雷が怖くてイモが食えるか

 暇さえあれば、山で草を刈る。ということで土日を山荘で過ごした。いくら北海道とはいえ暑いこの時期、野外での帽子は必需品。野球帽、麦わら帽子といろいろ試してみたが、一番は綿のタオルをアタマに巻くこと。汗は吸うわ、白い色が陽の光を反射するわで快適なことこの上ない。これで首にタオルを巻いて汗を拭き拭き作業する。

 昼過ぎまで絶好の山仕事日和だったが、夕方、急に空が暗くなり遠くで雷の音が響きだした。いつも雷が鳴ると光ってから音が届くまでをカウントするのだが、光も届かないくらい遠いので作業続行。それにしても雷鳴は、間断なく響き渡る。これがゴルフ場でのことならクラブを放り投げ、ラウンドを中止するのだが、なんたって自給自足のジャガイモ畑でクワを使って草取りしている最中。こちとら生活がかかっているのだから「雷が怖くてイモが食えるか」ってなもん。

 小1時間ほど鳴り響いていた雷が近づいてきた。光ると1秒もせずにビシビシ・バリバリ・ドドン。近くに落ちたらしい。「男性(60才)が草刈り中に落雷に遭い感電死」なんて記事が朝刊に載るのもヤだな。と、さすがに怖くなり作業中止。直後にバケツをひっくり返したような豪雨。雨足が落ち着くのを待って帰ってきた。

 それでも予定していた部分の草刈りは、やり遂げ満足。結果が目に見えるというのは達成感があってイイ。

 毎年のことだが、ルピナスに席巻されはじめた。放っておくとどんどん増え続けていく。

ルピナス

 今一番見頃なのは、テマリカンボク(手毬肝木)。樹になる花の王様だと思う。

テマリカンボク(手毬肝木) テマリカンボク(手毬肝木)

 ジャガイモの生育は順調。今日の雨は恵みの雨になりそう。

ジャガイモ畑

投稿の新しい順

  • 幻の薄焼き玉子の春巻き

     あれは現実だったのか、幻だったのかと疑うほど遠い昔の想い出。50年以上も前の学生の頃。東京か名古屋か京都か場所は定かでないが、一人で入った街の小さな中華料理店。入り口を入ってすぐ左手の席。道路に面し...

  • お爺さんは山へ薪を拾いに

     間伐作業の切り落としを拾いに山に入った。ホンダの運搬車で山に分け入り切り落とし材を積んでは長い坂道を降りてくる。キャタピラーが付いてるとはいえ、ヌカるんだ凸凹道に車体が傾き倒れそうになる。何よりも間伐材の根元を切り落とした部分、太くて重い。運搬車や軽トラへの積み下ろしは重労働。重量挙げの選手になったみたい...

  • 林齢60年のカラマツ間伐

     林齢60年のカラマツを間伐。日曜のせいか作業している様子はなく、重機と切り出された間伐材が積んであるだけ。作業道に沿って登っていくと、長さを切りそろえるためにカットされたのか薪にちょうどいい長さの玉がたくさん転がっている...

  • 改めて食育の大切さを知る

     ご飯にナニかを乗せて食べるのが嫌い。ご飯とオカズは別々に食べたい。ご飯はご飯、オカズはオカズ。例えば納豆。納豆は好きだが、ご飯と納豆は別に盛って食べる。ちなみに好きな納豆の薬味は、オカカと刻みネギ。...

  • アスカソ・エスプレッソ

     酸味のあるコーヒーが苦手。のはずが最近、劇的に嗜好が変化してきた。コンビニのカフェラテに慣らされた味覚は、モカエキスプレス(直火式エスプレッソ)で濃く淹れたコーヒーにミルクと砂糖という甘苦い味に満足...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja