オトコの顔

 タバコを吸う人特有の顔つきをスモーカーズフェイス(タバコ顔)というそうだ。ニコチンが血流を悪くし、一酸化炭素が血液の酸素を運ぶ能力を低下させるらしい。

 歯にヤニがついたり、ときには歯肉にメラミン色素が沈着するのはわかるが、顔全体の様相が変わるというのは聞き捨てならない。皮膚が黒ずみ、やつれて病気っぽく見え、深いシワがきざまれ、老けた顔立ちになるという。なるほど、顔が変わるのは歳のせいばかりではないようだ。「男の顔には人生が刻まれる」と言われるように、それぞれの越し方が表情や雰囲気に表れるのだから、タバコを吸ってきたという歴史も刻まれて当然なのだろう。

 働く環境は顔の表情に大きく影響する。例えば漁師には漁師の顔、営業マンには営業の顔がある。それぞれに皆、何かに打ち込んでいる人はイイ顔だ。特にスポーツ選手はイイ顔してる。やはり意志の強さが表れるのだろう。

 表情を決定する一番の要素は、目だと思う。瞳の輝きが人の印象を決定づける。ナニかに燃えている人と目標もなく漫然と過ごしている人では、オーラも含めて受ける印象が違う。年齢に関係なくトキメイテいるときが青春。ただトキメキの対象はなにも女性だけとは限らない。何にでも一生懸命取り組むこと。そういう意味では私には第一の青春、第二、第三・・・・、第六の青春があり、というより常に青春時代を過ごしている。自分では輝きながら生きていると自負しているが、人の目にどう映るかはわからない。もし、老け顔に見えるのなら、それは「タバコのせいだ」と叫びたい!

投稿の新しい順

  • おいこら鹿、シカられるぞ

     目の前の田んぼにエゾシカの姿。えー、それってマズイじゃん。「おーいこら、シカられるぞ!早く出れや」。ウチの山の周りには、延々と防獣電気柵が張り巡らされているというのに。こんなに自由に鹿が行き来できるのなら、いったい何のための電気柵なのさ。

  • 京ブキと秋田ブキの比較

     京ブキは根本が紅く、秋田ブキは紅くない。見た目で違いはわかるが、同じ太さのものを並べアップで比べてみると一目瞭然。茎の表面がツルッとしているのが京ブキ、毛羽だって筋が走っているのが秋田ブキ。

  • カエルが鳴くと雨が降る

     北海道のカエルは、エゾアカガエルとニホンアマガエルの2種。繁殖期、夜の田んぼにカエルの大合唱がこだまするのは、オスがメスに自分をアピールするため。カエルは一般的に繁殖期の夜にしか鳴かないが、ニホンアマガエルは「雨蛙」の名のごとく雨が降りそうになると繁殖に関係なく昼でも鳴く。「雨鳴き(あまなき)」「レインコール」という。

  • 哀愁のキタキツネ

     気温23度。日陰にいると涼しい風が渡り過ごしやすいが、陽に晒されて山仕事をしていると汗が吹き出してくる。木を伐り倒し、枝を払い玉切りにして運び出す。払った枝を一箇所に集め片付ける。単純な作業だが、結...

  • トドマツノキバチ

     キバチは産卵管を使って木の内部に産卵し、孵化した幼虫は木の内部をエサにして育つ。キバチ科は針葉樹をエサにする「キバチ亜科」と、広葉樹をエサにする「ヒラアシキバチ亜科」に分類される。複眼と複眼の間が黒くなっているのはトドマツノキバチ。



 すべての記事概要

 リンク

CLUB ZENA

ラジオ録音盤
Powered by Movable Type 5.14-ja