャコタン)になってしまった。これ幸いにグラサンにツナギでブイブイ乗り回そうと思ったが、ほんのちょっとの路面の起伏でも底を擦って自走できないほど。整備工場へ運んだところ、部品交換で直るらしいが、他も傷んでいて4本全部のエアサス交換が必要かもと云う。聞くと、軽自動車が買えるほどの値段なので、この際引き取ってもらうことにした。

 死ぬまでに一度でイイからジャガーに乗りたい! 夢が叶った8年前、諸経費含めて千ん百万もの大枚をはたいたのだが、買い取り業者の提示金額、なんと20万円。高価買い取りというCMの割には、シミッタレた金額だが、壊れてるんだからシャーナイとアキラメて手放した。

 そんなわけで、今まで「走る犬小屋」だった日産テラノが、現在の私のアシになっている。今週すでに3回も札幌往復と大活躍。今や私の「走る応接間」にまで格上げされた。しかし、如何せん「走るオーディオルーム・ジャガー」の静寂さとは比較にならないくらいウルサイ。なんたってディーゼルエンジン。ブリブリバリバリ、音がスゴイ。そこで、街中ではやらないが、高速道路ではヘッドフォンで音楽を楽しんでいる。

 私のiphone musicフォルダには数百曲。ほとんどJazzとcountry。そんな中、2曲だけ歌謡曲が入っている。そのうちの1曲が「ちあきなおみ」の「紅い花」。これほどヘッドフォンが似合う曲はないと思う。

投稿の新しい順

  • 平面バッフルの紆余曲折

     松下製16cmフルレンジ用に製作した平面バッフルだが、コーラル8A-70のグラマラスなマグネットに魅了され、「よっぽどイイ音で鳴るんだべなあ」と、バッフルの穴径を20cm用に拡げて取り付けた。ところ...

  • 木製オセロを自作する

     今から30年以上前、仕事も遊びも半端なく忙しかった頃。何かに追われるように日々を過ごし、自分のための自分だけの時間というものに飢えていた。そんなとき没頭したのが「大人のオモチャづくり」。深夜、帰宅し...

  • 山荘に響く鹿撃つ銃声

     例年になく遅い積雪だが、山荘も本格的な冬景色。そろそろ軽トラでの乗り入れができなくなる。大喜びのララは駆け回っているが、ときどき耳をツンザクような銃声にビックリ。山荘裏の国有林で猟友会が鹿を撃って...

  • Imad Fares - Pharaon

     盗賊たちに「鬼の平蔵」と恐れられていた江戸幕府の火付盗賊改方長官長谷川平蔵。中村吉右衛門が主演の「鬼平犯科帳」のエンディングでは毎回、江戸の季節を背景にジプシー・キングスの「インスピレイション」と...

  • 大根干し便利技ゴムホース

     いつもなら2週間ほどで干し上がる大根だが、今年は長引いている。8割ほどはOKだが、硬くて曲がらないのもある。大根の質かもしれないが、このままでは漬けるには早すぎるので、とりあえず干し方を変えて様子...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja