幻の越乃寒梅乙焼酎

 やっと夢が叶いましたあ。死ぬまでに一度は呑んでみたいと思っていた幻の「越乃寒梅の焼酎」。

 

 石本酒造で最も出荷量の少ない「激レア品」。年間わずか数百本しか生産されず、新潟県内でもなかなか手に入らない超貴重品。「越乃寒梅大吟醸」の酒粕を原料に10年間熟成させた古酒「超幻の焼酎」。一般的に「粕取焼酎」は、酒粕を原料とするが、この焼酎は酒粕の他に米を加えて造られる。

 蔵元販売希望価格は4,150円らしいが、この値段で手に入るのは、よほど高貴なお方か運のイイ人だけ。ネット販売では当然ながらプレミア商品。価格は最低1万円から最高4万円近くもする。その上、どのネット業者でも「売り切れ」「入荷待ち」の表示。それほど貴重で高価な一品を、なんと「お土産」に頂いてしまったのだ。世の中、こんな幸せなことがあってイイのかしら。

 今夜は、久々に予定もなく「ウチご飯」なので早速、口を開けた。40度720mL。本来なら旨い酒は仲間と飲むにかぎるのだが、待ちきれず。最初はロック。うーん、キッツイわあ!スッキリというよりホノカな甘みがあり、そこはかとなく日本酒の香り。続いて、もったいなくも水で割って焼き燗をつける。これは、やはりモッタイナイ。ロックの方が、この酒の特徴を味わえる。

 

 ということで、今夜は酔ってますぅ。一生に一度でいいから味わってみたいと念願の「幻」を嬉しくも体験してしまった私は、これから「残された人生」いったいナニを夢みて生きてゆけばいいのだろう。

 あはっ。でも幸せですぅ。

 でもでもでも、でもですね、酔ったいきおいで告白しちゃいますが、我が家の定番芋焼酎「頑」や「赤兎馬」のほうがオイシイと思う貧乏人の私なのですぅ。ゴメンナサイ。

 でも、こないだ新潟で呑んだ「久保田の朝日酒造」の最高ランク「洗心」は旨かったなあ。私の中では久々のヒット。以前、山形で呑んだ出羽桜の「雪漫々」を超えてるかも。

以下【朝日酒造のHPから転載】

 酒造りは米作りから、朝日酒造の新たな酒造りは、酒米「たかね錦」の減肥栽培から始まりました。精米歩合28%にまで磨き上げ、生まれ出たお酒は、瀟洒(しょうしゃ)な気品漂う純米大吟醸酒です。

投稿の新しい順

  • 幻の薄焼き玉子の春巻き

     あれは現実だったのか、幻だったのかと疑うほど遠い昔の想い出。50年以上も前の学生の頃。東京か名古屋か京都か場所は定かでないが、一人で入った街の小さな中華料理店。入り口を入ってすぐ左手の席。道路に面し...

  • お爺さんは山へ薪を拾いに

     間伐作業の切り落としを拾いに山に入った。ホンダの運搬車で山に分け入り切り落とし材を積んでは長い坂道を降りてくる。キャタピラーが付いてるとはいえ、ヌカるんだ凸凹道に車体が傾き倒れそうになる。何よりも間伐材の根元を切り落とした部分、太くて重い。運搬車や軽トラへの積み下ろしは重労働。重量挙げの選手になったみたい...

  • 林齢60年のカラマツ間伐

     林齢60年のカラマツを間伐。日曜のせいか作業している様子はなく、重機と切り出された間伐材が積んであるだけ。作業道に沿って登っていくと、長さを切りそろえるためにカットされたのか薪にちょうどいい長さの玉がたくさん転がっている...

  • 改めて食育の大切さを知る

     ご飯にナニかを乗せて食べるのが嫌い。ご飯とオカズは別々に食べたい。ご飯はご飯、オカズはオカズ。例えば納豆。納豆は好きだが、ご飯と納豆は別に盛って食べる。ちなみに好きな納豆の薬味は、オカカと刻みネギ。...

  • アスカソ・エスプレッソ

     酸味のあるコーヒーが苦手。のはずが最近、劇的に嗜好が変化してきた。コンビニのカフェラテに慣らされた味覚は、モカエキスプレス(直火式エスプレッソ)で濃く淹れたコーヒーにミルクと砂糖という甘苦い味に満足...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja