結局windowsが本命なのか

 「だからあ、本命はお前だって。winちゃぁん!」と言ってるにもかかわらず、やはりwinちゃんは、linuxに浮気した私を許してはくれなかった。

 linuxでは、何でもサクサク動く。この快感に溺れていた私は、本命のwindowsには寄りつかず、しばらくlinuxと付き合っていた。しかし、そこには意外な落とし穴があった。linuxには、Evolutionというメールソフトがある。このブログを訪れる方のほとんどがwindowsユーザーだと思うが、メールにoutlookを使っているに違いない。outlookの場合、メールは1個づつテイネイにダウンロードされる。私のように迷惑メールを含めて1日に100~200通もくると、ハンパないくらい時間がかかる。ところが、Evolutionの場合、100でも200でも一瞬にして落ちてくる。それこそ言葉のとおり一瞬なのだ。これは、快感だ。もちろん迷惑フォルダにも振り分けられる。linux用のThunderbirdもあるが、問題にならないくらいEvolutionは早い。

 ところが突然、快調に動いていた愛すべきEvolutionのゴミ箱が空にならなくなった。いわゆる不要なメールが削除できなくなってしまったのだ。毎日100も200もくる迷惑メールをゴミ箱に捨て続けていたら、どんどんゴミ箱がふくれあがり、放っておけばいいようなものだが、頼みもしないダイレクトメールのFAXが、こちらの紙を使って送り続けられてくるようなストレスを感じてしまう。

 いろいろ設定をいじってみたが、回復せず。そこで再インストールしようと、まずは完全削除。いわゆるアンインストール。そのとき関連ある他のファイルを引っ張っていったようで、次に起動したらデスクトップが表示されない。これはお手上げだ。いろいろ試したがギブアップ。あきらめてlinuxと別れることにした。そうなんです。私に気がナイとわかると簡単に別れます。だからいつも別れ際はキレイなんです私。過去にトラぶったことがない。(ナンノコッチャ)

 結局、本命のwindowsの元へ戻った私は、これで晴れてミラーリングに成功した。でもなあ、本宅へ戻ると安心感はあるものの「ワクワクするもの」がないんだよなあ。

関連:ミラーリングのその後

 ナンノコッチャわからんという人には、パソコンネタはウケないだろうなあ。

投稿の新しい順

  • おいこら鹿、シカられるぞ

     目の前の田んぼにエゾシカの姿。えー、それってマズイじゃん。「おーいこら、シカられるぞ!早く出れや」。ウチの山の周りには、延々と防獣電気柵が張り巡らされているというのに。こんなに自由に鹿が行き来できるのなら、いったい何のための電気柵なのさ。

  • 京ブキと秋田ブキの比較

     京ブキは根本が紅く、秋田ブキは紅くない。見た目で違いはわかるが、同じ太さのものを並べアップで比べてみると一目瞭然。茎の表面がツルッとしているのが京ブキ、毛羽だって筋が走っているのが秋田ブキ。

  • カエルが鳴くと雨が降る

     北海道のカエルは、エゾアカガエルとニホンアマガエルの2種。繁殖期、夜の田んぼにカエルの大合唱がこだまするのは、オスがメスに自分をアピールするため。カエルは一般的に繁殖期の夜にしか鳴かないが、ニホンアマガエルは「雨蛙」の名のごとく雨が降りそうになると繁殖に関係なく昼でも鳴く。「雨鳴き(あまなき)」「レインコール」という。

  • 哀愁のキタキツネ

     気温23度。日陰にいると涼しい風が渡り過ごしやすいが、陽に晒されて山仕事をしていると汗が吹き出してくる。木を伐り倒し、枝を払い玉切りにして運び出す。払った枝を一箇所に集め片付ける。単純な作業だが、結...

  • トドマツノキバチ

     キバチは産卵管を使って木の内部に産卵し、孵化した幼虫は木の内部をエサにして育つ。キバチ科は針葉樹をエサにする「キバチ亜科」と、広葉樹をエサにする「ヒラアシキバチ亜科」に分類される。複眼と複眼の間が黒くなっているのはトドマツノキバチ。



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja