美少女に恋して

 この歳になると、昔の記憶が曖昧になってくる。小学校だったか中学校だったか、図画工作だったか美術だったか、教科書の巻末に数多くの名画が載っていた。

 その中の一つに「王女」という絵があり、その子に恋をした。なんて可愛いんだろうと、いつも見入っていた。大人になり、その絵がベラスケスの王女であることを知った。ベラスケスは、マルガリータ王女を6点の作品に残している。3歳、5歳、8歳と、それぞれのマルガリータ王女を描いたとのことだが、私が恋に落ちたのは、どうも5歳のマルガリータであったらしい。私はその頃からロリコンだったのだろうか・・・

 こんな可愛い愛くるしい子が、この世にいるなんてと、子供心にトキメイた気持ちが今でも心の中にあり、ひょっとすると今この歳になっても、ずうっとマルガリータに恋をし続けているのかもしれない。

 ああ、やっぱり私はロリコンだあ・・・

 そのせいか、今はもう勧誘されなくなったが、ロータリクラブから度々お声がかかると、「ロリータクラブなら入ってもいいんですが・・・!?」と断り続けてきた。(ホンマかいな)

 でも私、児童買春なんてしませんからあ・・・

 ちなみに、ラヴェルの作品に、「亡き王女のためのパヴァーヌ」という曲がある。ラヴェルは、ルーブル美術館で、ベラスケスのマルガリータ王女の肖像画を観たときにインスピレーションをうけてこの曲を着想した、という説がある。

ラス・メニーナス 白いドレスのマルガリータ王女
(画像をクリックすると大きなサイズで鑑賞できます)

投稿の新しい順

  • 手が届かない姫リンゴ

     姫リンゴの実が熟している。いつもなら低い枝の実を採り放題なのだが、雪の重みで枝が折れたせいで、かなり手を伸ばさなければ収穫できなくなってしまった。梯子をかければ真っ赤に熟した実に手が届くのだが・・...

  • 愛犬ララのパピー時代

     アイディアが停滞気味。十二支の犬が、なかなか決まらない。そこで、我が家の愛犬ララをモデルに。14歳の老犬ボーダーコリー。最近、足腰が弱くなり自力で階段を上がることも難しいほど。やはり元気ハツラツなほ...

  • 毎日が試行錯誤の連続

     3回目のワクチン接種が終わり、大きな副反応もなくとりあえず一安心。もともと出歩く方ではないので、まん防対象地域になっても影響なく暮らしている。  午後からは工房にこもって、ベニヤ板を切ったり張ったり...

  • シンプル=必要最小限?

       孫の作品に触発され、いかに無駄を省きシンプルに表現できるかイメージを膨らませている。結局、ネズミの最終形はこうなったが、牛はまだ煮詰めている段階。十二支の最初の二つでつまづいているので、いつにな...

  • 孫の自由な発想に脱帽

     ベニヤをカットすると、当然のことだが切れ端が出る。小さくても形あるものは、いつか何かの役に立つだろうと捨てずに取ってある。四角や三角、大きいモノや小さいモノ。  孫を子守で預かった日、干支を作って欲...


  |  全記事一覧

  ラジオ録音盤

  すべての記事概要

  リンク

CLUB ZENA

Powered by Movable Type 5.14-ja

  SSL証明書



  |  全記事一覧