チャレンジ続編

 9月末ともなると日暮れが早い。ウカウカしてるとスグに真っ暗になってしまうので早めに仕事場を抜け出し、いざ行かんキノコ狩り。

 山荘では、そこらじゅうが天然のキノコ畑。足下を見ながら小一時間も散策するだけで、籠いっぱいになる。
 

 問題は、家に帰ってからの仕分け。食べられるモノ、そうでないモノを選り分ける。一度でも食べたことがあればスグに判別できるが、アヤしいものは悩みながら迷いながら図鑑やネットで検索。結果、可食として自信を持てるものだけが汚れを落として塩水に漬けられる。
 

 洗ったキノコ、左上からラクヨウ、オオツガタケ、ニカワハリタケ、左下がボリボリ、右下がアイシメジ、今日も大漁だあ・・・

 なかでも、ニカワハリタケ(別名:猫の舌)は、初ゲット。白くてプヨプヨしたゼリー状で半透明。手で持ってみると触感がフンニャラフンニャラ。朽ちてボロボロになった切り株に生えていた。傘の裏にツブツブが密集していて、これが猫の舌といわれる所以らしい。さっと茹でて甘いシロップに漬けたり、ジャムをつけたり、みつ豆に入れても美味しいというデザートになるキノコだそうだ。ポン酢にも合いそうなので、とりあえず茹でて冷蔵庫で冷やしてあるが、どうも見た目が食べてみたいという感じではない。
 

 先日の「チャレンジ後編」にも書いたが、オオツガタケ。焼いて食べると絶品ということなので、念願叶ってツイにヤッチャイましたあ。炭火で網焼きが最高なんだろうが、それほどの量もないので、お手軽にアルミホイルにのせてオーブントースターで・・・

 焼いただけのモノに醤油をタラして、んんんっ!こぉーれは旨い!先日のバター炒めでは、味わえない美味だ。この焼きオオツガタケ、不思議なことにホノカにスルメのような香ばしい香りがする。噛みしめるとジューシーな肉汁?が染みだしてくる。これは美味!どんな味だ?と聞かれても、この旨さは、食べたことのある人にしか絶対にワカラナイ味だ。とにかく旨いとしか言いようがない。

 ああ、今日もチャレンジの彼方に幸せが待っていた。

投稿の新しい順

  • 幻の薄焼き玉子の春巻き

     あれは現実だったのか、幻だったのかと疑うほど遠い昔の想い出。50年以上も前の学生の頃。東京か名古屋か京都か場所は定かでないが、一人で入った街の小さな中華料理店。入り口を入ってすぐ左手の席。道路に面し...

  • お爺さんは山へ薪を拾いに

     間伐作業の切り落としを拾いに山に入った。ホンダの運搬車で山に分け入り切り落とし材を積んでは長い坂道を降りてくる。キャタピラーが付いてるとはいえ、ヌカるんだ凸凹道に車体が傾き倒れそうになる。何よりも間伐材の根元を切り落とした部分、太くて重い。運搬車や軽トラへの積み下ろしは重労働。重量挙げの選手になったみたい...

  • 林齢60年のカラマツ間伐

     林齢60年のカラマツを間伐。日曜のせいか作業している様子はなく、重機と切り出された間伐材が積んであるだけ。作業道に沿って登っていくと、長さを切りそろえるためにカットされたのか薪にちょうどいい長さの玉がたくさん転がっている...

  • 改めて食育の大切さを知る

     ご飯にナニかを乗せて食べるのが嫌い。ご飯とオカズは別々に食べたい。ご飯はご飯、オカズはオカズ。例えば納豆。納豆は好きだが、ご飯と納豆は別に盛って食べる。ちなみに好きな納豆の薬味は、オカカと刻みネギ。...

  • アスカソ・エスプレッソ

     酸味のあるコーヒーが苦手。のはずが最近、劇的に嗜好が変化してきた。コンビニのカフェラテに慣らされた味覚は、モカエキスプレス(直火式エスプレッソ)で濃く淹れたコーヒーにミルクと砂糖という甘苦い味に満足...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja