枯葉 - Miles Davis

Somethin' Else / Cannonball Adderley (1958)

 Cannonball Adderley (as)
 Miles Davis (tp)
 Art Blakey (ds)
 Sam Jones (b)
 Hank Jones (p)

 レーベル契約の関係でアダレイのリーダー名義になっているが、実際のリーダーはマイルス。1958年の録音だから、マイルスの「マイルストーンズ」「ポーギーとベス」「カインド・オブ・ブルー」あたりの録音にアダレイが参加していた時期。

 モダンジャズ史上に残る名盤の1枚。このアルバムのA面3曲目「Somethin' Else」は、最近まで私の携帯の着メロになっていたが、やはり針を落として最初にかかるアーマッド・ジャマールのイントロをパクった「枯葉」が、特に印象深い。このアルバムを聴いて好きになれないのならジャズに縁がなかったものとあきらめた方がイイ。

 もとはシャンソンだが、「枯葉」ほど多くのプレーヤーに演奏された曲は思い浮かばない。ラジオでディスクジョッキーをしていた3年半に流したヴァージョンは数知れない。想い出す限り書き出してみるが、マイ・フェヴァリットは、なんといってもウィントン・ケリー、次にアダレイのこの演奏、そしてカーティス・フラーと続く・・・

 ART PEPPER
 BILL EVANS
 BOKKER ERVIN
 CANNONBALL ADDERLEY
 CHET BAKER
 CHICK COREA
 CURTIS FULLER
 DENNIS MALCELLINO
 EUGEN CICERO
 FRANK MORGAN
 HOLLY TAYLOR & ERIC PETER
 KENNY DORHAM
 MANHATTAN JAZZ ORCHESTRA
 MANHATTAN JAZZ QUINTET
 MANHATTAN PROJECTS
 MCCOY TYNER
 MILES DAVIS
 MILES DAVIS & SONNY STITT
 NATALIE COLE
 OSCAR PETERSON & DIZZY GILLESPIE
 PATTI PAGE
 PIM JACOBS
 SALENA JONES
 SARAH VAUGHAN
 SCOTT HAMILTON
 STANLEY JORDAN
 SUPERBLUE 2
 SUPER JAZZ TRIO
 WYNTON KELLY
 WYNTON MARSALIS
 日野 皓正
 笠井 紀美子

 ジャズだけでなくポップスとしても多くのプレーヤーに演奏されている。クラプトンもなかなか渋い・・・

投稿の新しい順

  • 幻の薄焼き玉子の春巻き

     あれは現実だったのか、幻だったのかと疑うほど遠い昔の想い出。50年以上も前の学生の頃。東京か名古屋か京都か場所は定かでないが、一人で入った街の小さな中華料理店。入り口を入ってすぐ左手の席。道路に面し...

  • お爺さんは山へ薪を拾いに

     間伐作業の切り落としを拾いに山に入った。ホンダの運搬車で山に分け入り切り落とし材を積んでは長い坂道を降りてくる。キャタピラーが付いてるとはいえ、ヌカるんだ凸凹道に車体が傾き倒れそうになる。何よりも間伐材の根元を切り落とした部分、太くて重い。運搬車や軽トラへの積み下ろしは重労働。重量挙げの選手になったみたい...

  • 林齢60年のカラマツ間伐

     林齢60年のカラマツを間伐。日曜のせいか作業している様子はなく、重機と切り出された間伐材が積んであるだけ。作業道に沿って登っていくと、長さを切りそろえるためにカットされたのか薪にちょうどいい長さの玉がたくさん転がっている...

  • 改めて食育の大切さを知る

     ご飯にナニかを乗せて食べるのが嫌い。ご飯とオカズは別々に食べたい。ご飯はご飯、オカズはオカズ。例えば納豆。納豆は好きだが、ご飯と納豆は別に盛って食べる。ちなみに好きな納豆の薬味は、オカカと刻みネギ。...

  • アスカソ・エスプレッソ

     酸味のあるコーヒーが苦手。のはずが最近、劇的に嗜好が変化してきた。コンビニのカフェラテに慣らされた味覚は、モカエキスプレス(直火式エスプレッソ)で濃く淹れたコーヒーにミルクと砂糖という甘苦い味に満足...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja