秋の気配・野花南山荘

 今年の初物、落葉キノコ。まだハシリなので数は少ない。野花南山荘は、これから秋にかけてキノコの山となる。深く分け入らなくても散歩の感覚でキノコ狩りが楽しめる。ハナイグチ(落葉キノコ)は、落葉松(カラマツ)林に生える。地方によって呼び名は異なり長野県ではジコボウまたはリコボウ、石川県ではイクチと呼ぶらしい。北海道では単にラクヨウと呼ぶ。

 一番旨いのは、なんといっても大根おろしを加えた味噌汁。一口飲むと「ハアー、旨い!!!!!!」と感嘆符が並ぶ声が出る。その瞬間、生きててヨカッターと思えるほどの幸せを感じてしまう。きっと私は、キノコから生まれたに違いない。今夜も早速、味噌汁で頂いた。旨かったなあ。メッチャ幸せ!毎年、たくさん採れるので冷凍保存する。

 秋になると池の鯉もまるまると太ってくる。釣り竿を垂らすとスグにかかってきそうな程、たくさん泳いでいるが、カワイソウで釣り上げることができない。ところがララはオカマイナシに泳いで追っかけ回す。当然、魚の方が逃げ足が早く捕まえることはできないようだ。というか、飛び込んだ時点で逃げてしまう。

 

 季節は晩夏。これから秋を迎えるが、今を盛りに咲く花もある。花魁草(おいらんそう)、正式には、草夾竹桃(くさきょうちくとう)。昔のオイランのオシロイの香りがするという。花びらを摘んで根もとを吸うと甘い味がする。花のカタチは花魁のカンザシにも似ているようだ。

 この花の葉をよく見ると、以前書いた「一攫千金」という記事で大麻と間違えたヤツ。「花魁とマリファナ」、なんか淫靡だなあ・・・

 

投稿の新しい順

  • 愛犬ララのパピー時代

     アイディアが停滞気味。十二支の犬が、なかなか決まらない。そこで、我が家の愛犬ララをモデルに。14歳の老犬ボーダーコリー。最近、足腰が弱くなり自力で階段を上がることも難しいほど。やはり元気ハツラツなほ...

  • 毎日が試行錯誤の連続

     3回目のワクチン接種が終わり、大きな副反応もなくとりあえず一安心。もともと出歩く方ではないので、まん防対象地域になっても影響なく暮らしている。  午後からは工房にこもって、ベニヤ板を切ったり張ったり...

  • シンプル=必要最小限?

       孫の作品に触発され、いかに無駄を省きシンプルに表現できるかイメージを膨らませている。結局、ネズミの最終形はこうなったが、牛はまだ煮詰めている段階。十二支の最初の二つでつまづいているので、いつにな...

  • 孫の自由な発想に脱帽

     ベニヤをカットすると、当然のことだが切れ端が出る。小さくても形あるものは、いつか何かの役に立つだろうと捨てずに取ってある。四角や三角、大きいモノや小さいモノ。  孫を子守で預かった日、干支を作って欲...

  • ベニヤ・クラフト

     きっかけは、「ゴム鉄砲の的(マト)ゾンビ」から始まったベニヤクラフト。今では的としての機能は二の次で、いかにベニヤの断面模様を作品に生かせるかが課題になっている。アイディアを練りデッサンしてベニヤを...


  |  全記事一覧

  ラジオ録音盤

  すべての記事概要

  リンク

CLUB ZENA

Powered by Movable Type 5.14-ja

  SSL証明書



  |  全記事一覧