チャレンジ後編

 その後、ネットで調べていたら「オオツガタケは、割いて塩焼にするのが最高に旨い。煮たり炒めたりすると水っぽくな
り、オオツガタケの持ち味が消えて、つまらないキノコになってしまう」という記事を見つけた。「オオツガタケに限らず、素性のよいキノコの多くは焼くのが一番」とまで書いてある。素性がイイって、どういうことなのかわからないが、たしかに松茸は焼いて喰うと絶品。

 ということは、悔しいことにバター炒めを味わった私は「つまらないキノコを喰ったオトコ」に成り下がってしまったようだ。こういうのを読んでしまうと、どうしても焼いて喰ってみたくなるのが人情。「ヨーシ、今度採ったらゼッタイに焼いて喰ってヤル!」とは思うのだが、そもそもアレがホントにオオツガタケだったのかどうかも怪しいところで、そこが問題なのだ・・・

 そして、まだまだチャレンジは続く。

 素性がイイのかどうかより、素性自体がワカラナイ「アイシメジ」らしきものだが、家内に無理言って炊き込みご飯にしてもらった。当然、毒味をした私に異常があれば、お釜マルマルのご飯を捨ててしまうという危険を顧みず、最もエキサイティングなチャレンジだ。

 ところがなんと、炊けてる途中から部屋中にイイ香りが漂いはじめ、最高に食欲をそそる。毒キノコにこんなワザができるわけがないと、勝手に自分を納得させ、期待に胸ふくらませて待つことしばし。炊きあがったキノコご飯に箸をつける。

 はあー、やっぱり私はキノコから生まれてきたんだあ。と思えるくらい幸せを感じる瞬間!これは旨い。シャキシャキと歯触りがイイ。毒キノコだなんて疑ってゴメンねと謝りつつ、オカワリをする。おいおい、キノコの毒より血糖値の方が心配なんじゃねぇのか・・・

投稿の新しい順

  • 幻の薄焼き玉子の春巻き

     あれは現実だったのか、幻だったのかと疑うほど遠い昔の想い出。50年以上も前の学生の頃。東京か名古屋か京都か場所は定かでないが、一人で入った街の小さな中華料理店。入り口を入ってすぐ左手の席。道路に面し...

  • お爺さんは山へ薪を拾いに

     間伐作業の切り落としを拾いに山に入った。ホンダの運搬車で山に分け入り切り落とし材を積んでは長い坂道を降りてくる。キャタピラーが付いてるとはいえ、ヌカるんだ凸凹道に車体が傾き倒れそうになる。何よりも間伐材の根元を切り落とした部分、太くて重い。運搬車や軽トラへの積み下ろしは重労働。重量挙げの選手になったみたい...

  • 林齢60年のカラマツ間伐

     林齢60年のカラマツを間伐。日曜のせいか作業している様子はなく、重機と切り出された間伐材が積んであるだけ。作業道に沿って登っていくと、長さを切りそろえるためにカットされたのか薪にちょうどいい長さの玉がたくさん転がっている...

  • 改めて食育の大切さを知る

     ご飯にナニかを乗せて食べるのが嫌い。ご飯とオカズは別々に食べたい。ご飯はご飯、オカズはオカズ。例えば納豆。納豆は好きだが、ご飯と納豆は別に盛って食べる。ちなみに好きな納豆の薬味は、オカカと刻みネギ。...

  • アスカソ・エスプレッソ

     酸味のあるコーヒーが苦手。のはずが最近、劇的に嗜好が変化してきた。コンビニのカフェラテに慣らされた味覚は、モカエキスプレス(直火式エスプレッソ)で濃く淹れたコーヒーにミルクと砂糖という甘苦い味に満足...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja