親として自慢できること

 「牛にコーヒーを飲ませると、コーヒー牛乳が出てくるんだ。イチゴを食べさせると苺ミルクが出てくる。じゃあ、フルーツ牛乳は?」と、幼かったウチのガキ供に謎カケしたら「フルーツを食べさせる」と答える。「アホ、そんなことあるわけないじゃん」と切り返し、家内からヒンシュクを買った。

 「夏に一生懸命働き過ぎたので、冬になる前にアリは過労で死んでしまいました。アリが残した食べ物でキリギリスは楽しく冬を過ごしましたとさ」と、アリとキリギリスを結んだら、家内に怒られた。

 世の中の厳しさを戒めようという本意もなく、ただのジョークなのだが、やはり子供には言っちゃイカンよなあ。そんな子供達が小さかった時期、私はJCだ歯科医師会だゴルフだと、ほとんど子育てに参加しなかったような気がする。あげくの果てに「ウチのお父さんは、青年会議所に勤めてるんだ」と、息子がヨソで言う始末。当時「家庭の平和と安全」もかえりみず「世界の平和と安全」を声高に謳っていた本末転倒な私である。

 なにかしら社会に貢献していると自負していた私が「子供は父親の背中を見て育つもんだ」と声を大にして言うと、「いつも留守なのに、いつ背中を見るのよ。背中を見る時間もないじゃない」と、もっと大きな声で激しく応酬される。そうだよな、一理ある。と思いながらもイソイソと出掛けていた。結果、イイカゲンな性格の私が子育てに参加しなかったせいで、子供達はスクスクと素直に育ってくれた。

 世の中には、放任主義という言葉がある。ネグレクトじゃなく過保護にも過干渉にもならず子供の自主性を育てるのが理想だと思うが、教育に素人の私にはナニが本当かわからない。でも、親として一つだけ自慢できることがある。33・31・28才になる3人の息子達には、今だに虫歯が1本もない。特に気を遣ったということはないが、小さい頃からフッ素洗口だけはさせていた。ただそれだけのこと。虫歯予防を叫ぶ歯科医の息子に虫歯ができたらシャレにならない。

 ウチの子供に出来たことをヨソの子供達にも広めたい。虫歯のない子を一人でも多く増やしたい。という願いを込めて、8020推進条例成立後は全道的にフッ素洗口が普及するよう努力してゆきたい。

投稿の新しい順

  • 晩秋の野花南山荘

     暖かな陽に包まれる晩秋は、一番好きな季節。夏に生い茂った葉が落ち遠くまで景色が見渡せる。陽の暖かさと静寂さが、季節の秋と人生の秋を重ね合わせて心穏やかになる。

  • 今年も幸せのラクヨウの味

     雨が多く平均気温15℃以下、最低気温10℃前後になるとラクヨウキノコが一斉に出始める。それ以前にも単発的に見られるが採れる量はごくわずか。  毎年、秋分の日に行う「抜歯塚供養」と「家族総出のラクヨ...

  • 恐るべしステロイドの効果

     デカい蜂に刺され緊急外来へ。45分ほどの点滴が終わるころには、心持ち腫れが引いてきたような気が。時間とともに効いたらしく就寝時には、手の甲の腫れは完全に治り刺された場所にシコリが残り触ると痛い程度。やったあ!効いたじゃん。さすがステロイド!と感心して眠ったのはいいが...

  • ポップな色のブランコ完成

     朽ちて錆びていた山荘のブランコ、錆を落とし磨いてポップなイメージに塗装した。錆びたチェーンを16mm径のクレモナSロープに交換。自己流の漁師結びで吊るしたが72キロの私が乗っても大丈夫。ロープの長さを調整するため何度も揺られていたら車酔い...

  • 孫が喜ぶブランコの色

         軽トラの荷台に脚立を乗せ、錆びたブランコの鎖を切断。充電式ディスクグラインダーの威力は素晴らしい。シャックルの錆を落としてみたら、まだまだ使用に耐える状態なので、ここにステンレスのリングキャ...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja