チャレンジ続編

 9月末ともなると日暮れが早い。ウカウカしてるとスグに真っ暗になってしまうので早めに仕事場を抜け出し、いざ行かんキノコ狩り。

 山荘では、そこらじゅうが天然のキノコ畑。足下を見ながら小一時間も散策するだけで、籠いっぱいになる。
 

 問題は、家に帰ってからの仕分け。食べられるモノ、そうでないモノを選り分ける。一度でも食べたことがあればスグに判別できるが、アヤしいものは悩みながら迷いながら図鑑やネットで検索。結果、可食として自信を持てるものだけが汚れを落として塩水に漬けられる。
 

 洗ったキノコ、左上からラクヨウ、オオツガタケ、ニカワハリタケ、左下がボリボリ、右下がアイシメジ、今日も大漁だあ・・・

 なかでも、ニカワハリタケ(別名:猫の舌)は、初ゲット。白くてプヨプヨしたゼリー状で半透明。手で持ってみると触感がフンニャラフンニャラ。朽ちてボロボロになった切り株に生えていた。傘の裏にツブツブが密集していて、これが猫の舌といわれる所以らしい。さっと茹でて甘いシロップに漬けたり、ジャムをつけたり、みつ豆に入れても美味しいというデザートになるキノコだそうだ。ポン酢にも合いそうなので、とりあえず茹でて冷蔵庫で冷やしてあるが、どうも見た目が食べてみたいという感じではない。
 

 先日の「チャレンジ後編」にも書いたが、オオツガタケ。焼いて食べると絶品ということなので、念願叶ってツイにヤッチャイましたあ。炭火で網焼きが最高なんだろうが、それほどの量もないので、お手軽にアルミホイルにのせてオーブントースターで・・・

 焼いただけのモノに醤油をタラして、んんんっ!こぉーれは旨い!先日のバター炒めでは、味わえない美味だ。この焼きオオツガタケ、不思議なことにホノカにスルメのような香ばしい香りがする。噛みしめるとジューシーな肉汁?が染みだしてくる。これは美味!どんな味だ?と聞かれても、この旨さは、食べたことのある人にしか絶対にワカラナイ味だ。とにかく旨いとしか言いようがない。

 ああ、今日もチャレンジの彼方に幸せが待っていた。

投稿の新しい順

  • 平面バッフルの紆余曲折

     松下製16cmフルレンジ用に製作した平面バッフルだが、コーラル8A-70のグラマラスなマグネットに魅了され、「よっぽどイイ音で鳴るんだべなあ」と、バッフルの穴径を20cm用に拡げて取り付けた。ところ...

  • 木製オセロを自作する

     今から30年以上前、仕事も遊びも半端なく忙しかった頃。何かに追われるように日々を過ごし、自分のための自分だけの時間というものに飢えていた。そんなとき没頭したのが「大人のオモチャづくり」。深夜、帰宅し...

  • 山荘に響く鹿撃つ銃声

     例年になく遅い積雪だが、山荘も本格的な冬景色。そろそろ軽トラでの乗り入れができなくなる。大喜びのララは駆け回っているが、ときどき耳をツンザクような銃声にビックリ。山荘裏の国有林で猟友会が鹿を撃って...

  • Imad Fares - Pharaon

     盗賊たちに「鬼の平蔵」と恐れられていた江戸幕府の火付盗賊改方長官長谷川平蔵。中村吉右衛門が主演の「鬼平犯科帳」のエンディングでは毎回、江戸の季節を背景にジプシー・キングスの「インスピレイション」と...

  • 大根干し便利技ゴムホース

     いつもなら2週間ほどで干し上がる大根だが、今年は長引いている。8割ほどはOKだが、硬くて曲がらないのもある。大根の質かもしれないが、このままでは漬けるには早すぎるので、とりあえず干し方を変えて様子...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja