Sea Side Woman Blues

 昨日、ラジオで前川清が唄うこの曲を聴いた。サザンの曲をカバーする前川清に違和感がなかったのは、この曲の演歌っぽい雰囲気のせいかもしれない。

 演歌に限らず、日本語の唄の歌詞には惚れ惚れするモノがある。「わがままはオトコの罪、それを許さないのはオンナの罪♪」なんてのを聴くと「そうだ、そうだ!」と声援を送りたくなってくるし、「後ろから前からどうぞ♪」なんてのを聴くと「そうかい、それじゃお言葉に甘えて」と、一歩前へ出たくなってしまうモノまである。

 そして、この曲にもアルアル。2番の歌詞のアタマ。

 ♪ "愛"という字は真心(まごころ)で
 ♪ "恋"という字にゃ下心(したごころ)

 たしかに「愛」という字を分解すると、相手の「心」を「受」け入れると書き、「恋」という字は「亦(また)」の下に「心」と書く。恋というのは、相手を欲しいと求め合う気持ちなのだから下心なくして語れないが、文字でいうこの「亦」は「股」ではなく「亦とない」という使われ方をするので「亦とない心=二つとない心」という美しくも正しい純粋な下心になるようだ。(そんなモノぁ見たことがない)

 マタも含めて相手のスベテを欲しいと願う下心。なんたって、純粋であろうがなかろうが、下心は「トキメキ」エネルギーのミナモト。いつまでも持ち続けていたいと思っている。で、今は、何にトキメイているかといえば、やっぱりキノコかなあ。

 キノコの魅力に取り憑かれてしまった私は、暇さえあればキノコ図鑑を眺めて暮らしている。

投稿の新しい順

  • ウンコ臭いのは俺なのか?

     池の淵に立つ柳の大木が倒れた。根元を見ると大きく裂けているので、余程の強風が吹き荒れたようだ。そのままにしておく訳にもいかず、チェンソーで伐り倒し玉切りにして運び出すことに。池の上に張り出した部分は...

  • 2度目の木製オセロに挑戦

     まるばつゲームに続き、リバーシ製作。2年半前にも木製オセロを自作しているが、2度目なので色違いに木を染め張り合わせて石を作ることに。直径30㎜の丸棒を均等な厚さにスライスするのだが、押し出した分の厚...

  • 木製まるばつゲーム盤自作

     作業台完成後、ほぼ毎日何かしらの製作に精を出している。玄関用腰掛けやスリッパ収納ラック、茶の間のコーナーラックなど大物リノベーションが続いたが、120cm×70cmの作業台では長尺物を扱えないので三...

  • 使い勝手がいい木工作業台

    「何かを作る前に」「何かを作るための作業をする場所」、つまり作業台を作ることに。自分なりに使い勝手良く設計し自作。構想を練り始めて約1か月、試行錯誤しながら遂に完成...

  • 幻の薄焼き玉子の春巻き

     あれは現実だったのか、幻だったのかと疑うほど遠い昔の想い出。50年以上も前の学生の頃。東京か名古屋か京都か場所は定かでないが、一人で入った街の小さな中華料理店。入り口を入ってすぐ左手の席。道路に面し...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤

Powered by Movable Type 5.14-ja