Sea Side Woman Blues



 昨日、ラジオで前川清が唄うこの曲を聴いた。サザンの曲をカバーする前川清に違和感がなかったのは、この曲の演歌っぽい雰囲気のせいかもしれない。

 演歌に限らず、日本語の唄の歌詞には惚れ惚れするモノがある。「わがままはオトコの罪、それを許さないのはオンナの罪♪」なんてのを聴くと「そうだ、そうだ!」と声援を送りたくなってくるし、「後ろから前からどうぞ♪」なんてのを聴くと「そうかい、それじゃお言葉に甘えて」と、一歩前へ出たくなってしまうモノまである。

 そして、この曲にもアルアル。2番の歌詞のアタマ。

 ♪ "愛"という字は真心(まごころ)で
 ♪ "恋"という字にゃ下心(したごころ)

 たしかに「愛」という字を分解すると、相手の「心」を「受」け入れると書き、「恋」という字は「亦(また)」の下に「心」と書く。恋というのは、相手を欲しいと求め合う気持ちなのだから下心なくして語れないが、文字でいうこの「亦」は「股」ではなく「亦とない」という使われ方をするので「亦とない心=二つとない心」という美しくも正しい純粋な下心になるようだ。(そんなモノぁ見たことがない)

 マタも含めて相手のスベテを欲しいと願う下心。なんたって、純粋であろうがなかろうが、下心は「トキメキ」エネルギーのミナモト。いつまでも持ち続けていたいと思っている。で、今は、何にトキメイているかといえば、やっぱりキノコかなあ。

 キノコの魅力に取り憑かれてしまった私は、暇さえあればキノコ図鑑を眺めて暮らしている。

投稿の新しい順

  • 平面バッフルの紆余曲折

     松下製16cmフルレンジ用に製作した平面バッフルだが、コーラル8A-70のグラマラスなマグネットに魅了され、「よっぽどイイ音で鳴るんだべなあ」と、バッフルの穴径を20cm用に拡げて取り付けた。ところ...

  • 木製オセロを自作する

     今から30年以上前、仕事も遊びも半端なく忙しかった頃。何かに追われるように日々を過ごし、自分のための自分だけの時間というものに飢えていた。そんなとき没頭したのが「大人のオモチャづくり」。深夜、帰宅し...

  • 山荘に響く鹿撃つ銃声

     例年になく遅い積雪だが、山荘も本格的な冬景色。そろそろ軽トラでの乗り入れができなくなる。大喜びのララは駆け回っているが、ときどき耳をツンザクような銃声にビックリ。山荘裏の国有林で猟友会が鹿を撃って...

  • Imad Fares - Pharaon

     盗賊たちに「鬼の平蔵」と恐れられていた江戸幕府の火付盗賊改方長官長谷川平蔵。中村吉右衛門が主演の「鬼平犯科帳」のエンディングでは毎回、江戸の季節を背景にジプシー・キングスの「インスピレイション」と...

  • 大根干し便利技ゴムホース

     いつもなら2週間ほどで干し上がる大根だが、今年は長引いている。8割ほどはOKだが、硬くて曲がらないのもある。大根の質かもしれないが、このままでは漬けるには早すぎるので、とりあえず干し方を変えて様子...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja