100人乗っても大丈夫!

 何故、物置の上に100人も乗る必要があるのかしら・・・

 積雪地帯では積もった雪の重さで屋根が潰れることもある。野花南では過去に木造バラックの山荘(小屋)が建っていた。冬の間は誰も訪れないので雪は積もり放題。何年かすると建物が歪みはじめ、まず戸が開かなくなる。さらに何年か経つと雪に押しつぶされて建物が崩壊する。子供の頃から2~3回は潰れては建て直しを繰り返した。

 そこで、とにかく頑丈にということで国鉄から貨車を買い、山まで運んで設置した。当時、貨車の値段が幾らだったのかわからないが、2台の貨車をトレーラーで運搬するだけでも相当な費用。もちろん、地ベタにそのまま置く訳にいかないので基礎工事をした上にクレーンで吊り上げて乗せる。きっと、相当な費用だったんだろうな。

 これなら、100人乗っても大丈夫だと思うが、乗る必要もないので試したことはない・・・

 

 手前の貨車には入り口にヒサシをつけ、壁に窓を開け台所をつくり生活空間。奥の貨車には畳を敷き泊まれるようになっていたが、畳がすっかり腐ってしまい今は板張りのまま。以前は、電気を引いて照明や冷蔵庫やテレビもあったが、スローライフに必要ないので電気を止めた。リタイアしたら、ここで畑を耕しながら暮らそうと思ったこともあるが夏は虫が多いし、冬の雪カキが大変そうなのでシティボーイの私には自信がない。というより熊が出るのでチト怖い・・・

 余談だが、車輪がついてると動産、車輪がついてないと不動産らしい。そのため毎年、固定資産税の納付書が来る・・・

 ということは、イナバの物置に小さな車輪をつけて置いた場合、固定資産税は払わなくてもイイらしい?(ホンマかいな)。でもなあ、100人乗ったら滑りだすかもしれないから、大丈夫じゃないよなあ・・・

投稿の新しい順

  • 幻の薄焼き玉子の春巻き

     あれは現実だったのか、幻だったのかと疑うほど遠い昔の想い出。50年以上も前の学生の頃。東京か名古屋か京都か場所は定かでないが、一人で入った街の小さな中華料理店。入り口を入ってすぐ左手の席。道路に面し...

  • お爺さんは山へ薪を拾いに

     間伐作業の切り落としを拾いに山に入った。ホンダの運搬車で山に分け入り切り落とし材を積んでは長い坂道を降りてくる。キャタピラーが付いてるとはいえ、ヌカるんだ凸凹道に車体が傾き倒れそうになる。何よりも間伐材の根元を切り落とした部分、太くて重い。運搬車や軽トラへの積み下ろしは重労働。重量挙げの選手になったみたい...

  • 林齢60年のカラマツ間伐

     林齢60年のカラマツを間伐。日曜のせいか作業している様子はなく、重機と切り出された間伐材が積んであるだけ。作業道に沿って登っていくと、長さを切りそろえるためにカットされたのか薪にちょうどいい長さの玉がたくさん転がっている...

  • 改めて食育の大切さを知る

     ご飯にナニかを乗せて食べるのが嫌い。ご飯とオカズは別々に食べたい。ご飯はご飯、オカズはオカズ。例えば納豆。納豆は好きだが、ご飯と納豆は別に盛って食べる。ちなみに好きな納豆の薬味は、オカカと刻みネギ。...

  • アスカソ・エスプレッソ

     酸味のあるコーヒーが苦手。のはずが最近、劇的に嗜好が変化してきた。コンビニのカフェラテに慣らされた味覚は、モカエキスプレス(直火式エスプレッソ)で濃く淹れたコーヒーにミルクと砂糖という甘苦い味に満足...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja