秋の気配・野花南山荘

 今年の初物、落葉キノコ。まだハシリなので数は少ない。野花南山荘は、これから秋にかけてキノコの山となる。深く分け入らなくても散歩の感覚でキノコ狩りが楽しめる。ハナイグチ(落葉キノコ)は、落葉松(カラマツ)林に生える。地方によって呼び名は異なり長野県ではジコボウまたはリコボウ、石川県ではイクチと呼ぶらしい。北海道では単にラクヨウと呼ぶ。

 一番旨いのは、なんといっても大根おろしを加えた味噌汁。一口飲むと「ハアー、旨い!!!!!!」と感嘆符が並ぶ声が出る。その瞬間、生きててヨカッターと思えるほどの幸せを感じてしまう。きっと私は、キノコから生まれたに違いない。今夜も早速、味噌汁で頂いた。旨かったなあ。メッチャ幸せ!毎年、たくさん採れるので冷凍保存する。

 秋になると池の鯉もまるまると太ってくる。釣り竿を垂らすとスグにかかってきそうな程、たくさん泳いでいるが、カワイソウで釣り上げることができない。ところがララはオカマイナシに泳いで追っかけ回す。当然、魚の方が逃げ足が早く捕まえることはできないようだ。というか、飛び込んだ時点で逃げてしまう。

 

 季節は晩夏。これから秋を迎えるが、今を盛りに咲く花もある。花魁草(おいらんそう)、正式には、草夾竹桃(くさきょうちくとう)。昔のオイランのオシロイの香りがするという。花びらを摘んで根もとを吸うと甘い味がする。花のカタチは花魁のカンザシにも似ているようだ。

 この花の葉をよく見ると、以前書いた「一攫千金」という記事で大麻と間違えたヤツ。「花魁とマリファナ」、なんか淫靡だなあ・・・

 

投稿の新しい順

  • 恐るべしステロイドの効果

     デカい蜂に刺され緊急外来へ。45分ほどの点滴が終わるころには、心持ち腫れが引いてきたような気が。時間とともに効いたらしく就寝時には、手の甲の腫れは完全に治り刺された場所にシコリが残り触ると痛い程度。やったあ!効いたじゃん。さすがステロイド!と感心して眠ったのはいいが...

  • ポップな色のブランコ完成

     朽ちて錆びていた山荘のブランコ、錆を落とし磨いてポップなイメージに塗装した。錆びたチェーンを16mm径のクレモナSロープに交換。自己流の漁師結びで吊るしたが72キロの私が乗っても大丈夫。ロープの長さを調整するため何度も揺られていたら車酔い...

  • 孫が喜ぶブランコの色

         軽トラの荷台に脚立を乗せ、錆びたブランコの鎖を切断。充電式ディスクグラインダーの威力は素晴らしい。シャックルの錆を落としてみたら、まだまだ使用に耐える状態なので、ここにステンレスのリングキャ...

  • 暇な午後にコーヒーを淹れる

     コンビニのカフェラテに慣らされたせいか、モカエキスプレスで淹れるエスプレッソに... 濃く淹れて甘くして牛乳を。スペシャルティな豆はモッタイないので、市販のエスプレッソ粉を使っている。illy、Lavazza、Pellini いろいろ試してみたが...

  • 翅を広げるドラゴンフライ

     翅を閉じるトンボ、開いて止まるトンボ。閉じるのは前後の翅の形が同じ「イトトンボ」や「カワトンボ」などの均翅亜目。飛ぶ能力を高めるため前後の翅の形が異なり、重ねて立てることができず広げて止まる不均翅亜目には「シオカラトンボ」や「アカトンボ」「ヤンマ」などがいる...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja