蒲焼きタレ味ご飯

うな重 以前、「犯罪的な匂い」でも書いた通り、ウナギを頂くと精神的に落ち着くという異常体質の私。きっとウナギに含まれている「ウナギン?」という成分が効いているに違いない(そんなもんあるのか?)。だから毎日でも頂きたいのだが、財布と相談すると年に何回かしかお目にかかれない。

 その上、困ったことにウナギの稚魚が品薄で、どんどん値上がりしているという。土用の丑にはウナギが手に入らなくなるかもと聞かされた日にゃアータ、プレミアがついて幾らになるんだべと心が寒くなってくる。うな重竹1万円、梅2万円、松3万円なんて言われたら、とっても口に入らないわ。

 それでも、このところ縁あって結構、ウナギ様に恵まれている。今月初めには、お土産に頂いた岐阜県某市の名店「澤中」の蒲焼き。つい最近では、地元のお店で頂いた「まぶし」。やっぱり、ウナギは旨いわあ。そんな幸せを感じている私だが、またまた今日、某アウトレットモールのフードコートでウナギ様に出逢ってしまった。数あるブースの一つに「本日の日替わりメニュー・ひつまぶし定食」と云うのを見つけた。なんと780円!普通に考えれば、ひつまぶしに「定食」という言葉がついた時点で「何かがオカシイ」と勘づかなければイケナイのだろうが、なんたって「780円でウナギが喰える!」ということにしか頭が回らなくて、レジでお金を払ってアノ「呼び出し器?」をもらってテーブルで待っていた。

 呼ばれて、モノを取りに行くとお盆の上に蓋つきの丼と小ぶりの掛け蕎麦と煮物の入った小鉢とお吸い物が乗っている。「エライ豪勢じゃん!」とテーブルに運び、蓋を取ってビックリ! 蒲焼きのタレをまぶしたようなご飯の上に二切れの小さな切り身のウナギらしきモノが乗っている。「そうだよな。780円だもんな」と妙に納得して「いわゆる定食」を頂いた。味は?と聞かれても味わうほどのウナギもなく、「蒲焼き味のご飯」はそれなりに美味しかった。なんたってウナギを頂くと精神的に落ち着いてしまう私なので腹も立ちません。

 でも、うな重が1万円もするようになったら「蒲焼きタレ味ご飯」でガマンしなきゃいけなくなるのかなあ。

鰻蒲焼きタレ味ご飯

投稿の新しい順

  • 幻の薄焼き玉子の春巻き

     あれは現実だったのか、幻だったのかと疑うほど遠い昔の想い出。50年以上も前の学生の頃。東京か名古屋か京都か場所は定かでないが、一人で入った街の小さな中華料理店。入り口を入ってすぐ左手の席。道路に面し...

  • お爺さんは山へ薪を拾いに

     間伐作業の切り落としを拾いに山に入った。ホンダの運搬車で山に分け入り切り落とし材を積んでは長い坂道を降りてくる。キャタピラーが付いてるとはいえ、ヌカるんだ凸凹道に車体が傾き倒れそうになる。何よりも間伐材の根元を切り落とした部分、太くて重い。運搬車や軽トラへの積み下ろしは重労働。重量挙げの選手になったみたい...

  • 林齢60年のカラマツ間伐

     林齢60年のカラマツを間伐。日曜のせいか作業している様子はなく、重機と切り出された間伐材が積んであるだけ。作業道に沿って登っていくと、長さを切りそろえるためにカットされたのか薪にちょうどいい長さの玉がたくさん転がっている...

  • 改めて食育の大切さを知る

     ご飯にナニかを乗せて食べるのが嫌い。ご飯とオカズは別々に食べたい。ご飯はご飯、オカズはオカズ。例えば納豆。納豆は好きだが、ご飯と納豆は別に盛って食べる。ちなみに好きな納豆の薬味は、オカカと刻みネギ。...

  • アスカソ・エスプレッソ

     酸味のあるコーヒーが苦手。のはずが最近、劇的に嗜好が変化してきた。コンビニのカフェラテに慣らされた味覚は、モカエキスプレス(直火式エスプレッソ)で濃く淹れたコーヒーにミルクと砂糖という甘苦い味に満足...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja