チャレンジ後編

 その後、ネットで調べていたら「オオツガタケは、割いて塩焼にするのが最高に旨い。煮たり炒めたりすると水っぽくな
り、オオツガタケの持ち味が消えて、つまらないキノコになってしまう」という記事を見つけた。「オオツガタケに限らず、素性のよいキノコの多くは焼くのが一番」とまで書いてある。素性がイイって、どういうことなのかわからないが、たしかに松茸は焼いて喰うと絶品。

 ということは、悔しいことにバター炒めを味わった私は「つまらないキノコを喰ったオトコ」に成り下がってしまったようだ。こういうのを読んでしまうと、どうしても焼いて喰ってみたくなるのが人情。「ヨーシ、今度採ったらゼッタイに焼いて喰ってヤル!」とは思うのだが、そもそもアレがホントにオオツガタケだったのかどうかも怪しいところで、そこが問題なのだ・・・

 そして、まだまだチャレンジは続く。

 素性がイイのかどうかより、素性自体がワカラナイ「アイシメジ」らしきものだが、家内に無理言って炊き込みご飯にしてもらった。当然、毒味をした私に異常があれば、お釜マルマルのご飯を捨ててしまうという危険を顧みず、最もエキサイティングなチャレンジだ。

 ところがなんと、炊けてる途中から部屋中にイイ香りが漂いはじめ、最高に食欲をそそる。毒キノコにこんなワザができるわけがないと、勝手に自分を納得させ、期待に胸ふくらませて待つことしばし。炊きあがったキノコご飯に箸をつける。

 はあー、やっぱり私はキノコから生まれてきたんだあ。と思えるくらい幸せを感じる瞬間!これは旨い。シャキシャキと歯触りがイイ。毒キノコだなんて疑ってゴメンねと謝りつつ、オカワリをする。おいおい、キノコの毒より血糖値の方が心配なんじゃねぇのか・・・

投稿の新しい順

  • 平面バッフルの紆余曲折

     松下製16cmフルレンジ用に製作した平面バッフルだが、コーラル8A-70のグラマラスなマグネットに魅了され、「よっぽどイイ音で鳴るんだべなあ」と、バッフルの穴径を20cm用に拡げて取り付けた。ところ...

  • 木製オセロを自作する

     今から30年以上前、仕事も遊びも半端なく忙しかった頃。何かに追われるように日々を過ごし、自分のための自分だけの時間というものに飢えていた。そんなとき没頭したのが「大人のオモチャづくり」。深夜、帰宅し...

  • 山荘に響く鹿撃つ銃声

     例年になく遅い積雪だが、山荘も本格的な冬景色。そろそろ軽トラでの乗り入れができなくなる。大喜びのララは駆け回っているが、ときどき耳をツンザクような銃声にビックリ。山荘裏の国有林で猟友会が鹿を撃って...

  • Imad Fares - Pharaon

     盗賊たちに「鬼の平蔵」と恐れられていた江戸幕府の火付盗賊改方長官長谷川平蔵。中村吉右衛門が主演の「鬼平犯科帳」のエンディングでは毎回、江戸の季節を背景にジプシー・キングスの「インスピレイション」と...

  • 大根干し便利技ゴムホース

     いつもなら2週間ほどで干し上がる大根だが、今年は長引いている。8割ほどはOKだが、硬くて曲がらないのもある。大根の質かもしれないが、このままでは漬けるには早すぎるので、とりあえず干し方を変えて様子...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja