結局windowsが本命なのか

 「だからあ、本命はお前だって。winちゃぁん!」と言ってるにもかかわらず、やはりwinちゃんは、linuxに浮気した私を許してはくれなかった。

 linuxでは、何でもサクサク動く。この快感に溺れていた私は、本命のwindowsには寄りつかず、しばらくlinuxと付き合っていた。しかし、そこには意外な落とし穴があった。linuxには、Evolutionというメールソフトがある。このブログを訪れる方のほとんどがwindowsユーザーだと思うが、メールにoutlookを使っているに違いない。outlookの場合、メールは1個づつテイネイにダウンロードされる。私のように迷惑メールを含めて1日に100~200通もくると、ハンパないくらい時間がかかる。ところが、Evolutionの場合、100でも200でも一瞬にして落ちてくる。それこそ言葉のとおり一瞬なのだ。これは、快感だ。もちろん迷惑フォルダにも振り分けられる。linux用のThunderbirdもあるが、問題にならないくらいEvolutionは早い。

 ところが突然、快調に動いていた愛すべきEvolutionのゴミ箱が空にならなくなった。いわゆる不要なメールが削除できなくなってしまったのだ。毎日100も200もくる迷惑メールをゴミ箱に捨て続けていたら、どんどんゴミ箱がふくれあがり、放っておけばいいようなものだが、頼みもしないダイレクトメールのFAXが、こちらの紙を使って送り続けられてくるようなストレスを感じてしまう。

 いろいろ設定をいじってみたが、回復せず。そこで再インストールしようと、まずは完全削除。いわゆるアンインストール。そのとき関連ある他のファイルを引っ張っていったようで、次に起動したらデスクトップが表示されない。これはお手上げだ。いろいろ試したがギブアップ。あきらめてlinuxと別れることにした。そうなんです。私に気がナイとわかると簡単に別れます。だからいつも別れ際はキレイなんです私。過去にトラぶったことがない。(ナンノコッチャ)

 結局、本命のwindowsの元へ戻った私は、これで晴れてミラーリングに成功した。でもなあ、本宅へ戻ると安心感はあるものの「ワクワクするもの」がないんだよなあ。

関連:ミラーリングのその後

 ナンノコッチャわからんという人には、パソコンネタはウケないだろうなあ。

投稿の新しい順

  • 恐るべしステロイドの効果

     デカい蜂に刺され緊急外来へ。45分ほどの点滴が終わるころには、心持ち腫れが引いてきたような気が。時間とともに効いたらしく就寝時には、手の甲の腫れは完全に治り刺された場所にシコリが残り触ると痛い程度。やったあ!効いたじゃん。さすがステロイド!と感心して眠ったのはいいが...

  • ポップな色のブランコ完成

     朽ちて錆びていた山荘のブランコ、錆を落とし磨いてポップなイメージに塗装した。錆びたチェーンを16mm径のクレモナSロープに交換。自己流の漁師結びで吊るしたが72キロの私が乗っても大丈夫。ロープの長さを調整するため何度も揺られていたら車酔い...

  • 孫が喜ぶブランコの色

         軽トラの荷台に脚立を乗せ、錆びたブランコの鎖を切断。充電式ディスクグラインダーの威力は素晴らしい。シャックルの錆を落としてみたら、まだまだ使用に耐える状態なので、ここにステンレスのリングキャ...

  • 暇な午後にコーヒーを淹れる

     コンビニのカフェラテに慣らされたせいか、モカエキスプレスで淹れるエスプレッソに... 濃く淹れて甘くして牛乳を。スペシャルティな豆はモッタイないので、市販のエスプレッソ粉を使っている。illy、Lavazza、Pellini いろいろ試してみたが...

  • 翅を広げるドラゴンフライ

     翅を閉じるトンボ、開いて止まるトンボ。閉じるのは前後の翅の形が同じ「イトトンボ」や「カワトンボ」などの均翅亜目。飛ぶ能力を高めるため前後の翅の形が異なり、重ねて立てることができず広げて止まる不均翅亜目には「シオカラトンボ」や「アカトンボ」「ヤンマ」などがいる...



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja