今、一番欲しいモノ

 お爺さんは山へ笹刈りに、お婆さんは家で洗濯・・・

 ということで今日も一日、野花南で過ごしていた。天気が良く、顔がヒリヒリするほど陽に焼けた。いやあ今日もよく働いたなあ。笹を刈っては寄せ集め、下枝を払っては運び出し、芽を出し始めた紫陽花のまわりの草むしり。まだまだヤルことが沢山あるというのに週一の山仕事では、なかなかこなせない。

 今年は、よほど寒いらしい。去年の今頃は桜も盛りを過ぎていたが、今年は、まだ開花したばかり。左の写真が昨年5月6日。右の写真が今年5月16日。10日も遅いのに全く景色が違う。来週末が見頃と思うが、上京中のため花見はオアズケ。

 

 ムスカリ。別名ブドウヒアシンス、ブドウの房に良く似ている。



 普通の水仙(ニホンスイセン)が満開で終わりかける頃、ラッパ水仙が咲き始める。ニホンスイセンは清楚なイメージ、ラッパ水仙はどことなく高貴なイメージ。イメージが清楚だとは言え、水仙はどこを食べても有毒。致死量は10g程、食べると吐いてしまうので死に至るのは珍しいらしい。それにしても葉っぱは、ニラに似ていて旨そう。



 更紗木蓮が三分咲き。木の下に立つとイイ香りがしてくる。



 笹を刈るのは草払い機。これが結構な重労働。その日に刈る場所の計画を立て、その区画は徹底的に刈る。刈り終えると至福の達成感を味わうことができる。樹の下枝を払うと林に陽が差し込むようになる。こうして少しずつ美林造成計画が進んでゆく。

 

 一日の作業が終わり家に帰るとアチコチ身体が悲鳴を上げる。こうしてパソコンの前に座っていても突然、脚がこむら返り。そこで、いま一番欲しいモノは「ハンマーナイフモア」。刈った草や笹を細かく粉砕してくれるスグレモノ。これがあれば楽だよなあ。でも高いんだよなあ。

投稿の新しい順

  • 平面バッフルの紆余曲折

     松下製16cmフルレンジ用に製作した平面バッフルだが、コーラル8A-70のグラマラスなマグネットに魅了され、「よっぽどイイ音で鳴るんだべなあ」と、バッフルの穴径を20cm用に拡げて取り付けた。ところ...

  • 木製オセロを自作する

     今から30年以上前、仕事も遊びも半端なく忙しかった頃。何かに追われるように日々を過ごし、自分のための自分だけの時間というものに飢えていた。そんなとき没頭したのが「大人のオモチャづくり」。深夜、帰宅し...

  • 山荘に響く鹿撃つ銃声

     例年になく遅い積雪だが、山荘も本格的な冬景色。そろそろ軽トラでの乗り入れができなくなる。大喜びのララは駆け回っているが、ときどき耳をツンザクような銃声にビックリ。山荘裏の国有林で猟友会が鹿を撃って...

  • Imad Fares - Pharaon

     盗賊たちに「鬼の平蔵」と恐れられていた江戸幕府の火付盗賊改方長官長谷川平蔵。中村吉右衛門が主演の「鬼平犯科帳」のエンディングでは毎回、江戸の季節を背景にジプシー・キングスの「インスピレイション」と...

  • 大根干し便利技ゴムホース

     いつもなら2週間ほどで干し上がる大根だが、今年は長引いている。8割ほどはOKだが、硬くて曲がらないのもある。大根の質かもしれないが、このままでは漬けるには早すぎるので、とりあえず干し方を変えて様子...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja